FC2ブログ

Archive2015年05月 1/1

「職業」じゃない「シゴト」

【職業:専業主婦】とか 【職業:学生】とかっていうのに、ちょっと引っかかりがあるという人は、私だけでもないんじゃないかと思うわけです。昔から思っていたんですけど、「専業主婦」とか「学生」って「職業」なんですかねぇ?もし、そうだとしたら「主婦」は「家庭」に、「学生」なんて「学校」に就職したって話になりますけど(それは先生でしょ!)、そうなんでしょうか?まぁ、そういうのはヘリクツなんでしょうけどね。で...

  • 0
  • 0

「時代」が動いて行く方向

「時代」が動いてゆく方向と言うのは、かなり先のことまで、前もって決まっているものなんじゃないかと思うのです。そもそも、「時代」と言っていますけれども、その「時代」と言うものは、人間の意識の中にしかないわけで、時間や歴史と言う感覚を持っていないであろう人間以外の動物は、おそらく、「時代」ということも感じていないんだろうなと思うわけです。要するに、「時代」は「社会」の中にしか存在しないんだと思うわけで...

  • 0
  • 0

「話」には「層」がある

「話」には「層」があると思うのです。一つの「話」をしている時には、本来、一つの「層」の中で「話」をしている”ハズ”なんだと思うわけです。例えば、「冗談」を言っている時には、「冗談」と言う「層」で言っているわけで、それに対して、誰かが、「冗談」以外の「層」で言葉を返すと、それが「冗談」として成り立たなくなってしまいます。それと同じように、どんな「話」にも、それぞれ、その「話」に見合った「層」があって、...

  • 0
  • 0

「抽象」は「偶像」を壊すことから始まるのだと思うのです

現在考えられているところの「抽象芸術」と言う概念が、出てきてから約一世紀ほど経ったわけです。「抽象」は「具象」から抜け出して、新たな領域を開拓するために生み出されたんだと思うわけですが、その為か、「具象」を破壊することが目的になってしまって、その後、方向性を見失ってしまっているように思えるわけです。もともと、「完全な具象」も「完全な抽象」も、現実に成り立たせることは不可能でしょうから、「抽象表現」...

  • 0
  • 0

「迷うこと」は美しい

「迷いが無いこと」は、だいたい「良いこと」と言われているんでしょうけど、これからの「芸術」においては、「迷うこと」が必要になるんだと思っているわけです。と言うか、「迷わないこと」は、もうすでに「美しいこと」とは言えなくなってしまっていると思うわけです。例えば、古典的な技法に基づいて絵を描くときには、努力や修練は必要ですが、「迷い」は必要とは言えないでしょう。むしろ、迷わずに技法書に書いてある通りの...

  • 0
  • 0

「お金」って「シゴトの報酬」に向いていないんじゃないでしょうか?

「シゴト」の「報酬」といえば、当然「お金」ということになっているわけですが、実は、「お金」は「シゴト」の「報酬」としては、けっこう不適切なものだと思うのです。よく、『「お金」はあっても邪魔にはならないだろう』なんて言われますけど、要するに、それだけ、あれば便利なものだということでしょう。確かに、置いておいても腐るわけでもなく、都合よく、なんにでも姿を変えてくれる「お金」は便利なものではあるわけです...

  • 0
  • 0

「ボヤケタモノ」を鮮明に描く

「抽象絵画」は「具象表現」から抜け出すこと、つまり、「形を崩すこと」や「形を使わないこと」に終始してきたんじゃないかと思うわけです。でも、この考え方で絵を描こうとしていくと、どうしても方向性が見えなくなってきて、最終的には行き場を失ってしまうんじゃないかと思ったわけなのです。『ここに居て、いくら頑張ってもダメなんじゃないか?』と感じてしまったわけですね。でも、「抽象表現」は捨ててはいけないものだと...

  • 0
  • 0

「GOLDEN JUST PAINT」

「JUST PAINT」と言うのは、主にアクリル絵の具を作っている「ターナー社」のサイトに不定期で刊行されている、画材やターナー社のブランド「ゴールデン・アクリル絵の具」等についての、研究結果や分析などを公開したりしている情報マガジンです。これが、とても読みごたえがあって、役に立つので時々利用させてもらっています。このマガジンは役に立つのもいいんですですが、何よりいいのは、画材や絵具に対する作り手の愛情がこ...

  • 0
  • 0

「本当のことを言うこと」

「本当のことを言うこと」は、とても大事なことだと思うのです。『そんなことは、当たり前だろう!』と言われてしまうかもしれませんが、これが、意外とできないということがあるわけです。人間は、基本的に「本当のこと」を言われるのが嫌いです。他人事としての「本当のこと」までは、なんとか受け入れるんですが、自分のことと成ると、ほとんどの人が、「本当のこと」を受け入れません。単純に「自分の間違い」を認めることです...

  • 0
  • 0

「自己を拡大すること」と「自己を表現すること」

「現代の芸術」と言うは、一言で言えば「自己を表現すること」なんだと思っているわけです。過去においては、「芸術」と「技術」の区別が、今よりも曖昧であったように思いますから、必ずしも「自己表現」としての比率が高いとは言えないものでも、「技術的」に高い水準に達していれば、「芸術」とみなされることが多かったんだと思います。しかし、「現代」においては、ある程度「芸術」と「技術」は区別されて来ていますから、い...

  • 0
  • 0