FC2ブログ

Category「神」や「神秘」について 1/5

『宇宙人は広い宇宙のどこかには必ず居る』というのは「確率」という思い込みに過ぎない?

宇宙にはものすごくたくさんの天体があって、その中には必ず地球と同じような環境の星もあるはずで、そういう星の数だってものすごく多いはずだから「確率的」に言って、宇宙のどこかに「知的生命体」が居るのはほぼ間違いない!!という話をよく聞くわけですね。それで、前は『ふむふむ、なるほど、それじゃあ何時かきっと「宇宙人」に会えるんだろうね(30万年くらい待てば)』と思っていたわけです。でも、最近に成って、なん...

  • 4
  • 0

まだ「死」は「悪い出来事」なのか?

「死ぬこと」って「悪い出来事」なんでしょうか?まぁ、確かに良くはないんでしょうね。でも、「死」を「モノスゴク悪い出来事」と考える必要は、今はもう無いような気もするわけです。たとえば、「百歳まで生きた人が死ぬこと」も「悪い出来事」なのか?ということに成ると、チョット、意見が分かれて来るところなんじゃないかと思うわけです。そういうのを「大往生」なんて言っているくらいですから、どちらかと言えば「良い出来...

  • 0
  • 0

「空」と「素」

宗教やスピリチュアルなどにおいては、「空」という心の状態が、「人間の精神の究極の状態」であるといわれることが多いようですが、これは、なかなか現実には達成できないみたいですね。まぁ、人間はいろいろな意味で「不完全」なわけですから、「万能」や「無限」にも成れないし、それと対極にある「無」や「空」にも成れないんでしょう。でも、「空」は無理でも、「素」だったらいけるかも?というお話です。 ※これは「宗教」...

  • 0
  • 0

「不思議」は「ナイこと」に意味がある?

「不思議なこと」全般に言えることですけど、そういう「不思議なこと」が『あるのか?ないのか?』という切り口で語られることが非常に多いわけです。しかし、「不思議」の存在を問うこと、つまり、『アルのか?ナイのか?』ということよりも、「不思議なことの存在が確認できないこと」、つまり、それが『ナイ!』ということの方にこそ、意味があるような気がするわけです。 ※これは、必ずしも物質的な意味でだけの話でもなくて...

  • 0
  • 0

「動き続けること」

どんなモノも、いつも動き続けていると思うわけです。いや、むしろ、『完全に止まることができるモノなんて無い』と言うべきなんじゃないだろうか?そう考えると、もしかしたら「動き続けること」こそ、全てのモノに与えられている「永遠の目的」なんじゃないかと思うわけです。もちろん、一見すると止まっているように見えるモノはあるわけですが(岩とか)、そう言うモノも、ミクロの視点で見た場合、分子や電子のような目に見え...

  • 0
  • 0