FC2ブログ

Archive2014年09月 1/4

「具象」と「抽象」の融合

「抽象」という概念はかなり昔からあったのでしょうが、その概念が芸術上の理念として確立されて、明確な方向性を与えられるようになったのは、20世紀に入ってからなのでしょう。以来、それは、常に「具象」と対立または対比するものとして、考えられてきたと言えると思うのです。でも、その対立や対比には意味がなくなってきていて、この二つを圧縮して融合させることが求められて来ているように思うわけなのです。これまでにも、...

  • 0
  • 0

「芸術」は「自己満足」なのか?ということ

芸術表現や創作することについて、『そういうのは、所詮自己満足だろ』と言うことがよくあるわけです。第三者が言うことよりも、作者本人が言っていることの方が多いように思います。そして、私もよく言っていたと思います。でも、本当は、「自己満足」なんかじゃないと思うわけです。本当に「自己満足」だと思っていてやっているわけではなくて、どこかで、自分以外の人にも〝伝えたい"いや、〝伝わってほしい"と思ってやっている...

  • 0
  • 0

芸術における「完成度」とは?

芸術作品においては、その「完成度」によって評価が下されることが多いと思うわけです。それが間違いだとは思わないのですけれど、果たして可能なことなのかなと。現代の芸術が、多様な方向性を持っているということは、誰もが認めざるを得ないことに成っていると思うわけです。それは、一人に一つの方向性が認められている状態と言えるでしょう。その前提で言うとすれば、そこで言う「完成度」とは、一人に一つの「完成」を想定し...

  • 0
  • 0

「著作権」は守ってくれない!

「著作権」と言うものが、創作者の権利を守っているということに成っているわけですけれど、これは、少し違うように思うわけです。要するに、「著作権」が「創作者」の間に極端な格差を生み出してしまっているということですね。例えば、現在、プロスポーツの世界などを見ても、一部の選手の報酬が度を越して高額に成ることで、そのスポーツの世界全体の首を絞めることに成ってしまうということが、起きて来ているわけです。つまり...

  • 0
  • 0

「人間性の芸術」

芸術表現に必要不可欠なものとは何でしょうか?人それぞれに、考えるところがあると思いますけれど、私は、「具象」・「抽象」・「人間性」の三つだと思っております。「具象」は表現力であります。「抽象」は精神性であります。そして、「人間性」は、その精神性の中でも最も〝芸術であること"そのものであり、また、人間にとって最も具体的なことでもあるわけなのです。つまり、「具象」と「抽象」の「二極」をまとめて〝力と形"...

  • 0
  • 0