FC2ブログ

Categoryランダムな芸術論 1/38

「自己表現」とは「自分に見えている世界」を描くこと

前の記事と似た話なんですが、「自己表現」は「自分に見えている世界を描くこと」でもあると思うわけです。※ここで言う「自分に見えている世界を描くこと」とは、「すでに見えている世界 を描くこと」ではなく、自己の感性における「世界の見方」のことを指しています。 さらには、そういう「世界の見方」をたくさん集めて練り合わせて再構成した「世 界を創り出すこと」をもって、「自分に見えている世界を描くこと」と言って...

  • 0
  • 0

「自分を表現すること」と「自分の好きなことを表現すること」のチガイ

「現在の芸術」において、もっとも多くの人が「芸術の中心」に近いものと考えているのは、おそらく「自己表現」だと思います。でも、その「自己表現」という言葉には、あまりはっきりした規定がないような気がするわけです。たとえば、自分の姿や顔を絵にすれば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?たとえば、自分の好きな作家と同じようなスタイルで創作すれば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?たとえば、自分が美し...

  • 0
  • 0

「デジタル画面の限界」:ネット上での「芸術鑑賞」は、これ以上普及しない!(かな?)

今の時代、なんでもかんでもインターネットということに成っているわけで、「芸術鑑賞」もネットの中で十分という人もかなり増えてきたんじゃないでしょうか?それに、『やっぱり「芸術鑑賞」は生で見ないと』と思っている人でも、毎日美術館に行くわけではないし、どういう展示を見に行くかはネット検索で調べてからというのはごく一般的な考えだと思います。要するに、「芸術の価値」の多くの部分が、まず初めの段階で「パソコン...

  • 0
  • 0

「芸術作品」は人が乗り越えていくための「布石」に成る

「芸術作品の存在意義」はいろいろあるでしょうが、その中の一つとして「布石」ということがあると思うわけです。つまり、「人が乗り越えていくためのモノ」ですね。昔の一里塚のような「目安」と言ってもいいのかも知れません。有名な人の作品であれば、それは「教養」としても「知識」としても機能するのかも知れませんし、また、有名無名に関わらず「スバラシイ絵」であれば、それは人の心を喜ばせることが出来るんでしょう。で...

  • 0
  • 0

「芸術年金制度」:「孤独(ヒキコモリ)社会」への提案

前にこのブログで【「芸術売買」と「芸術福祉」】という記事を書いたことがあるんですけど、その話はかなり極端な内容だったので、おそらく読んだ人は誰一人共感しなかったと思います。(まぁ、読んだ人自体がほとんどいなかった可能性もありますけど) ※前に書いた【「芸術売買」と「芸術福祉」】という記事は、  『「芸術」を売り買いするのは止めて、「芸術者」は「福  祉」の対象にすればいいんだ』というようなムチャな...

  • 0
  • 0