FC2ブログ

【芸術の20世紀喪失宣言】:「宣言」について



このブログは、【芸術の20世紀喪失宣言】と【真術の紀元宣言】と言う、二つの「宣言文」をメイン・テーマとしております。
この二つの「宣言文」のうち、主に【芸術の20世紀喪失宣言】について、遅ればせながら、これから少しづつ説明を加えて行こうかと思っております。


まず、この二つの「宣言」は、私が自己作品の創作に当たっての「姿勢」を示したものです。


「宣言文」の中にも書いてある通り、私といたしましては、「宣言文」にあるようなことについて、そんな風に成って行くんじゃないかと思っていますし、そう成ることは、ある程度、必然的なことなんじゃないかとも思っておりますが、また、それは、既にそう成りつつあることだとも考えております。

つまり、予測や推測ではなく、もう事実だと言う前提で書いています。
(あくまで、私の中の事実ということです)
その結果として、断定的な言い方が多くなっておりますが、それらのことがすでに起きていることであると言うつもりで書いていますので、そこはお許しいただきたいと思っております。


さらには、「宣言」と言う形をとっていますので、全体的に強い口調で書かれています。
そのため、人に対して何かを要求するようなニュアンスにになっている部分があるかと思います。

実際に、人に対して呼びかけている場合もありますし、何かを求めている部分もありますが、それは、あくまで「芸術」と「人間」のことを、真剣に考えようという人に対しての「問いかけ」でもあり、また、最低限の必要性を感じたことから発した問題提起でもあります。
つまり、「芸術」においての必要最低限の方向性だけは、取り戻されなければならないだろうという考えから言っているものです。


また、それ以上に言えることは、ほとんどの重要な部分において、『要求している』のも、『要求されている』のも、実を言えば、私自身なのです。


私は、どのようなことであれ、それに関わる者には、「責任」が発生すると思っています。

「食」に関わる者は、「衛生上の責任」を負うことに成ります。
「住」に関わる者は、「建築物の安全上の責任」を追うことに成ります。
それらは「味」や「デザイン」などとは、また違う「最低限の責任」です。


当然のこととして、「芸術」に関わる者にも、そうした「創作」や「感性」とは違う「最低限の責任」があると思うのです。

それら「創作」や「感性」に関わる部分では、「芸術」には「特別な自由」が与えられていると思っていますし、そうあるべきだとも思っています。

しかし、それを「ナンデモアリ」と解釈してしまうことは、結果的に「芸術をもって芸術を殺すこと」にもなるのだと思うのです。
ですから、「芸術」に関わる者は、与えられている「自由」をどのように使っていくのかを、よくよく考えなければいけないのだと思うわけです。


そして、それこそが「宣言文」に記した「姿勢」でもあります。


さて、この「宣言文」における、私の目的といたしましては、まさに「それを言い切ること」であったわけです。
つまり、「宣言文」をここに投稿した段階で、目的はある程度達成されていると思っております。


しかしながら、私が「宣言文」に表明した「姿勢」については、『これを生涯を通じて持ち続けることに成るのだろう』と思っているものでもありますので、その道程が終わることは無いだろうとも思っております。


そんなことから、もう少し、ここに付け加えられることはあるだろうと思って、「宣言文」の他にも記事を書いています。
他の記事での目的も「それを言い切ること」であることは、ほぼ同じだと思っています。



それから、もう一つお断りしておきますが、私は、今のところ、ここに「自己作品」を投稿しておりません。
と言うよりも、このブログの中に「画像」は一つもありません。

 ※その後、デジタルカメラを購入したので、ブログのトップ画面とプロフィー
  ル画像に、習作として描いた絵(部分)を二点、「一枚だけの展示室」とい
  うカテゴリにおいて、常に一点だけの本作品を公開しています。


このブログを始めた当初、私は他の方のブログを見る機会がほとんどなかったので、「芸術」に関するブログでも、作品や画像のないものは沢山あるものと思っていました。

実際には、「芸術」のブログで、文章だけのブログはとても少ないようですが、どちらかと言えば、そういう状況を不自然に感じてしまいます。
むしろ、文章だけの「芸術」のブログがもう少しあってもいいように思っています。。

私の中では、「芸術」とは「考えること」でもあるので、「文章だけ」でも成り立つということは、むしろ必要なことだと思っております。

それは、「作品だけ」で成り立つことと、私の中では矛盾いたしません。


言い換えれば、「文章だけで芸術を論じることを否定するということ」は、「作品だけで芸術が完結するということ」を否定することに成ると思っています。


この点について、私は、「思考」については、出来得る限り「言葉」だけで表現したいと思っていますし、「作品」については「その作品」だけで表現が完結されている方が望ましいことだと思っています。

あくまで、”できるだけ”ということですから、「言葉による表現」と「作品による表現」を絶対に混ぜないということではありませんが、
この二つを『できるだけ分けよう』と言う姿勢が必要なんじゃないかと思うわけです。


将来的には「未定」ですが、今すぐに「画像」をアップする予定はありません。
取り敢えず、「文章だけ」でやれるところまでやってみようと思っています。


この「宣言」と私の「自己作品」とは、共通の「姿勢」から出来ております。
従って、これを分け続けることには、やや無理があるようにも感じつつあります。

しかしながら、私には、『この「宣言」を、できるだけ多くの人の心に当てはめて、考えられるようなものにしておきたい』という気持ちがあります。

ですから、「作品の印象」で「宣言」の解釈が限定されることや、「宣言の内容」で「作品」の解釈が変わってしまうことは、あまりうれしくはないのです。

それ以前に、いま「私の作品」などよりも大事なことがあると思っていますし、それを「宣言文」に書いたつもりです。

そんなわけで、「未定」ということに成っています。


また単純に言って、デジカメを持っていれば「画像」をアップしていたかもしれませんが、私はデジカメを使ったことがありませんし、今のところ必要性も感じないので、「画像」が無い状態です。


いつか私が「作品」をアップするときには、『なーんだ、こんなものか』と言って見てやってくださいませ。
また、それまでの間は、『どーせ、大した絵なんか描いているわけないさ』と言いながら、この「ブログ」をお読みくださいませ。


と言うわけで、今後このカテゴリで、なるべく具体的に【芸術の20世紀喪失宣言】について、説明していこうと思っていますので、興味のある方は読んでみてください。

興味のない方も読んでみてください。

どうあっても読みたくない方は、読んでみないでください。


どうぞよろしく。



続きを読む

【芸術の20世紀喪失宣言】:「はじめに」の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリの最初の記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います)


「はじめに」と言う項目では、以下の「宣言文」が、なんの地位も立場もない「わたし」という人間が書いたものであるということ、そして、そんな「わたし」が「自己作品」を通して「芸術」に深く関わって行こうとしていること、その上で、どうしてもこれを「宣言する必要」があったということを述べたつもりです。


『「芸術」に関わる者には「人間や社会を解放する役割」がある』とか、『単なる「娯楽」であるとは思っていない』などと書いてありますが、これは、ほとんど「わたし自身」への言葉でもあり、また、「芸術の中心」を想定した上で、その「芸術の中心」に近づこうとする者への言葉でもあります。

これは、決して「芸術」を狭い範囲に閉じ込めようという考えや、「芸術」を自分の都合のいい所に位置づけようという考えで言っていることではありません。


「芸術」を自由な状態に設定するということは、「芸術の外郭」を解放した状態にするということです。

その時点で、「なんでも芸術たり得る」ということです。
そんな状態の中で、「芸術の中心」をも規定しなければ、そもそも「芸術」と言う分野自体が存続することは不可能です。


『なんでも芸術たり得る』けれど『芸術の中心に近いものと遠いものがある』と言う、最低限の設定が無ければ「芸術」は霧散して消失してしまうでしょう。

現に、今もって「芸術」が存続しているのは、『「芸術」がそこにあるハズ』と言う人々の思い込みによる所が大きく、実体としては、全ての人の中の「それぞれの芸術」が全部「違う芸術」となってしまっていると言えなくもないのです。

このことは、言葉の上ではとても自由でいいことのように聞こえてしまうかもしれませんが、まずもって、人と人が共通の「芸術」について論じ合うことが出来ないという致命的な状態であるともいえるわけで、そこでは、皆それぞれに『私はあれが好き』 『私はこれが嫌い』と勝手に言い合っているだけで、そこに「芸術」と言う共通言語はすでに失われてしまっていると言ってもいいほどなのです。

『それでいいじゃないか、どこが悪いんだ?』と言われれば、「悪い」とは言いません。
しかし、それはすでに「芸術」と言えるものではなく「なんとなく好きなアレ」であり「どことなく嫌いなソレ」にすぎないわけです。

「外郭」もなく「中心」もなければ「漠然とする」のは当然のことです。
そんな「”漠”としたもの」を誰が懸命になって創り出そうとするでしょうか?

必然的に、それは「適当に、あるいは軽い気持ちで創られたモノ」に成って行くでしょう。

『ウレルためなら、いくらだって懸命に成るさ!』と言う人も居るに違いありません。
しかし、そういうモノを「芸術」と呼ぶ必要はあるのでしょうか?

そんな風にして、「規定されないもの」と言うのは消えていくのだと思います。


そんな理由から、私はこの序文で、改めて、「芸術」の責任を問い直し、「芸術の中心」を明らかにすることを提言しているというわけなのです。



それから、ここで『この「宣言」に書いてあることが「あたりまえ」に成っていくと思っている』と書いていますが、これは、この「私の宣言」に限って言っていることではありません。

このような考え方は、すでに、その種子が人々の心の中に蒔かれていて、発芽するのを待っている状態なのだと思っています。
それらが発芽するのにつれて、必然的に、それは広まっていくものと思っておりますし、その流れが止まることもないと思っております。

そして、これは、将来に起こって行くことと言うよりは、すでに起こりつつあることであって、現状においてある程度進行していることだとも思っています。

ですから、この「私の宣言」は、そんな中の「一つの種」なのだと思っています。
それが『発芽しましたよ』と言っているわけですね。

ただ、誰一人『発芽しましたよ』と言わなかったら、また、せっかく芽が出ているのに「水をやること」すらしなかったら、その「新芽」は誰にも気付かれることなく、枯れてしまうかもしれません。

やはり、それぞれの人が”何か”をすることは必要なんだと思います。


その”何か”に当たるのが、私の場合、この「宣言」であったわけなのです。



最後に、『きっと、今にこの「宣言」が「あたりまえ」に成って、その一時、日本は芸術の中心地になることでしょう』と言っていますが、これについては確信と言えるほどのものはありません。

また、それぞれの国の人が、自国を中心と考えることが出来るように成ればいいとも思っています。


これは、決して自己中心的な考え方で言ったことではありません。
『自分を中心に据えて理解することで、はじめて他人のことを理解できるんじゃないですか?』
と言ったようなことです。

まだ、人間には、ダイレクトに「他者」を理解することは、できないような気がします。


ですから、必ずしも日本だけを特別扱いにしようというつもりはありませんが、いま、日本の社会や文化は「西洋」と「東洋」のちょうど「真ん中」に立たされているように思うのです。

日本人はその二つの規範の間に挟まれて、明治の開国以来、現在に至るまで、ずっと苦闘し続けて来たんだと思うのです。

その結果、日本の伝統的な文化や風習が寸断されてしまったことは残念なことですが、その代償として、日本人は「東西の二つの規範」を知る「立場」を手に入れたように思うのです。

そして、日本人が持つに至った、その「やや、中途半端な立場」こそが、これから展開していく「芸術」がある場所に最も近い位置なんじゃないかと思うわけです。

現時点で、それは「中途半端な立場」にすぎませんが、そこに「人間の迷う姿」と言う「意味」を加えることが出来れば、「二つのモノ」が融合されて、きっと「ナニカ」が生まれるんだと思います。


そして、それこそが、「いま芸術が追究するモノ」なんじゃないのかなと。

そんな風に思うわけです。


長くなってしまいましたが、こんなことが、ここで私が伝えたかったことなのです。






(2)宣言の根拠1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


(1)「宣言文」は飛ばして、(2)宣言の根拠:から説明いたします。

1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた:と言う項目から始めます。


まず、はじめに、≪芸術の20世紀≫においては、さまざまな「~イズム」が現れては消えていったことを書いています。
それらの「~イズム」について特定の名称を挙げることは避けております。

これは、この「宣言文」全体を通して言えることですが、特定の「主義・主張」や「団体や個人」など、いかなるものをも、個別に批判するものではありません。


過去において、一つ一つの「~イズム」や個々の「芸術家」を批判したことによって、ただ単なる「好き嫌いの言い合い」になってしまって、その批判が無力化するということが繰り返されてきたと思っております。

そのようなことを避けるために、敢えて「具体性」を犠牲にして、このような形をとりました。


あくまで、≪芸術の20世紀≫全体を一括りのものとして考えてています。
読んだ方が、どのような「~イズム」や「〇〇主義」また、「個々の芸術家」を当てはめて頂いても差支えないと思っています。

私が、ここに書いているのは、それらのすべてに当てはまる≪芸術の20世紀≫の「~イズム」や「芸術家」”すべて”についてです。


例えば、そこには私自身が好きな作家も含まれるでしょうし、私が、「主張」としては肯定的に捉えている「~イズム」もあるでしょう。

しかし、ここではそれらについて、『あれはいいけど、これはダメ』とか『これだけはベツ』と言うのはやめて(それをすれば、新たな「混迷」の種にしかならないでしょう)、個々の「~イズム」や「芸術家」の「功罪」については語らずに、それら、「20世紀の芸術」に現れた「すべての現象」を≪芸術の20世紀≫という「一つの現象」と捉え、その全体像としての「功罪」を問うているわけなのです。


次に、それらの「~イズム」のどれもが、比較的短命で、「その場の流行」ともとれるように、目まぐるしく入れ替わって行ったこと、そして、それは私の中の「芸術」と言う概念とは、どうしても一致しないということが書いてあります。


これは「芸術」と言うものを、どう捉えるかで大きく話が変わってしまうわけですが、少なくとも、「普遍性」を求めるのであれば、一つの「~イズム」が”流行ったり廃れたり”することはあり得ないわけですし、また、「オリジナリティ」を求めるのであれば、一つの「~イズム」が”流行っている”時に、それを、複数の芸術家がで共有する、つまり「~イズムのグループ」を形成するということもあり得ないわけです。


≪芸術の20世紀≫において、そのような「流行り廃り」や、「~イズムのグループ」が、常に「時代の中心」にあり、≪芸術の20世紀≫と言う「時代」を動かしていたことは間違いのない事実であります。

だとすれば、≪芸術の20世紀≫においては、「普遍性」や「本当のオリジナリティ」を追究する「芸術」は排除され続けたということです。

しかし、「宣言文」の中でも述べておりますが、私が≪芸術の20世紀≫を受け入れられるかどうか、また、私と同じようにそれを受け入れられずにいる人が、どれほどいるのか?と言うようなことは、ここでは問題にしません。


問題は、≪芸術の20世紀≫からの「継続」としての「現在と未来の芸術」なのです。

少なくとも、「普遍性」のないものは「未来」に繋がりません。
このことから、≪芸術の20世紀≫は、「芸術の歴史」の中で、初めて現れた「空転の時代」なのだと思っております。


「芸術」に限らないことですが、人間の生み出すものは、何らかの形で「過去からの継承」によって成り立っていると思うのです。

ところが、≪芸術の20世紀≫と言う「継承」と言う要素を含まない「時代」が、一世紀もの間続いてしまったために、「芸術における継承」が断ち切られてしまったわけです。


「時代」や「歴史」というものは連続していて、はじめて「継承」することが出来ます。
そこに≪芸術の20世紀≫と言う「カラッポの時代」、その「ポッカリ空いた穴」がある限り、決して、「継承」は生まれません。

その「穴」を埋めて「時代」をつなぎ合わせてやらない限り、「新しい時代」はやって来ないでしょう。


そこで≪芸術の20世紀≫は、「芸術の歴史」の中で「喪失」していたと言っているわけなのです。


「喪失していた時代」が、つまり「初めから無いもの」が、そこにあるという前提になってしまっているために、「継承」が生まれないわけですね。

ですから、≪喪失の世紀≫を一旦「消去」して、歴史の上でも「喪失」することで、「芸術の歴史」をつなぎ合わせようというわけです。


『そんな回りくどいことをしなくても』と言われるでしょうが、他の方法は、私には思いつきませんでした。


このようなことを、ここに書いたつもりです。






2. 21世紀以降の未来へ向けて、新たな芸術を創造することが可能な時代環境を改めて設定し直す必要がある:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目から次の項目にかけては、「20世紀の芸術」において起きたあらゆることは、すべてが「混迷」そのものであり、その「混迷の渦」が、「現在の芸術」をも巻き込み続けているということ。

そして、その結果、現在の「芸術」という分野は、居場所も、その意味も失いつつあり、極めて「あやふや」な状態になってしまっているということが書いてあります。


そして、そのような状況を抜け出すには、時代を仕切りなおして、新たに設定された、ステージを用意する必要があるのではないか?ということを提言しています。


ここで、私が言いたかったのは、『本当に、このままでいいと思っている人っているんですか?』ということです。
さらにいえば、『漫然とこの時代に突っ立っていて、芸術と言えるものが生み出せると思いますか?』と言うことでもあります。


私は、このブログの中で、いまの「芸術の世界」を(一般社会にも当てはまりますが)、童話『裸の王様』に例えているんですけど、いま、「芸術の世界」で起きていることは、まさに『裸の王様』の物語の中で起きていることそのものです。


それは、決して、今に始まったことではなくて、20世紀以降の「芸術の世界」において起きてきた様々な出来事は、すべて、そういった「虚構」を中心にして展開されてきたと言ってもいいと思っています。


ただし、ここでお断りしておかなければならないことは、これらのことは、「20世紀の芸術」を批判する目的で言っていることではないということです。

結果的には「20世紀の芸術」を否定しているように見えてしまうでしょうし、それが目的のようにも見えてしまうでしょうが、私は、「20世紀の芸術」が「虚構」の上に成り立っていたものであるという前提であっても、それは、必要な「過程」であったと思っていますし、その「過程」が無ければ、「次の展開」もないのだと思っています。


私は、「虚構」もひとつの「芸術の断面」ではあると思っています。
ただ、それは「断片」であり、それだけでは成就した「芸術」とは言えないというだけのことです。

ですから、「20世紀の芸術」を否定するつもりはありませんし、それを結果的に批判することがあったとしても、それは目的ではありません。


ただ単に、『王様は裸だ!』と言っているだけなのです。
王様に対して、『服を着ろ!』と言うつもりはありません。
でも、実際は裸なのに、服を着ているという話を続けていくことに意味があるとは思えないと言っているわけです。


さて、そこで、「20世紀の芸術」で最大の特徴は、「理論先行型」だということでしょう。

例えば、誰かが『こんなもの芸術じゃないだろう!』というようなものを、『いや、これこそ芸術なのだ!』と言って提示します。
これが『裸の王様』の「見えない服」に当たります。

すると、それは「芸術」じゃなければ「芸術」じゃないほど注目を集めます。
なぜなら、”バカバカしい”からです。

要するに”オモシロイ”わけですね。
この時点では、まだ「芸術」ではありません。

そして、そこに「理論」が登場します。
誰にもわからないような「難解な理論」や、「非論理的な理屈」で、その「芸術」が説明されます。

これは『裸の王様』の中で「この服は愚か者には見えないのです。」
と説明されるのにあたります。

誰にもわかりませんから、批判できません。
皆めんどくさくも成ってきます。

すると、誰かが『面白いなら芸術でいいんじゃない?』と言い出します。
その時点で、それが「芸術」に成ります。


『裸の王様』では、『これは賢い者にだけ見える服なのだよ』と言われて、誰かが『王様は素晴らしい服をお召しになっていらっしゃるぞ!』と言ってしまいます。

すると、みんな自分だけが「愚か者」だと思われたくない一心で、口々に『王様の服は素晴らしい!!』と言いだします。


「見えない服」が、見えるように成り、それどころか「スバラシイ服」になってしまいます。


そうして、≪芸術の20世紀≫には、どんなものでも「芸術」だと言えば、そして、その「理論」が運よく通れば、芸術」となってしまうように成ってしまったわけです。


現在、「芸術の世界」では、「髪の毛一本」であろうが、「石ころ一つ」であろうが、そこに「それらしい理論」をくっつけて提示すれば「芸術」として受け入れられます。

問題は、その「理論」が運よく通るかどうかだけなのです。


それらは、確かに「芸術の断片」=「芸術のカケラ」を持っているのかも知れません。

『裸の王様』の「見えない服」も「服という概念の断片」ではあるのかも知れません。

ただ、残念なことに、それは「芸術」とは言えないし、「服」ともいえないのです。


「服の概念の断片」では、着ていても暖かくありませんから、風邪をひいてしまうでしょうし、「芸術の断片」では「オモシロイ」だけで、心を動かされることまではありませんから、「感動」することはないでしょう。


このような私の話を読んだ人の多くは、『なんて、頭の固いやつなんだ!』と思うでしょう。
また、『あぁー、自分が理解できないから否定しようとしているんだ』と思うかもしれません。


断言しますが、私は、自己のアイデンティティが崩壊するようなものであっても、それが理解できないからと言う理由で、それを否定するつもりはありません。
(そういうことなら、こんなことはしていないでしょうしね)

でも、逆に考えてみると、まず、一旦「20世紀の芸術」を完全に頭から締め出したとして、そこから、何の予備知識もなく、改めて「20世紀の芸術」に出会ったとして、例えば、誰一人それを『芸術だ!』とも『スバラシイ!』とも言っていない状況で、もしかしたら、それを『芸術だ!』と言えば、あなたが人から『頭がおかしいんじゃないか?』と思われるかも知れない時に、果たして、あなたは それを『芸術だ!』と言える自信がありますか?と聞きたいのです。


たぶん、それなりの数の人が、『言えますよ』と答えるでしょう。

でも、減らないですか?
『芸術だ!』と断言できるものがですね。

その「減った分の芸術」が、いま私の言っているものです。


つまり、それらは「芸術のカケラ」であったものが『芸術だ!』とされていたというわけです。

もし、そのような状況でも、『自分にとっての芸術は、いっさい減りもしないし増えもしない』と言う人が居れば、その人にとっては、今のままでいいんでしょうね。


しかし、私は、『そういう人は非常に少ないんじゃないだろうか?』

『いや、本当はそんな人なんてほとんど居ないのかもしれない』

『だって、何も着ていないのにその服が見える人って、そんなに居ないでしょ』
と思っているということです。


やっぱり、『服と言う概念を着ている』ではなくて、『服を着ている』の方がいいんじゃないかと思います。

もしも、どうしても『服と言う概念を着ている』の方がいいんだ、と言う人が居るのであれば、それはそれでいいと思いますが、それを「中心」に据えるのはどうかと思うわけです。


そこで、やはり、一度「時代」を巻き戻すことで、リセットされた新たなステージを設けることが必要になってくるんじゃないかと思うのです。


ここでは、このようなことを言いたかったわけです。


3.現状に至って、時代を喪失させることが最良の策と判断した:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目では、前の項目からのつづきで、≪芸術の20世紀≫に起きたことは「混迷」であって、それ以外の何ものでもないのではないか?ということ、そして、そこから抜け出すためには、その「混迷」を懇切丁寧に一つ一つ「ツブシテいく」と言うやり方では”ダメ”で、それらの「混迷「」を、一気に消去してしまうしかないのではないか?と問い掛けています。


実際、「コンガラカッタ糸」を解くには、その部分を切ってしまうのが、どんな場合にも一番有効な手段ですし、そういう「コンガラカッタもの」を上手く解ければ、さぞスッキリすることでしょうけど、それは往々にして「自己満足」でしかないわけです。
ましてや、「もう糸を切ってしまうしかない」とわかっているのに、「延々とそれを解こうとし続けること」や、「解けないとわかると放り出してしまうこと」では、「次に繋げること」にはなりません。


≪芸術の20世紀≫は、、に述べた「延々とそれを解こうとし続けること」を、やり続けた世紀であったと思います。
しかし、解こうとする端から、また糸をモツレさせるようなことが起こりますから、とても追いつきません。


絡まった糸をほどくときのことを考えればわかることですが、糸が絡まってしまうのは、一瞬ですけど、それを解くのには、その何十倍も、時には何百倍もの時間がかかります。
つまり、やればやるほどコンガラカッテ行くということです。


そして、21世紀に入って(実際はもっと前からなんでしょうが)、とうとう、誰も「延々とそれを解こうとし続けること」をしなくなりました。
そして、今度は「解けないとわかると放り出してしまうこと」に移行したわけです。


≪芸術の20世紀≫が「継承」することのできないものであると言うことには、気が付いている人が多いのだと思います。
(それこそが「20世紀の芸術」が本質的に目指したものでもあると思いますので)

まぁ、一言で言えば、「行き詰っている」ということですけど、その「行き詰まり」を感じている人は沢山居ると思いますし、それは何十年も前から言われ続けてもいます。

また、それについては、「20世紀の芸術」を愛する人たちですら、その「行き詰まり」を認めている場合もあると思っています。


それなのに、なんでその「行き詰まり」を抜け出せないのか?
それは、つまり、≪芸術の20世紀≫という、「継承出来得ない時代」が、そこに存在し続けているからに他ならないのです。

そのことによって「歴史」は寸断され、「継承するべきもの」が見えなくなっています。
つまり、抜け出そうにも、そのための「踏ん張ることが出来る足場」がないのです。

それで、抜け出そうとしても押し流されてしまうわけです。


そして、そういう状況の下では、抜け出そうという努力自体が「無駄」であるということが、ハッキリしてきた現在に至って、「解けないとわかると放り出してしまうこと」に移行してきたということです。


『「継承すること」を軽視すること』とは、『「拠って立つ足場」を失うこと』です。
『「継承」などしなくても、一人の人間が「独自の芸術」を創造すればいい』と言うのは、おごり高ぶった考えだと思います。


実際には、人間は何かを受け継がなければ、ほとんど何もできないと言ってもいいほどであって、孤立した一人の人間と言うのは、「独自の芸術」などと言うものからは、まだまだ程遠い存在であるというのが事実ではないでしょうか?


もしも、人間に「芸術の創造」と言う機会が与えられることがあるとすれば、それは、『「継承」と言う「拠って立つ足場」』に足を置いてのことに限られるのではないかと思います。


ただし、これは「伝統を踏襲すること」とは違います。

このブログを部分的に読んで、「伝統への回帰」や「ノスタルジックな感傷」と思う方がいらっしゃるかも知れませんが、むしろ、それとは対極にあるものだと考えて頂いてもいいのではないかと思います。


「踏襲すること」においては、「”そっくりそのまま”受け継ぐこと」にこそ意義があります。
「文化遺産」などは”そっくりそのまま”保存されたり、受け継がれたりすることが必要とされているわけです。

貴重な「文化遺産」を『こうした方がもっとよくなるから』と言って、勝手に手を加えることは許されないのでしょう。


対して、「継承すること」とは、”そっくりそのまま”受け継ぐことではなく、そこから「本質的な何か」を受け継ぐことです。
むしろ、受け継ぐ側が、それを自分のものにして、変化させることによって、本当の意味で受け継がれたともいえるのでしょう。


もし、その「継承」を、まったくせずに、あなたが、「洞くつの壁画」辺りから独自にやり直そう!と言うのであれば、「その孤高の戦い」に、私は拍手を送りますが、それを「芸術である」とは思えません。

なぜなら、現在に生きるあなたがそれをすることは、「あなたにとっての真実」ではないと思うからです。


以上のことをもって、私は≪芸術の20世期≫と言う時代を、一時的に頭の中から、喪失することが最良の策であると判断いたしました。


このようなことが、ここで言いたかったことなのです。





4.100年回帰の根拠:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目では、主に≪芸術の20世紀≫を喪失するにあたって、時代を「100年回帰」することの理由を述べています。


前の項目からの続きに成りますが、≪芸術の20世紀≫に生み出された「コンガラカッタ糸」=「混迷の渦」は、すでに、それを解こうとする者を飲み込んで押し流してしまうだけの力をつけてしまっていて、そこに真っ向から立ち向かって行くことは、自然の脅威に対して歯向かうことのように無謀なことであるということ。

そして、「混迷」に惑わされずに「マトモな考え」で「判断」を下すためには、まだ、「混迷」に晒される以前の「時代的な規範」を取り戻す必要があるだろうということをこの項目で訴え掛けております。


そして、それに必要な「喪失」の期間として、「100年間の回帰」を提案しているわけです。


ただし、ここでは、「回帰の必要性」を訴えることを重視したために、あたかも、『「100年前の規範」がとても理想的なものであるから、そこに「回帰」すべきである』と言っているような文面になってしまっているかも知れませんが、実際は、「100年前の規範」が、理想的なものであったとは言っていません。


むしろ、伝統の中で「固着」してしまったようなものであったかもしれませんし、何より、それらが論理的に確かめられる機会などは、ほとんどなかったと思われますから(疑われること自体が無かったでしょうから、確かめられる必要もなかったと思われます)、「100年前の規範」もある意味ではかなり曖昧なものであったとも考えられます。


「宣言文」の中でも述べておりますが、そもそも、根本的な意味で『「芸術」とは何なのか?』と言う問いが発せられること自体が、あまり無かったのではないかと思います。

ですから、「100年前の規範」を、しっかりとした「根拠のある規範」とは言えないと思っています。


では、なぜそこに「回帰するのか?」ということですね。

やや、投げやりな言い方になってしまいますが、それは『それしか方法がないから』ということに成ります。
でも、それでいいんじゃないだろうかとも思っています。


『それしかない』と思うのは、つまり、現在までの「芸術の歴史」の中で、「芸術」がしっかりとした「定義」を持ったことは、まだ一度も無いと思っているからです。

「疑われることすらなかった時代」から、いきなり「ナンデモアリの時代」に一足飛びに急変してしまったために、「定義」が確立される暇がなかったということでしょう。

 ※「宣言文」の中では、この「疑われることすらなかった時代」と言う意味で、「確固たる規範があった時代」と言う言葉を使っています。
 これは誤解を生みやすい言葉だったかもしれません。


『そんな時代に「回帰」することに意味があるのか?』

『ある!』と私は思っています。


なぜなら、もともと「定義」と言うものは、必要に迫られて作られていくものだからです。
ですから、必要がなかった時代に、それが曖昧であったのは当然のことだと思うのです。
問題なのは、必要が出てきたときにも、それが作られなかったということの方なのです。


≪芸術の20世紀≫において、どう考えても、しっかりした「定義」や「規範」の必要性が生じていたにもかかわらず、個々の人間が「それぞれの芸術」を自己の中に勝手に設定するばかりで、それらをまとめ上げて、「時代の規範」となるような「定義」を導き出すことが出来なかったこと、つまりは、「共感」や「共有」するということに欠けていたことによって、「芸術」と言う分野をどう捉えたらいいのか?ということがだれにも言えなくなってしまったということです。

 ※『いいじゃないか、何が問題なんだ?』と言う人が居るかもしれませんけど、
  『それでは、あなたが、いま言っている「そのままででいい」とは、何につい
  て行っているのですか?』とお聞きしたいのです。
  
  個々の人間が「芸術」を、いくら自由に捉えても構わないと思います。
  しかし、それは『「芸術」とは何なのか?』ということが、何も設定されていない
  ということとは全く違うことなのだと思います。
  もしも、そういう「自由」を望む人が居るのであれば、その人は、何についても
  他人とは話すことが出来なくなるということです。
  「言葉」と言うものは、その「言葉」が指し示す「意味」を持って成り立っている
  わけですから、その「意味」を「規定」することを拒否するということは、「言葉」
  を否定することであり、それを放棄することであります。

  つまり、「言葉の意味」を、他の人と共有することを拒むということです。
  そのうえで、身勝手に「自分の言葉」で話すというのであれば、その人は、誰とも
  一切話をすることが出来ないということになります。

  もし、誰とも口を利かないというのなら、それはそれで仕方ないことでしょう。


さて、話を戻すと、≪芸術の20世紀≫において、その「必要な規範」が失われたために「定義」を設定する必要が生じていたにもかかわらず、それがなされなかった。
しかも、その状態で「約100年間」が過ぎてしまった。

そして、その間に「混迷の渦」が近寄るものを飲み込んでしまうような強大な力を持つようになってしまった。


そこで、一旦「定義など必要なかった時代」まで「回帰』して、普通に物事が「定義」される時と同じように、『さて、必要になったから「芸術に対する定義」について、根本からじっくり考えていきましょう』と言う過程を踏んでいこうということなのです。


この手法をとることを『かえってめんどくさい』と感じるかもしれませんが、「コンガラカッタ糸」を解くときを思い出してみてください。

『はさみを取りに行くのが、めんどくさい』
『切ってしまった糸をつなぐのが、かえってめんどくさい』
『もうちょっとやったら解けるんじゃないか?』

でも、実際に一番早いのは「糸を切ってからつなぐこと」です。


≪芸術の20世紀≫に現れては消えていったあらゆる「~イズム」や、それらを生み出した「天才たち」は、すでにその地位や評価を確立しています。

その強大な壁を一つ一つ乗り越えて、すべて乗り越えるには、何世紀かかるでしょう?


彼らはどこかが間違っていたのです。
いや、その時「間違えること」が必要だったのかも知れません。
彼らは、偉大であったからこそ、その「必要な間違い」を犯したのかも知れません。

今は、それだけで十分なんじゃないでしょうか?

後に成って、もう少し客観的な視点が持てるようになったなら、それについて、考え直せばいいんじゃないでしょうか。


さて、それでは何故「100年間」なのか?ということですが、「宣言文」の中では、長々と述べておりますが、これは、厳密な理由があってのことではありません。

先ほども述べた通り、「100年前の規範」とて、さほど当てにはなりません。
ですから、極端に言えばいつでもいいのです。

「確固たる規範」(この言葉が誤解を招き易かったかもしれませんね)があった時代、つまり、「疑われることすらなかった時代」でありさえすればいいだろうということですね。


ただ単に、イメージし易いことが重要だと思いましたので、区切りのいい「100年間」としました。

少なくとも、「芸術の歴史」の中に生み出されたと思われる「混迷」は、この「100年間」でだいたいカバーされるかと思います。


以上のようなことを持ちまして、「100年回帰」の根拠としております。





 ⑶具体的な≪喪失≫について 1.≪芸術の20世紀≫から学んだこと/ 「天才の時代」は終わり、「挑戦の時代」は続くだろう:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


ここでは、≪芸術の20世紀喪失≫に当たって、具体的に何をするのか?ということを書いています。


まず、はじめに、≪芸術の20世紀喪失≫の前の心の準備として、≪芸術の20世紀≫から学んだことを再確認しています。


一つは、「挑戦する姿勢」であり、これは、今後も必要なものとして継続することに成るだろうと思っています。


もう一つは、「天才神話」で、こちらについては、今後、これが弊害となることはあっても、いかなる「利」をもたらすこともないので、いっさい惑わされてはいけないと思っています。



そもそも、≪芸術の20世紀≫は「挑戦の時代」であったのだと思います。
それは、あらゆることに「挑戦」し、あらゆることを「破壊」した時代だったと言っていいんじゃないでしょうか?

そして、それ自体は、「貴重なチャレンジ」であったのでしょうし、また、その時代、一度そこに行くしかなかったのだとも言えるのでしょう。


しかし、現在の客観的な視点をもって見た場合、それらの「挑戦」の徹底ぶりは、大いに評価できるものだとしても、その「破壊」の後の、「再構築」については、それが極めて不完全なものであったと言わざるを得ないのです。

そもそもの目的が「挑戦すること」であったために、「再構築」されたものも、すべて「破壊の対象」にされてしまいますから、落ち着いて、「再構築」することが出来なかったんじゃないでしょうか?


「古典」からの転換期にあって、全てを一度クリアして、リセットする必要があったことは間違いがないことだったように思いますが、それは、その当時の「行き詰まり」を打開するための方法論であったはずです。

しかしながら、「挑戦」や「破壊」を目的としてしまったことで、その「挑戦」や「破壊」に呪縛されてしまって、本来、打開するべきであったはずの「行き詰まり」に逆戻りしてしまったということです。


従って、≪芸術の20世紀喪失≫に当たっては、この「挑戦する姿勢」を維持しながら、そこに呪縛されないように注意する必要があると思っています。


「時代を喪失する」と言う「チャレンジ」を実行しながらも、そこに新たな「時代」を構築していかなければ、「喪失」した意味がありません。
そして、その二つを両立させようとすることこそが、現在における「挑戦する姿勢」なのだと思っています。



また、≪芸術の20世紀≫は「天才の時代」でもあったと言えるでしょう。


たくさんの「天才」と呼ばれた人たちが現れて、彼らは、それぞれに一つ(または、それ以上)の「~イズム」を生み出していきました。

ここで、もともと「天才」とは「神に近い者」と言うような意味があると思うのです。
要するに、「人間以上の完全性を持った者」と言うような意味があるんじゃないかと思うのですがどうでしょう?

もし、「天才」が「神に近い者」だとすれば、それは、何らかの「一つの頂点」に向かっていることを前提にして成り立つ話になります。
それでなければ、人間の中での「完全性」と言う言葉の意味は成立しません。

おそらく「神に近い」と言う言葉の意味も、また、成立しなくなってしまうでしょう。


本当に「神」であれば別なんでしょうが、「神のような者」ではあっても、やっぱり人間ですから、何らかの形で「一つの頂点」に向かうことでしか、「完全性」を感じることは出来ないハズです。

「たくさんの頂点」を目指すのは、人間には不可能だろうということですね。


しかしながら、その「一つの頂点」とは、それこそが≪芸術の20世紀≫において、打開されようとしていた「凝り固まった一元的な方向性」でもあったわけですから、それを「破壊する者」を、「天才」=「一つの頂点を極めた者」と呼ぶのは、明らかにチグハグなことに成るわけです。


まして、「破壊」すればするほど「天才」の名声は高まり、その「破壊」によって「天才」に祭り上げられたはずの「天才」達が、自分に冠せられた「天才と言う称号」=「神に代わる偶像」だけは「破壊」しなかったということは、まったく、不適切なことであったと言わざるを得ないのです。


実際には、「天才の時代」は、もうとっくに終わっていると思うわけです。
その現実を認めなければならない時期が来ているんじゃないでしょうか?

本来「天才」をはじめとする「偶像」は、一番初めに「破壊」されるべきものだったわけですから、すべてが「破壊」された時代にあって、それだけが、一世紀もの間、生き続けたことは全く信じ難いことですが、遅ればせながら、せめて、ここから「天才の時代」を終わらせて、「普通の人の時代」=「人間の時代」を築いていくべき時が来ているのでしょう。


もう、「天才神話」には意味がなくなっていくと思います。
なぜなら、もう「天才」なんてどこにも居ませんから。

だって、百年も前に「天才の時代」は終わっていたんですから。


ということが、ここに書いてあることです。





2.≪喪失≫の実践について(前置き):の説明

このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目は少し長いので、いくつかに分けて説明していきます。


まず、はじめに、前置きとして(この「前置き」が長いんですが)、この「宣言」による≪芸術の20世紀喪失≫において、最も重視されるべきは「一人の意識」であって、「社会的な変革」などではないということを言っているつもりです。


これは、この「宣言」全体を通して言えることだと思うんですが、ちょっと見たところでは、「社会」を「啓蒙」しようというものに見えてしまうのかもしれません。
でも、それとはかなり違うものだと思ってやっています。

私といたしましては、見たことをそのまま書いているだけなんですね。


つまり、≪芸術の20世紀≫が間違っていたように見えるから、『それは、間違っていたように見えますね』と言っていますし、「その間違い」が、100年間エスカレートし続けて、もう、誰にも止めることができなくなっているように見えるから、『一度戻ってみてはどうでしょうか?』と提言しているつもりです。

「見たまま」です。


全く何のヘンテツもなく言っているつもりです。
それを、そのまま「宣言」したということです。

『そんな当たり前のことを、わざわざ宣言するな!』と言われてしまうのかもしれませんね。

『でも、誰も言ってくれなかったんで、言ってみました』ということです。
(言った人も居るんでしょうが、かき消されてしまっているようなので)


それから、もう一つの理由として、こういうことは「エライ人」が言うと、それこそ「啓蒙」になってしまうので、「エラクナイ人」が言うことが必要なんじゃないかと思ったんですね。

私は、「そーとーエラクナイ人」なので、言ってもいいんじゃないかと思ったということです。


「啓蒙」が悪いと言うことじゃないんですけど、そういうことから抜け出したかったわけなんで。
つまり、「エライ人」が言えば通ってしまう、というようなことから抜け出したかったということでしょうね。

『そういうことは、実力をつけて、それなりの地位についてから言わないと』みたいな話がありますけど、まったく逆で、これは、一定の地位にある人が言ったんじゃ意味がないことなのです。


ここでも、また「前置き」が長くなってしまいましたが、話しを戻すと、言いたかったのは、こういうことをひっくるめた意味で、「一人の意識」が重要だということなんです。

重要というよりも、それが全てといってもいいと思っています。


「宣言文」の中でも言っていますが、「一人の人間の意識」というのは、実は、トテツモナク大きなものであって、それは、数に換算されてしまうような小さな単位のものではなく、「意識」の単位は、一単位が「無限大」であると考えています。

一人でも「無限大」ですから、一億人でも百億人でも一人でも、おんなじなわけです。


『そんなのはヘリクツだろ!』と言われればそうなんでしょうね。
でも、「20世紀の芸術」も一種の「ヘリクツ」だと思いますから、「おあいこ」ですね。

問題は、その「ヘリクツ」に、「その先」があるかどうかだと思っています。


私は、「20世紀の芸術」を継承することは不可能だと思ったんですね。
(もともと「継承」を拒絶していますからね)

つまり、「その先」には何もないということです。

そして、その結果として「21世紀の芸術」は消えかけていると思うわけです。


もし仮に、「芸術」というものが消えていくのだとしても、それには、「終わり」が必要なんだと思っています。


私が感じている『≪芸術の20世紀≫は間違っていた』ということの方こそが間違っていて、『≪芸術の20世紀≫は正しかった』または、『そんなことはどっちでもいいことなんだよ』なのだとしたら、おそらく、「芸術」というものは「終わり」に近いところにいるのだと思います。

それもまた、私のカンチガイなのかもしれませんが、それを確かめる意味でも、一度戻ってみてもいいんじゃないかと思うのですがいかがでしょうか?


と、こんなことを書いたつもりなんですけど、どうもうまく説明できていませんね。

また、ここでも、どうにも説明ができていないので、読んだ方は解りにくいでしょうね。


とにかく、ここで私が言いたかったのは、「一人の意識」は、とても大きいということ、「その一人」が誰であっても、「その大きさ」が変わることはないということ、「その一人」として、『私はこの「宣言」をいたしました』ということ、「その一人」として、『あなたは、何をしますか?』ということだったわけなのです。





2.「喪失の実践」の具体例について ①教育の場において:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


ここからは、≪芸術の20世紀喪失宣言≫によって、具体的にはどのようなことをするのか?
ということが書いてあります。


ここで、一つお断りしておきますが、この項目に書いてあることは、「具体的な行動」についてですが、私が本当のところで言いたいことは、それぞれの人の「頭の中で行うこと」、つまり「意識の転換」が中心であって、外に表す「行動」については、それほど重視してはいません。


ですから、もちろん、『こうしろ、ああしろ』と指図するものではありませんし、そんなことに意味があるとも、まったく思っていません。


むしろ、私としては「実際の行動は、しなくてもいいんじゃないか?」と思っているくらいです。
「人の意識」が「転換」すれば、実際は、それを行動に移す必要すらないわけで、その「意識の転換」の方がはるかに大きいことだと思っているわけです。

この「意識の転換」を、より厳密に言えば「自分の本当の意識を受け入れること」です。


ですから、ここに書いてあることは、「宣言者」としての「私」の「こんな風に成れば気持ちいいですね」と言う「願望」と、結果として表れてくるものがあるとすれば、『こんなことなんじゃないでしょうか?』と言う「無期限の予測」と言ったようなものと言えばいいのかも知れません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは本題に移ります。


①は教育の場での話です。

想像するに、教育の場において≪芸術の20世紀≫は、かなり扱いにくいものになっているんじゃないか?と思うわけです。


もともと、「20世紀の芸術」は、学校教育がある程度尊守しなければならない「教育上の姿勢」を、根底から覆してしまうような要素を多く含んでいます。


「破壊」や「退行」などの、一般的には「負の要素」として捉えられていることに、取り組んでいることも多いので、それが良いか悪いかは別のこととして、「教育の場」においては、かなり、説明し辛いものに成っているのではないかと思います。


つまり、それを「肯定」してしまうと、他の授業で教えていることが成り立たなくなったり、道徳教育にさしさわりが出てきたりと言ったことが起きて来るんじゃないかと思うわけです。

それで、現在はそこのところを、「なんとなくスルー」しているんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?


そういう曖昧な形をとるよりは、その時代に≪芸術の20世紀≫と言う名前を付けて、他の時代とは区別して扱えるようにした方が、子供たちはもちろん、現場の教育者の方も楽になるんじゃないかと思うわけです。

まして、日本では、「日本における西洋美術」の歴史自体が、実質的には「20世紀」に成ってからはじまったものですから、「20世紀の芸術」=「日本における西洋芸術の歴史」と言ってもいいでしょう。

要するに、とても「存在が大きい」わけですね。


それが、説明できないとなると、恐らく、ほとんど何も教えられなくなってしまうんじゃないかと思うわけです。


そこで、必ず出て来るのが、『芸術は教えられるものではない』と言う考え方ですね。

そんなことは、みんな知っています。
それから、それは「芸術」に限ったことでもなくて、どんなことだって「本当のところ」は教える事なんて出来やしません。
それでも、その中で、「教えられること」を教えるのが学校であり教育なんだと思うのです。

学校での「美術教育」は、いまよりも、もう少し具体的に「何か」を教えるべきなんじゃないかと思うわけです。


現状としては、『なんとなく絵を描かせられて終わり』なんじゃないかと思います。

その結果、「上手い」人は「才能がある」と言われて、「下手」な人は、『君は芸術には向いてないね』という感じでしょうか?


そこに、「上手い・下手」なんて、ぜんぜん関係ない「表現する」という「芸術の機能」があって、そのためには「芸術」を使って「表現する」しかないんだということが、まったく「教えられていない」わけです。


なぜ、それが「教えられない」のか?
それを、説明するときに「20世紀の芸術」を引き合いに出さなければならなくなるからではないかと思います。


そうすると、話は「百倍」難しくなりますから、避けざるを得ないわけでしょうね。

そんな状況を逃れるために≪芸術の20世紀喪失≫を使ってみることは、たぶん、出来るんじゃないかなと思っているわけです。


美術教育の現状は、物理の授業で「アインシュタイン」の理論を使わないと他のことが説明できなかったら、”キビシイだろうな”と言うのと同じくらい”キビシイことなんじゃないか”と思います。


それを、なんとなく”グチャグチャッ”とゴマカシタ感じで説明するのはやめて、ここは特殊だから取り敢えず抜かして考えましょうと言った方が、すこしはスッキリして”マシ”なんじゃないかということですね。


子供にとって、何が辛いって、理解できないものを理解しないといけない風な雰囲気だけがあって、それを、誰も説明はしてくれないということだと思います。


説明できないならば、せめて、『それは理解しなくてもいいよ』と言ってやるべきなんじゃないでしょうか?


ものごとが説明できない時に、『世の中には、説明できることと、できないことがあるんだよ』とか、『ワカラナイ奴にいくら説明したってわかりゃしないんだよ』と言うのは、大抵、それを言っている本人が、そのことを本当のところでは理解できていないからなわけです。


だから、「抽象芸術」などの「20世紀の芸術」が一通り説明できるものになってから、改めて「授業」で取り上げるようにしたらいいんじゃないかと思っています。
(個々の教師が理解していることではなく、一般的な理解が構成されていることが必要だと思います)


それまでの間、≪芸術の20世紀≫を≪喪失の世紀≫と呼んで、、「子供たちを(先生たちも)、その難解な時代から解放しよう!」と言うのが、私のお勧めです。


このようなことを、ここに書いたわけです。






2.≪喪失≫の実践について ②美術館の展示内容や企画について:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


こちらの項目では、美術館での≪芸術の20世紀喪失≫について書いています。


そうは言っても、美術館サイドで『只今より、≪芸術の20世紀≫を喪失しました』とはならないでしょうから、『「喪失」については、こちらの頭の中でやりますよ』ということなんですが、それでも、この≪芸術の20世紀喪失宣言≫を使うことで、展示企画が、興味深いものに成るんじゃないかと思っています。
(もし、使えばですけどね)


まず、「20世紀の芸術」を「サブカルチャー」として捉えるという見方ですね。
と言っても、もともと「サブカルチャー的」な性質があると考えられているようなものだけでなく、「20世紀の芸術」全体を「他の時代の芸術」との対比において「サブカルチャー」と考えるということですね。

つまり、「巨匠たち」も「サブカル」ということです。


言い換えれば、「20世紀の芸術」に「メイン」はないということです。
「中心」が無いんですね。

つまり、「メイン・ストリーム」がない、「サブカル」だけの「文化」が「20世紀芸術」だと言う見方をしていくわけです。


こういう見方をしていくと、「20世紀の芸術」が、急に実体として見えてきます。

もともと、「巨匠たち」も含めて、「20世紀芸術の流れ」は、常に「サブカルチャー的」な姿勢から生み出され続けたものだと思うわけです。


つまり、「アンチ・テーゼ」として存在することが目的だったのだと思うのです。


「脱・アカデミズム」に始まって、「脱・芸術」や「脱・技巧」や「脱・制作」や「脱・作品」と、あらゆるものから脱出しようとして、ありとあらゆるものに対する「アンチ・テーゼ」を生み出し続けたわけです。

その結果、「中心」を失ってしまったわけです。

要するに”カラッポ”なんですね。
「巨匠たち」のなかにも、そう言っている人が居るくらいですから、きっと、そうなんでしょう。

そこにこそ意味があったということだと思います。


でも、ご本人が言ってることなのに、まわりが、『これが新しい芸術の中心だ』と言って固めてしまうわけです。
それで、「中心」に成るモノが育たなくなってしまったわけですね。

すでに、「中心」に位置を占めているモノがありますから、後から来たモノは締め出されてしまうわけです。
で、その本人が『自分は”カラッポ”だよ』と言っていたりするわけです。


こんな風に考えると、「中心」を失った「20世紀の芸術」にあって、その「カラッポな器」の表面に張り付けられた「レッテル」が「天才」であり、「巨匠」でったわけで、『巨匠たちが、なんで、こんな作品を作ったのか?』と言う問いに対する答えが、けっこうハッキリと見えてきます。


そこには、もう「難解さ」は無く成っているハズです。

つまりは、「アンチ・テーゼ」であること「サブカルチャー」であることこそが、「巨匠たち」の、そして≪芸術の20世紀≫の目標だったということです。

要するに、「アンチ〇〇」を追いかけて行った結果が「20世紀の芸術」であったというわけです。
言い換えると、「〇〇であること」ではなく、「〇〇でないこと」を求めていたということですね。
だから、「中心」が無く成ってしまったんですね。


こういったところを、上手く伝えられるような「展示企画」があれば、きっと興味を持つ人はいるんじゃないでしょうか?


昨今の美術展において、「広告宣伝力」に頼る傾向があるのは「悲しいこと」だと思います。

そういうことから抜け出して、『時代を100年間ほど巻き戻してみてはいかがでしょうか?』
そして、その、まっさらな「20世紀」に、たった今表れてきた「芸術」として、その当時の人たちの「驚き」や「違和感」や「不信感」をも再現するような形で、「20世紀の芸術」を捉えられるような企画があれば、きっと面白くなると思います。

『やっと現代美術が一般に受け入れられるようになってきたのに』と思うかもしれませんが、「20世紀の芸術」とは、「受け入れられては意味がなくなってしまう芸術」なんだと思うのです。

「アンチ・テーゼ」じゃなくなっちゃいますからね。


だから、その「違和感」や「不信感」が無く成ってしまうと、何も残らなくなってしまうんじゃないでしょうか?
「中心」には何もない「カラッポ」なんですから。

そして、そこにこそ意味を見出すべきものとして生み出されたものだったわけですから。


ここでは、こんなことを言っております。





2.≪喪失≫の実践について ③マスメディアとの関係 ④「宣言」の再検討 :の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


③はメディアについて、④は≪芸術の20世紀≫を再検証することについてです。


まず、③のメディアについてです。

これは、あまり大事なところではないので特に書くこともないんですが、取り敢えず、この「宣言」の主要な内容は、「数」的な問題ではなくて、「質」的な問題に関することだということです。

だから、「マスメディア」のような、容量の大きい情報の流れとは、『かなり離れたところにあるモノなんですよ』ということです。


ただ、「ブログ」と言う「ウェブ上の媒体」を使っているので、それも一種の「マスメディア」だとも言えるわけなんですが、「メディア(媒体)」としては大きくても、「情報の流れ」としては極めて小さいので、これは「マス・コミュニケーション」ではないでしょうから、やはり「個人的な宣言」なんだと思います。

まぁ、要するに、メディアに期待するようなことは、特にないということですね。


④は再検証についてに成ります。

これは、読んだ方には伝わりにくいのかも知れませんが、そもそも、この≪芸術の20世紀喪失宣言≫と言うのは、実際に≪芸術の20世紀≫を消去してしまおう、ということとも少し違って、「仮想現実的」な「喪失」を想定したものです。
つまり、「バーチャル」ですね。


あくまで、≪芸術の20世紀≫と言う「カラマッタ糸」を、一度切ってつなぎなおすことで、次世代の「芸術の場」を設定しようとするものなのです。


ですから、≪新生芸術の20世紀≫において、『これが、21世紀の芸術の場である』と言えるような環境が確保されたのちに、≪芸術の20世紀≫は、もとの位置に戻されるべきであると思っております。


もちろん、理想を言えば、こんなことをしないで、一つ一つ、「カラマッタ糸」を解いていければ一番いいのでしょうが、過去の例から判断して、それは無理だろうということで、このような手法を用いています。


それでも、やはり、「一つの時代」を消し去ってしまって、そのまま無かったことにするというのは、良くないでしょうから、時期を見て、それは帰属されることが望ましいと思っているわけです。

その時、「20世紀の芸術」は、一旦「喪失」されたことによって、スッキリと見通せるようになっていて、その時代の人が、「20世紀の芸術」が持っていた意味を考え直すことは、とても有意義なことに成るのではないかと思っています。


そして、その時には、もう、「20世紀の芸術」は難解で理解できないという人は、ほとんど居なくなっていることでしょう。


「カラマッタ糸」を一旦取り除くことで、「歴史のつながり」を取り戻し、その「歴史のつながり」の中の「一つの時代」として、≪芸術の20世紀≫を冷静に見渡すことが出来るように成ったその時代の人たちは、もう、「混迷の中」にはいません。

きっと、その「混迷の渦」の外側に立って、「芸術の20世紀」を「そんな時代」として客観的に捉えることが出来ると思います。
その時点で、≪芸術の20世紀≫が持っていた「考えさせる芸術」と言う性質は、「難解なモノ」から「思慮深いモノ」に変わっているでしょう。

その時には、きっと、「思考すること」を楽しむような「芸術の場」が出来上がっていることでしょう。


一つ前の項目で述べたこととも連動させる形で、こういったことを芸術の企画に持ち込むことが出来れば、きっと、それは、世界的な動向にも成っていくことだと思っています。


この項目には、こんなことが書いてあります。



2.≪喪失≫の実践について ⑤空想上の体験 :の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目では、「空想」の中での≪芸術の20世紀喪失≫について書いています。

ここに来て、やっと確実にできそうなことに成ります。
つまり、やろうとしさえすれば誰にでもできる事であり、また、一人でも十分にできる範囲のことです。


やろうとするか否かは、その人次第ということですね。


この項目で、私が言いたかったのは、本当は誰でも「芸術のスグソバ」に居るんだということなんです。


現在は、「芸術家」と言うのは、「特殊な才能」があったり、「並外れた個性」や「感性」の持ち主であったりというような、いわゆる、「普通じゃない人」と言うようなことに成っているわけですが、そういうことが、世の中の人の誰にとっても、イイことには成っていないような気がするわけです。

つまり、「芸術」と言う分野が、今よりも、もう少し低い位置に置かれるべき時が来ているように思っているわけですね。
その為には、どうしても≪芸術の20世紀喪失≫が必要なんじゃないかということなんですね。

ここまでに述べてきたように、≪芸術の20世紀≫は「天才の時代」でもあったわけで、その「天才」と言う言葉が邪魔して「普通の人」が「芸術」に近寄れないように成ってしまっているんですね。


『そんなの、言い訳だろ!やりたいなら、自分の好きなように創作すればいいじゃないか!!』と、口で言うのは簡単ですけど、実際問題としては、いわゆる「普通の人」が、専門的な意味で「芸術」に関わることが出来る機会は、なかなかありません。


「21世紀」に成った今も、「天才の時代」は継続していますから、「普通の人」が「普通」のままで、「芸術」に関わろうとすれば、「普通の人の芸術」と言う「冴えない色のレッテル」を張り付けられて、「天才の芸術」と言う「金色のラベル」を張られたものとは区別されて、どうしても、一段低い位置に収められてしまうというシステムに成っているわけです。

つまり、「芸術」に関わることだけなら、簡単ですが、そこに専門的に関わりをもって、さらに、それを続けようとすると、いわゆる「普通じゃない人」に成るしかないというような仕組みに成っているということですね。


「自己を表現する」という「芸術」の持っている「機能」は、誰にとっても必要に成る可能性があるはずですし、そんなときに「芸術」の代わりに成るようなものは、他には、なかなか見つからないわけです。

ですから、「芸術」を、「特殊な才能」や「並外れた個性」の持ち主限定のものにしておいてはいけないんじゃないかと思うわけです。
(というか、「才能」も「個性」も、みんな、同じくらい持っているハズです)

その為には「天才の時代」である≪芸術の20世紀≫を「喪失」することが必要になってくるんじゃないか?ということですね。


「天才の時代」を「喪失」することで、「普通の人たち」が「芸術のスグソバ」に立つことが出来るようになれば、その時にこそ、≪新生芸術の20世紀≫が始まるのだと思っています。


そこでは、「天才の一瞬のヒラメキ」で表された「芸術」と、「普通の人の四苦八苦のアゲク」に表された「芸術」は、全く同じ高さに並べられ、人々の目に晒されます。

どちらをとるかは、見る人の自由ですし、どちらを目指すかも本人の自由です。


いずれにしても、そこにおいて行われる「芸術」に対する「生真面目な取り組み」を、私は賞賛するでしょうし、その「生真面目な取り組み」のないものは、きっと賞賛できないでしょう。

なぜなら、それは「芸術の中心」からは、遥かに離れてしまっているのだから。


こういったことが、ここに書いてあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上で、≪芸術の20世紀喪失宣言≫の説明は、「おしまい」です。

どうでしょうか?

ためしにひとつ、≪芸術の20世紀≫を「喪失」してみようか、という方はいらっしゃいましたでしょうか?


まぁ、なんでも「モノはタメシ」ですから、一つお試しになってみてください。

きっと、その時代には、”ナニカ”のヒントが、あるんじゃないかと思います。


もし、そこに、その”ナニカ”が落ちていたら、拾って行ってください。

なかったら、「ハズレ」ですね。

ザンネンでした。




プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR