FC2ブログ

Category「ポジティブ」と「ネガティブ」 1/3

「自己肯定」と「自己正当化」のチガイ

私は、現在の人間の行為の中で、最もタチの悪い行為が「自己正当化」なんじゃないかと思っているわけです。『悪いことをしてしまう』または、『怠惰な状態に陥ってしまう』または、『嫉妬心や競争心にかられてしまう』または、『利己的に成って横暴な振る舞いをしてしまう』ここまでなら、まぁ仕方ないと思えます。まぁ、どれも似たようなものだし、人間にはこれらのことを完全に排除することは不可能だと思いますから。(自分もや...

  • 0
  • 0

「ネガティブ試験」

「試験」というのは、「出来ること」を調べるためのものということに成っているわけですが、そこのところを逆に考えて、「出来ないこと」を調べるための「試験」という考え方があってもいいんじゃないかと思っているわけです。 ※と言っても、「出来ること」は調べやすいんですけど、「出来ないこと」  ってなかなか調べられないんですねぇ。  要するに、「わざと出来ないフリをすること」が出来てしまうわけです。  「出来...

  • 0
  • 0

「スピリチュアル」と「ポジティブ信仰」

「ポジティブ」という言葉が急にたくさん使われるようになったのは、10年~20年ぐらい前からのような気がしますが、その時点では、大した違和感を感じたことはありませんでした。でも、ここ数年の「ポジティブ」の使われ方にはどう考えても「行き過ぎ」としか言いようのない、異常さを感じてしまうわけなのです。まるで、狂信的な新興宗教のような感じすらしますね。そして、この「行き過ぎたポジティブ」の原因になっているの...

  • 0
  • 0

『自分を愛せるように成ると幸せになれる』ということについて

『自分を愛せるように成ると幸せになれる』と言われることがありますよね。あれは、半分は当たっていると思いますけど、半分は外れていると思いますね。本当のことを言えば、自分を愛していない人なんて、ほとんどいないと思うんですよね。本当の問題は、「愛し方」なんだと思います。どこかで「愛し方」が屈折してしまう人が居るということだと思います。そうすると、人から見れば「自分のことを愛せない人」のように見えてしまう...

  • 0
  • 0

「批判」と「否定」

「批判」と「否定」は重なるところが多いので、混同してしまいがちなものだと思うんですが、実際には、かなりの違いがあるんだと思います。「批判」も「否定」も「ネガティブ」ということで、同じように扱われることが多いわけですけど、「批判」はそこから何かを得ようとするもので、「否定」はそこには得るものがないと判断することなのでしょう。つまり、「批判」は「否定的」ではあっても、「全面的な否定」ではないということ...

  • 0
  • 0