FC2ブログ

Archive2015年10月 1/3

「文明は人の思考を停止する」・「文化はそれを再起動させる」

「文明」と「文化」の違いは、「物質的」と「精神的」と言う違いだといっていいんだと思うんですね。そして、「文明」を生み出すためには、「文化」が必要だし、「文化」を達成したり維持したりするのには、「文明」が不可欠だと言えるんじゃないでしょうか?そうやって、関連し合って、進んでいるのが「文明」と「文化」なんだと思うわけですけど、この二つには、「人の思考」のスイッチの「ON/OFF」を切り替える機能もあるんじゃ...

  • 0
  • 0

「自我」

人間は、ごく幼い時期に「自分」と言う存在を意識するように成るみたいですね。いわゆる「自我」ですね。「我が強い」とか、「我を張る」なんて言い方もあったりしますけど、そういうのなんかも、たぶん「自我」に含まれるんでしょうね。この「自我」の使い方なんですけど、「自我」には、使い方によって「プラスの作用」と「マイナスの作用」が大きく分かれてしまう性質があるんだと思うんですよね。さしづめ、「我が強い」や「我...

  • 0
  • 0

スポーツは本当に体にいいのか?

一般的に、「スポーツ」は体にいいということに成っているわけですけど、必ずしも、「スポーツマン」が長生きだったり、病気をしなかったりということでもないようですし、また、「スポーツ」をやっている人の方が短命だという説なんかも聞いたことがあるくらいですから、『本当に、スポーツって体にいいの?』と思ってしまうわけなのです。本当は、「体にいい」のは「運動」であって、「スポーツ」じゃないんじゃないかと思うんで...

  • 0
  • 0

「風景画」・「静物画」・「人物画」

「具象絵画」の代表的なものと言えば、「風景画」・「静物画」・「人物画」ということに成るでしょう。私の勝手な持論ですけど、「抽象絵画」と言うのは、「風景画」でもあり、「静物画」でもあり、「人物画」でもあるというのがイイんじゃないかと思っているわけです。つまり、これら三つの「いいところ」をあわせもっているのが「理想」ということですね。当然、「現実的な話」ではないです。 ※これら三つのどれでもないものが...

  • 0
  • 0

「動く層」

油絵具の特徴は、なんといっても、絵具を重ねていったときに出て来る複雑な色合いだと思っているわけです。それで、その過程で、いろいろな「色の効果」が現れて来る瞬間が、タマラナク好きなので、油絵具から離れられないと言うわけです。そんな中で、絵具を溶く油(画用液)に工夫をしたり、絵具を乗せる厚みを変えたりと言う工程が、発生してくるわけですね。そういう工程のことを細かく言うのは、無意識でやっていることも多い...

  • 0
  • 0