FC2ブログ

Archive2014年03月 1/4

【芸術の20世紀・喪失宣言】現代アート・残された最後の提案          

    ※『芸術の20世紀 喪失宣言の説明』と言うカテゴリで、以下の     「宣言文」の説明をしています。     そちらと合わせてお読みになるとわかりやすいと思います。     右側のカテゴリから選択して頂くと表示されます。...

  • 2
  • 0

目次

            はじめに    Ⅰ.【芸術の20世紀 喪失宣言】     ⑴宣言文     ⑵宣言の根拠      1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた      2.21世紀以降の未来へ向けて、新たな芸術を創造することが可能な時代環境       を改めて設定し直す必要がある      3.現状に至って、時代を喪失させることが最良の策と判断した      4.100年回帰の根拠      5.年代区分のま...

  • 0
  • 0

はじめに

           はじめに「20世紀」が半ばを過ぎたころ、1960年に生まれました。30歳になる頃まで芸術や美術に関わる機会はありませんでした。その後、20年以上も経ちましたが、いまだになぜ美術に関わりを持つことになったのかよくわかりません。『もしも、「芸術の中心」という場所があるのなら、そこを見に行きたい』そういう気持ちでこの文章を書きました。団体や組織には属していません。個人的な活動歴と言えるもの...

  • 1
  • 0

【芸術の20世紀 喪失宣言】 ⑴宣言文

    ⑴ 宣言文 『≪芸術史上の20世紀≫を≪喪失の世紀≫とし、1914年~2013年の100年間を芸術史から喪失し、われわれは時代を100年回帰し、2014年(本宣言発表時)をもって芸術史に於ける≪新生芸術の20世紀元年≫とすることをここに宣言する。』※以下において、「芸術」とある場合、主に美術を想定しいる。しかし概念としては芸術全般にも当てはめることができると判断し、「芸術」としている。 ※以下において、「われ...

  • 0
  • 0

 ⑵宣言の根拠 1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた

以下に、この「宣言」を発表する理由をあげる。1. ≪芸術の20世紀≫は喪失していた20世紀の芸術において、私が第一番に思うことは、「~イズム、」・「~イスト」・「~主義」・「~派」、さらに、それらそれぞれに「ポスト~」・「ネオ~」、そして、それらの複合型と数え上げたらきりがないくらいの主義主張やスタイルが、次から次へと生み出されていったということだ。それらは概して短命で、次に替わるものが現れたとたんに、...

  • 2
  • 0