FC2ブログ

Category芸術の話 1/53

「芸術を芸術すること」と「哲学を哲学すること」

 注:この記事は内容のわりに長いです。   読んでトクなことは何一つ書いてません。   一般的に言って、お読みにならないことをお勧めいたします。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~「芸術すること」とは、どんなことか?と言えば、たいてい「創作すること」が頭に浮かぶと思います。「哲学すること」とは、どんなことか?と言えば、たいてい「考えること」が頭に浮かぶと思いま...

  • 0
  • 0

「自己表現」とは「自分に見えている世界」を描くこと

前の記事と似た話なんですが、「自己表現」は「自分に見えている世界を描くこと」でもあると思うわけです。※ここで言う「自分に見えている世界を描くこと」とは、「すでに見えている世界 を描くこと」ではなく、自己の感性における「世界の見方」のことを指しています。 さらには、そういう「世界の見方」をたくさん集めて練り合わせて再構成した「世 界を創り出すこと」をもって、「自分に見えている世界を描くこと」と言って...

  • 0
  • 0

「自分を表現すること」と「自分の好きなことを表現すること」のチガイ

「現在の芸術」において、もっとも多くの人が「芸術の中心」に近いものと考えているのは、おそらく「自己表現」だと思います。でも、その「自己表現」という言葉には、あまりはっきりした規定がないような気がするわけです。たとえば、自分の姿や顔を絵にすれば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?たとえば、自分の好きな作家と同じようなスタイルで創作すれば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?たとえば、自分が美し...

  • 0
  • 0

「共通言語(通じる言葉)」」から「オリジナル言語(出会う言葉)」へ

人間は「言語(ことば)」を身に着けたことで、コミュニケーション能力を飛躍的に向上させることが出来たんだと思います。そして、その「言語(ことば)」とは、「共通言語」であったわけです。しかし、人間は、そろそろ、そういう「共通言語」にも飽きてきているような気がするわけです。そもそも、「共通言語」とはナニなのかと言えば、要するに、「通じることば」なんだと思うわけです。そして、ただ単に、日本語とか英語という...

  • 0
  • 0

人が「その作品」を「好きになる時」・「嫌いになる時」

人が「芸術作品」を見たときに、「好きになる時」と「嫌いになる時」があるわけですが、そういうことはどこで決まっているんでしょう?つまり、「人の好き・嫌い」を分けているのは、いったい「ナニ」なんでしょうか?なんでこんなことを考えるかと言えば、まぁ、要するに、自分の絵が人から嫌われることがけっこう多いからなんですねぇ。人に絵を見せたとたんに、その人の表情が、サァっと曇るんですよね。そういう時には、こちら...

  • 0
  • 0