FC2ブログ

Archive2015年01月 1/4

「抽象」は「具象」の反対なのか?

「抽象」と「具象」は、一応は反対のものということに成っているわけですけれど、この二つは、「二極」を成すものではあっても、正反対ではないのだと思っているわけです。つまり、割と近い範囲での「二極」ということだと思うのです。「抽象」と言うと、どうしても「具象」と正反対のことを思い浮かべててしまいがちなわけですけれど、でも、実は、「抽象」と「具象」は「表現」と言う狭い領域の中で両極にあるというだけで、世の...

  • 0
  • 0

「アタマがイイ」と言われる「頭の良さ」

『あの人は頭がいいよね』と言うときの「頭の良さ」が、言う人によって随分違うなと感じることがあるわけです。まず、学歴偏重系の人ですが、もうそろそろ、そういう人もそんなには居なくなったのだろうと思うと、まだまだ、けっこう居るみたいですね。さすがに、高学歴=”エライ”という人は少なくなりましたけれど、「アタマがイイ」となると、俄然と学歴偏重色が強く出てきます。要するに、その人たちは「勉強ができる」というこ...

  • 0
  • 0

いろいろなことを巻き戻したいわけなのです

唐突ですが、いろいろなことを巻き戻したいわけなのです。つまり、今の「時代」が受け入れられないわけです。『いい年をして、なにを”コドモじみた”ことを言っているのか!』と言われるんだろうなとは思うのです。それでも、この「時代」は受け入れがたいわけです。「芸術」なんかに限ったことでもないのです。自分だけのことでもなくて、誰のことでもなくて、すべての人のこととして、いろいろなことを、少し巻き戻してもいいんじ...

  • 0
  • 0

いろいろなことを巻き戻したいわけなのです(続き)

前の記事の続きです。私は自分なりに、少し「時代」を”巻き戻す”ことにしたわけですけれど、『なぜ、そこまでして「いま」を拒否しようとするのか?』という疑問があると思うわけです。私の場合は「芸術」をきっかけにして、これを始めることに成ったわけですが、「いま」と言う時代の中で、「芸術」を真面目にやってみようと思った時に、この時代の中に居たままでは、自分は、「芸術の中心」には入っていけないだろうと思ってしま...

  • 0
  • 0

いろいろなことを巻き戻したいわけなのです(続きの続き)

しつこいですが、更に続きです。さて、『なぜ、過去に巻き戻すのか?』ということです。『未来へ向かえばいいじゃないか』その通りなのだと思います。本当なら、一足飛びに「未来」へ向かって行けばいいわけですが、でも、『向かって行く”場”がない』と思ってしまうのです。「未来」と言うのは、”まだ無いもの”ですから、そこへ行くべき”場”として設定しにくいのです。それができる人もいるのかも知れませんけれど、やはり、イメー...

  • 0
  • 0