FC2ブログ

Archive2015年06月 1/4

【芸術の20世紀喪失宣言】:「宣言」について

このブログは、【芸術の20世紀喪失宣言】と【真術の紀元宣言】と言う、二つの「宣言文」をメイン・テーマとしております。この二つの「宣言文」のうち、主に【芸術の20世紀喪失宣言】について、遅ればせながら、これから少しづつ説明を加えて行こうかと思っております。まず、この二つの「宣言」は、私が自己作品の創作に当たっての「姿勢」を示したものです。「宣言文」の中にも書いてある通り、私といたしましては、「宣言文...

  • 0
  • 0

【芸術の20世紀喪失宣言】:「はじめに」の説明

このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。(このカテゴリの最初の記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います)「はじめに」と言う項目では、以下の「宣言文」が、なんの地位も立場もない「わたし」という人間が書いたものであるということ、そして、そんな「わたし」が「自己作品」を通して「芸術」に深く関わって行こうとしていること、その上で、どうしてもこれを「宣言する必要」があっ...

  • 0
  • 0

ウェブ上に「常識」は形成されるのか?:ネット社会の「疑心暗鬼」

ネット社会と言うのは、とても「疑心暗鬼」を生みやすい仕組みになってしまっていると思うのです。このブログを始めてから気が付いたんですけど、ウェブ上のコミュニケーションには、「常識」と言えるものが、まだ出来ていないように思うわけです。まぁ、現実社会の「常識」ですら曖昧に成りつつあるようですから、当然と言えば当然かもしれないですけどね。私は、このブログを始めるまで、「ウェブ上の常識」に当たるものが、もう...

  • 0
  • 0

(2)宣言の根拠1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた:の説明

このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)(1)「宣言文」は飛ばして、(2)宣言の根拠:から説明いたします。1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた:と言う項目から始めます。まず、はじめに、≪芸術の20世紀≫においては、さまざまな「~イズム」が現れては消えていったことを書いています。それらの「~イズム」に...

  • 0
  • 0

「世間の基準」と「自分の基準」

「世間の基準」と「自分の基準」が一致していることってあるんでしょうか?実際には、これは”ほとんど無い”と思うんですよね。例えば、「いま流行って”イル”もの」を、もともと自分が好きな人っているんでしょうか?もし、そうだったら、その人は、もしも、それが流行って”イナクテモ”それが好きなはずなんですけど、「いま流行って”イル”もの」が好きな人は、「いま流行って”イナイ”もの」は好きじゃないんだと思うんですね。逆に...

  • 0
  • 0