FC2ブログ

Archive2015年07月 1/3

「テレビ」考

放送が地デジ化した時から、テレビを見なくなって数年たちましたが、まったく”見たい”と思いません。これは、けっこうショッキングでしたね。なにせ、完全な「テレビ世代」ですから、当然すぐに耐えられなくなって、テレビを買うんだろうなと思っていたんですよねぇ。(私の場合、テレビを見られる契約は、なんにもしていません。見るとしたら「YOU TUBE」ぐらいですか?)ところが、一か月たっても、二か月たっても、まったく見た...

  • 0
  • 0

「時間」には、本当に「今」しかないのか?

「時間」とか「時代」と言うものを考える時に、「過去」や「未来」と言うのは、実際に「存在」しているわけではないから、実際に「存在」するのは、「現在」=「いま」だけなんだ、ということを言うことがあるわけです。でも、本当にそうなんでしょうか?確かに、「現在」以外の「時間」や「時代」と言うものは、どこにも「存在」はしていませんね。でも、それは「時間」を「点」で捉えた考え方なんじゃないかと思うわけです。実際...

  • 0
  • 0

2.≪喪失≫の実践について ②美術館の展示内容や企画について:の説明

このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)こちらの項目では、美術館での≪芸術の20世紀喪失≫について書いています。そうは言っても、美術館サイドで『只今より、≪芸術の20世紀≫を喪失しました』とはならないでしょうから、『「喪失」については、こちらの頭の中でやりますよ』ということなんですが、それでも、こ...

  • 0
  • 0

2.≪喪失≫の実践について ③マスメディアとの関係 ④「宣言」の再検討 :の説明

このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)③はメディアについて、④は≪芸術の20世紀≫を再検証することについてです。まず、③のメディアについてです。これは、あまり大事なところではないので特に書くこともないんですが、取り敢えず、この「宣言」の主要な内容は、「数」的な問題ではなくて、「質」的な問題に関す...

  • 0
  • 0

「技術」に頼らず「技術」を使う

これは「芸術」に限ったことでもないんだと思いますけど、どんな分野でも、「技術」と言うのは、とても「堅実」な感じがするわけです。だから、どうしても、そこに頼りたくなるのです。でも、それが「芸術」にとっては、どうも良くないんだと思うわけです。たしかに、「技術」は努力すると、その分、確実に身に付いてきますし、人からも理解されやすいですから、使いたいものなわけですね。でも、使っているうちにいつの間にか、そ...

  • 0
  • 0