fc2ブログ

老人A(初期高齢者)・いつに成ったら登れるのかわからない声優への階段

どうも、こんにちは。

昨日、声優&ナレーションのお仕事のオーディション(のようなもの?)を受けてきました。
(というか、どれがオーディションで、どれが面接で、いつからお仕事になるのかが不明)
正直言うと、横浜まで行くたびに電車賃が314円かかるんですが、今までに貰ったお金は500円なので、まだ一度もプラスになったことがないんですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今は絵を描いていないので、声優&ナレーションのお仕事の話ばかりしているんですが、別に絵をやめたわけではないので、そこのところは誤解のないようにお断りしておきます。

あくまで、絵を描いても保管できる場所が確保できなくなってしまったことから、最初に[YouTube]を始めることになり、次には人形を使ったアニメーションに移行することになり、さらには動画の中にクロマキー合成映像を使うという数か月前までは全く想像すらしていなかった展開になっているわけで、その過程で、自分でナレーションを入れるという設定が出来上がってしまって、そこに持ってきて、たまたま、パソコンが壊れ、もともと動画編集にはスペックが足りなかったパソコンを買い替えなければならなくなり、その費用まで妻の収入から捻出することは避けたかったので、アルバイトを探していたら、この「声優&ナレーションのお仕事」という予測不能な配役が回ってきてしまったわけです。

おそらく、このブログを読んでいる人(何人の人が読んでいるのかわかりませんが)からすると、うまい話が転がり込んできたから、絵なんかどうでもよくなったんだろう?という感じに見えると思いますが、そういうわけではないんです。

上にも書いたように、まだお金はほとんど貰っていませんし、昨日なんか、土砂降りの中(しかも夜の8時)横浜まで行って、一時間ほどプロの声優さんとお話をしましたが、その面接が、「ナニ」なのかがわかりません。

昨日面接していただいた方は、かなりのプロフェッショナルな現役の声優さんのようで、お名前を入れて検索したら、けっこうたくさん、その人が声を出しているものの情報が出てきましたから、この話の当初にあった『もしかすると騙されてるんじゃないの?』という疑いだけはなくなったと思います。

でも、私の中では、いつまでたっても自分が立っている位置が確認できない状態で、最初はアルバイトのエキストラとしてチョットお金を稼がせてもらえて、しかも、プロの声優さんたちの仕事ぶりが垣間見れたら儲けモンやがなという「物見遊山」的な気持ちしかなかったんですが、どうも、いつの間にか、その「エキストラ路線」からは外されてしまったようで、前にも書いた「読み聞かせのボイス・ドラマの路線」に乗せられているようなんですが、結果的にいつまでたってもお金はもらえずに電車賃だけがかさんでいくということになっています。

私にしてみると、行くたびに500円でももらえると、かなり満足度が上がるんですが、どうもそういうわけにもいかないみたいです。
(私は「+186円」でも上機嫌になれるので)
その「ボイス・ドラマ」の件は、どの程度なのかはわかりませんが、かなりメジャーな話のようで、そうなると、私に回ってくるのは、どう考えても端役でしょうから、けっきょく「エキストラ路線」だった時と、そんなに違いがあるとも思えないんですよね。

いくらメジャーな企画だったとしても「端役のギャラ」がそんなに高いとは思えないので、そうなると、毎回500円もらっといた方が堅いんじゃないか?と思ってしまうわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まぁ、とりあえず今は、未経験+ド素人+オッサン+ひねくれ者の初期高齢者を、一度は外されていた審査の場に戻してくれた担当者の方に対するお礼のつもりで、出来るところまでやってみるつもりです。

やっと、本当のオーディションにたどり着いたらしい

珈琲ドリップ
※珈琲とリゾートをテーマにした[YouTube]チャンネルの動画のサムネイル画像です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうも、こんばんは。
最近、ここには声優・ナレーションのお仕事のことしか書いていないんですが、今日もその話です。

ここにも、前から書いている「昔話をもとにしたボイス・ドラマ」の件で連絡があり、ようやくオーディションにたどり着いたようです。
(どうやら、今までのは「オーディション」ではなかったらしい。というかオーディションって誰でも受けられるんじゃないんでしょうか?)

どうも、次からは、いわゆるプロの声優さんたちに混じって演技しなければならないみたいなんですが、きっと、ほかの方たちはそれなりに勉強したり訓練を受けたり(発声練習など)してきた人でしょうから、比較の対象になる気がしないんですが、多分、私だけが、『なんで、こんなところにいるんだ?自分??』という感じで白日夢を見ているような状態になるような気がしています。

だって・・・

わ・た・し・は・
パソコン代を工面しようとしていただけなんですから。

今日の電話では、このお仕事はアルバイトのようなものではなく、声優としての仕事だといわれました。
ということは、いわゆるギャラがもらえるということなんでしょうか?

いったい、それ、いくらぐらい貰えるんでしょう?

はっきり言って、私には、それが「何百円」なのか?それとも「何千円」なのか?それとも「何万円」なのか?いや、いや、それどころか「何十万円」なのか?全く見当もつきませんねぇ。

もしかすると、こういう記事を読んで「うらやましい」と思う人もいるかもしれませんが、私のような、「世間の渡り方」をしてきた人間にとっては、こういうことが「成功」につながっていくかも?という期待感は果てしなく「0」に近いんですよね。

だから、『もしかしたら、一発でパソコン代が払えるかもしれないぞ!』ということしか考えられないんです。


そういうのを「もうけもん(または、濡れ手で粟)」といっています。

『おいおい、まだ来るのか?』

珈琲&ストーリー1
今、コーヒーとリゾートをテーマにした[YouTube]チャンネルの中で、「珈琲&ストーリー」という動画を作っています。
上のは、その動画のサムネイルです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、このところずっとここで書き続けている声優&ナレーションのお仕事のことなんですが、もう、話がなくなったものと思って完全にあきらめていたのに、なんと『また、来たよ!』なんだか、この業界、私にはホントにわっかりませんねぇ。

前回の記事で、「やる気のない会社」なんて書いてしまったんですが、どうも、私のボイス・サンプルを録音したときに担当してくれた担当者の人が、私が全くの未経験者でド素人だったということで審査をハネられてしまっていたのを、かなり強力に推薦してくれたようで、もう一度審査の場に戻してくれたんだそうです。

私の知らないところで、そんなことをしてくれていた人を「やる気のない」呼ばわりしてしまって、悪かったなぁと思います。
(というか、基本的に「やる気がない」のは自分の方だし)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その「昔話」をもとにした「ボイス・ドラマ(?)」についてなんですが、どうも、そこそこメジャーな企画のようで、学校などで教材にするCDを作っているようです。
(詳しくは知らないんですが)
そのCDは前に見せてもらったんですが、私のような非・芸能通の人間でも知っているような声優さんも出演者の中に入っていました。

私が、今、一番気になっているのは、本職として声優を目指している人たちのシェアを私のような「やる気のない奴」が奪ってしまうような形になるんじゃないだろうか?ということです。
今までは、どうせ「ガヤ(にぎやかし的な声優のことをそう言うらしい)」みたいな仕事だろ?と思っていたので、それほど気にしていなかったんですが、思いがけず推薦されてしまったことで、そういう気持ちが出てきてしまいました。

私自身が、もともと、アニメや声優の仕事に興味を持っていたのであれば、問題ないんですが、まったくの「瓢箪から駒」状態なので、どうしても、完全に本気には成れずに、そんなところに居てはいけないような気がしてしまうわけです。

それから、もう一つ気になっているのは、そういう完全なプロの方たちと一緒に収録するような場面があったときに、どう考えても、自分が足手まといにならないとは思えないので、(おそらく「ひとりNG連発」になると思う)それも、ちょっと悪いよねと思っています。
といっても、こちらは、さほど気にしていなくて、私は有名な人や偉い人なんて、どうでもいいと思っているので、そっちは『いくら何でも、素人過ぎるし、いくら何でもオッサン過ぎるド新人が、迷惑かけたらちょっと悪いよね』という程度ですが・・・

いずれにしても、どうして、こんなことになっているのかが、不明です。

なんで、本気でやったことは、いつも完全に無視されているのに、『どうでもいいから、せめて一日1万円ぐらい稼がせて頂けませんでしょうか?』という程度の気持ちでいくと、やけに話がデカくなってしまうんでしょうか?
しかも、話がデカくなっても、もらえるお金が増えるというわけではないから、いつまでたっても貧乏人のままというのだけでも、なんとかならんもんなんでしょうかねぇ?

まぁ、本人が「貧乏」嫌いじゃないから手の付けようがないということもありますけどね。


『ひと なり ひとに あらず』

『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

今は、絵を描いていないので、「詩のような題」もほとんど作っていないんですが、たまたまできたので投稿します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひと なり
かぜに あらず
ひと なり
ひかりに あらず

ひと なり
いしに あらず
ひと なり
てつに あらず

ひと なり
きかいに あらず
ひと なり
にんげんに あらず


ひと なり

ひとに   あらず


ひとに あって
ひとで ある ものは
いない

ひとは 
ひととして うまれた とき
ひとで なくなる

いまだ
ひととして いきた ものは
おらず



それを しる ものも

いない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上の「詩のような題」のイメージに近い曲です。
どうしても、言葉の意味よりも曲から受けるイメージで選んでしまうので、歌詞と「詩のような題」の間にギャップがある場合があると思います。
まぁ、それ以前に、英語の意味がほとんどわかっていないので、その辺はどうぞ大目に見てくださいませ。

[Scrapper Blackwell - Nobody Knows You When You're Down and Out]

「やる気のない奴」には「やる気のない会社」がお似合いなのかな?

まずは、コーヒーとリゾートの動画に使う予定の画像から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P1050138_convert_20220717142509.jpg
コーヒーフロート
ブルーボトルというコーヒーのチェーン店で購入したリキッドコーヒーをベースにしたコーヒーフロートです。

P1050089_convert_20220717142827.jpg
コーヒー豆のシロップ漬け
これは今回初めて作ってみたんですが、意外とおいしかったので、おススメです。
炭酸で割る(まだ、やってませんが)とか、ヨーグルトに混ぜる(これはやりましたが、けっこうおススメ)とか、いろいろ使えそうですね。

P1050092.jpg
コーヒー豆のミルク漬け
これは、前にもやったことがあるんですが、コーヒー豆を挽かずに豆のままの状態でミルクに2~3日付けた牛乳(+クリーム)で作るコーヒーフレーバーのブランマンジェまたはパンナコッタ(どちらもミルクゼリーのようなものです)はとてもおいしいです。
ただし、深煎りの珈琲豆は向いていません中煎り(ハイ~シティ・ロースト)くらいの豆がいいと思います。

P1050105_convert_20220717142933.jpg
シロップ漬けは砂糖のシロップとメープルシロップと蜂蜜の三種類つくったんですが、二つ上の画像の瓶に入っているのは砂糖のシロップ漬けで、これはメープルシロップです。
蜂蜜とメープルは、濃すぎるとコーヒーの成分が出にくいので、少し水で薄めています。
砂糖のシロップが一番コーヒーのフレーバーを感じられますが、メープルと蜂蜜漬けは言われなければコーヒーの香りだとわからないくらいにほのかな香りでこれはこれでおいしいと思います。
(逆に、メープルシロップや蜂蜜だということもわからないかも?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、ここでも、再三お聞きしているんですが
『いったい、私は何をやっているんでしょうか?』
「知らねぇーよ!!」
『う~ん、なるほどぉ』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうも、こんにちは。

先日、ここで書いたように、声優・ナレーションのお仕事ついての連絡がパッタリと途絶えていたんですが、きのう唐突に、また連絡があり、どうも、『今のところお仕事はありませんが、見つかり次第連絡をするので、もう少し待ってください』 ・・・的なことのようです。

私自身にも、仕事に対する意欲のようなものが欠けているんだと思いますから、相手側を責めることはできないんでしょうが、そんな風に人を拘束してもいいと思っている会社ってどうなんでしょうねぇ?

まぁ、要するに、「やる気のない奴」にまわってくるのは「やる気のない会社の仕事」ぐらいなんでしょうかねぇ。


単なる愚痴で申し訳ないですが、
すいません、それだけです。