FC2ブログ

Archive2015年09月 1/2

「快楽物質」と「異常性」

「気持ちいいこと」は、とてもいいことだと思うのですが、そういう「気持ちいい時」には、人間の脳内に「快楽」を生み出すような物質、いわゆる「快楽物質」が出ていると言われているみたいですね。(詳しいことはわかりませんけど)たとえば、「パチンコ」にハマってしまう人は、「大当たり」したときに、脳内に「快楽物質」が出ているらしいです。そして、その「快楽」を求めて、また、「パチンコ屋」に吸い込まれていくというこ...

  • 0
  • 0

「写実的な抽象」

「具象」と「写実」と言う二つの言葉を、ほとんど同じような感覚で使ってしまうことがあるわけですが、実は、この二つには、けっこう違う意味があると思うのです。「具象」と言うのは、「物質の持っている力」を借りることだと思っています。たとえば、「形」や「色」などを「物の形」や「物の色」から借りるということですね。これは、基本的に、本来の目的は別にあって、その為に「借りる」ということなんだと思っているわけです...

  • 0
  • 0

日本は、まだ半分しか「開国」してない?

日本という国は、「明治維新」の時に、「鎖国」を解いて「開国」したということに成っているわけです。でも、今の日本人を見ていると、『まだ、鎖国してるんじゃないか?』と思うことがよくあるわけです。要するに、「封建的」な人が多いということでしょうね。なにか、こう、「開かれた感じ」がないんですよね。別に、「鎖国」=「封建的」でもないんでしょうけど、取り敢えず、「地位」とか「身分」とかを抜きに、人間関係を考え...

  • 0
  • 0

「人が美しく見える時」と「人が醜く見える時」

『人間と言うのは美しいものだなぁ』と、つくづく思うときがありますけど、逆に、『人間とはなんと醜いものか』と思うときもあったりします。『美しいものだなぁ』の時は、涙が出るほどうれしく成りますが、『なんと醜いものか』の時には、涙を流すほどの気力も削がれて、堪えらえないほど悲しく成ります。そこで、「人が美しく見える時」と「人が醜く見える時」とは、どんな時なのかと考えてみたわけです。つらつらと考えてみたと...

  • 0
  • 0

「福祉」と「競争」

日本では、「年金制度」が崩壊しつつあるわけですが、その原因としては、急激な「少子化」と「高齢化」があげられることが多いんでしょうね。でも、本当のところを言えば、「少子化」や「高齢化」が無かったとしても、もともと、「年金制度」のような「社会福祉制度」と「自由主義」の方向性が一致していないということなんじゃないかと思うわけです。「自由主義」を「経済」に偏重した使い方をすれば、「競争」しか残らなくなって...

  • 0
  • 0