FC2ブログ

Category「長い題」=詩のような題:「題」のみ  1/8

「長い題」:詩のような題

絵に「長い題」をつけようと思うように成ったのは、このブログをやっていたからだと思います。今後も、自分の絵に、「詩のような題」=「ポエティック・タイトル」をつけていきたいと思っています。以下の文章は追記を重ねているために、ややわかりにくいかもしれません。※こちらの記事と合わせてお読みに成ると、少しはわかりやすく成るかと思います。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~※この記事を書いた...

  • 2
  • 0

「長い題」=詩のような題(その1)

先日このブログの記事で、「無題と言う題」はなるべくなら使いたくないので、「秘題」という考え方をしていきたいというようなことを書いたので、それとは、やや反対方向の話に成ってしまうんですが、ここでは「長い題」について考えてみました。 ※「秘題」と言うのは、「テーマ」や「タイトル」がないわけではなく、でも、それを  言葉にするのは難しいので、『題はあるけど隠されている』というような意味です。  そちらも...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その2)

絵に「長い題」をつけることについては前にも書いたんですが、いま、けっこう続けてそういう「長い題」を思いついていて、「絵」とはほとんど関係なく、たくさんの「長い題」がたまってしまっているので、取り敢えず、メモの意味もかねてここに記録しておきます。とは言え、やはり恥ずかしいタイプの「題」もあるので、『まぁ、これなら人に読まれても耐えられるかな?』と言う範囲のものに成ります。(前回の中では、『ゴッホへの...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その3)

「長い題」(その3)です。『こんなの読む人居るんだろうか?』っていう疑問はあるんですが、『いや、そんなことは無い!・・・たぶん・・・』と言うことで。『 』の中は、その絵を呼ぶ「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。あくまで「タイトル」として作っています。その辺はこのカテゴリの最...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その4)

「長い題」(その4)です。読むと、きっとソンしますよ。読むと、時間の無駄ですよ。読むと、イライラしますよ。読むと、『なんなんだよ!これは!!』って思うだけですよ。『じゃ、読んでみようかなぁ』そういうアナタって、ステキ!!!ということで、「長い題」(その4)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フ...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その5)

「長い題」(その5)です。どうやら、「題」の方が早いペースで出来るみたいですねぇ。困ったもんです。たぶん、あまりこだわりが無いんだと思います。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。あく...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その6)

「長い題」(その6)です。今回のは、ぜんぶ「絵」に合わせて「題」をつけたものです。ということは、前に出来ていた「絵」が決まっていない分の「題」の方はそのまま残ってしまうということですね。「題」がたまっていって「絵」が追い付かないというのはどうなのよ?『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その7)

「長い題」=詩のような題(その7)です。この「長い題」の記事も『どうせ誰も読まないんだろうなぁ』ということがだいたいわかってきたので、『やめちまおうか』と思うんですが、よく考えたらほかの記事も同じようなもんなんで、取り敢えず続けようと思います。そういうわけで、「長い題」=詩のような題(その7)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネ...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その8)

「長い題」=詩のような題(その8)です。『ええ、「題」だけですけど、なにか問題でも?』「長い題」=詩のような題(その8)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。あくまで「タイトル」と...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その9)

「長い題」=詩のような題(その9)です。「絵」が進まない時に限って「題」は出来るみたいですね。困ってます。まっ、「題」だって、なんにも出来ないよりはいいさぁ~。「長い題」=詩のような題(その9)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたい...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その10)

「長い題」=詩のような題(その10)です。いやぁ、マズイですねぇ。ドンドン長く成ってます。こんな「題」に見合う「絵」ってあるんだろうか?っていう疑問はあるんですが、いちおう、この「長い題」も作品の一部ということに成っております。そんな感じで、「長い題」=詩のような題(その10)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなもの...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その11)

「長い題」=詩のような題(その11)です。『これって絵の題なんですか?』「絵の題なんです!!」・・・・的な?感じで、「長い題」=詩のような題(その11)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。二か所あるものもあります。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)あぁ、言い...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その12)

「長い題」=詩のような題(その12)です。最近に成って、ようやく、この「長い題」ができるペースが落ちてきて、なぜかホッとしています。ペースが落ちてホッとするのもおかしいんですけどね。こんな「題」の付け方をするようになって、初めて気が付いたんですけど、「題」ばっかりできるのは考えもんですね。(絵に合わせて「題」を作るとは限らず、独立した「絵の題」として作っています)なんか、自分がすごくバカなんじゃな...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その13)

「長い題」=詩のような題(その13)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、「長い題」が二つ三つ出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)はじめの二つは、ほとんど同じようなものなんですが、どっちがいいのかわからないので、両方書いておきます。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その14)

「長い題」=詩のような題(その14)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)今回のは、内容が暗いものが多いので、そういうのが嫌いな方は読まないほうがいいと思います。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネー...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その15)

「長い題」=詩のような題(その15)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その16)

「長い題」=詩のような題(その16)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その17)

「長い題」=詩のような題(その17)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その18)

「長い題」=詩のような題(その18)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その19)

「長い題」=詩のような題(その19)です。今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限...

  • 0
  • 0