FC2ブログ

Archive2014年05月 1/3

「お金」と「芸術」の共通点

「芸術」と言うと、「お金」とは正反対のところにあるものという捉え方をされていますけれど、この二つには、共通点があると思うわけです。それは、両方とも賞味期限がないことなのです。食べ物ではないので、賞味期限と言うのはおかしいんですが、要するに、無期限の価値を持っている(与えられている)ということですね。お金(通貨)というのは、それを発行している国が崩壊すれば価値がなくなるし、「芸術作品」も、その作者の...

  • 0
  • 0

「芸術」の競争

現代社会においては、競争と言うと、自由競争とか切磋琢磨といった、前向きなものとして、捉えることが前提になっているように思います。競争から離脱することは、「ドロップアウト」または「後ろ向き」という扱いになるわけですね。でも、実は、競争がそういう前向きな作用を持っていた時期はもう過ぎてしまって、競争が「足のすくい合い」になっているように思うのです。たとえば、「ものづくり」において、物を作る企業や芸術の...

  • 0
  • 0

「真術」は設定することに意味があったのです

このブログの主題でもあります「宣言文」において、「真術」は芸術の中心にある領域だと規定しているわけですけれど、この「真術」と言う言葉には、私自身も、なかなか馴染めないでおります。でも、私はそれでも構わないのかなと思っています。なぜならば、この「真術」は区分すること自体に意味があるものであり、その名称自体は、それほど重要であるとも思っていないからです。ただ、現在において、あまりに芸術と言う言葉の規定...

  • 0
  • 0

「真術」は設定することに意味があったのです(続き)

前の記事の続きです。わたしは「真術」を「真実の追究」という方向で設定したのですが、実を言えば、それすらも重要なこととは言えないのです。実際に重要なのは、芸術に対して専門的な見解を持っている人も、そうではない人も含めて、、『芸術とはだいたいこういうものだ』と言う共通の認識が出来上がることであって、目印のピンが地図上のどこの位置に止められているのかと言うことよりも、そのピンが「芸術」を規定するピンであ...

  • 0
  • 0

「芸術者」という考え方

「芸術家」という言葉はあるんですけど、「芸術者」という言葉がないんですねぇ。「技術者」とか「労働者」はあるのに「芸術者」はない。同じように、「書道家」とか「文筆家」とか「武道家」なんかも「〇〇者」がないですよね。どうも、こういうのが「エラソウ」に聞こえるんですね。「芸術家」の人の中でも『私が芸術家です!』と言い切る人って意外と少ないような気がします。人から言われると否定しない人が多いですけどね。(...

  • 0
  • 0