FC2ブログ

Archive2014年12月 1/4

「あやまる」という文化

「あやまること」は一つの文化だと思うわけです。よく、『日本人は自分が悪くもないのに誤ってしまう』とか、『西洋人はなかなか謝らない』などと言われたりもしますが、こういう「あやまること」に対する考え方と言うのは、その国の文化を象徴しているのだと思うのです。そして最近、日本人でも「あやまれない人」が増えてきているように思うわけです。要するに、これは考え方が「西洋化」してきているのだと思うのです。このこと...

  • 0
  • 0

「20世紀美術」と言う実験

「20世紀美術」においては、たくさんの主義主張が現れては消えて行き、その結果として、様々な「~イズム」と名付けられるようなものが生み出され、また、それらに基づいた作品も数多く残されたわけです。そして、それらを主導した人たちは巨匠と呼ばれるように成り、彼らによって残された作品は名作と呼ばれるように成っていったわけです。しかし、それは本当に「完成形」だったのでしょうか?もともと、芸術に完成など無いとも言...

  • 0
  • 0

「創作者型」と「鑑賞者型」を分けて考えてもいいのでは?

「創作者型」の人と「鑑賞者型」の人というのがいるように思うのです。そして、この二つのタイプを、もう少し分けて考えてもいいような気がするわけです。そうは言っても、両面を併せ持った人もいるでしょうし、本人もどちらかわからない場合などもあるでしょうから、『もう少し分けて考えてもいいのかな?』と言う程度のものですが、少なくとも、一人の人間がこの二つの性質を同時に併せ持っているとは限らないという認識ぐらいは...

  • 0
  • 0

「~ではないですよ」ということを装ってしまう

『やりたくてやってるわけじゃないですよ』とか、『意味があってやってることではないですよ』とか、いろいろな形で『~ではないですよ』というのを言ってしまうことがあるわけです。でも、これが本心と違う場合も多いような気がするのです。これは、相手に予想された通りの自分であることが、なんとなく悔しいんですね。それで、ついつい『そんなことないですよ』と言いたくなってしまうわけなのです。そして、これは「芸術」に関...

  • 0
  • 0

「ブログ」の中の「ブログ性」

この「ブログ」を始めてから、そこそこの日数がたったので、私にも『自分にとってブログとは何なのか?』という位置づけが、少しづつ出来てきたような気がするわけなのです。もともと、私は「ブログ」を読むという習慣が無かったのですけれど、「ブログ」を始めてみて、実際には、いろんな「ブログ」があるものだなと思いました。そんな中で、自分にとっての「ブログ」の位置づけは、『やっぱり、日記に近いものなのかも知れない』...

  • 0
  • 0