FC2ブログ

Archive2015年12月 1/2

[20世紀以前の美術」と「20世紀以降の美術」

「芸術」にとって、「20世紀」と言う時代が決定的な転機であったということは、多くの人が認めることだと思うわけです。それで、何が変わったのでしょうか?「20世紀以前」と「20世紀以降」とでの、”決定的なチガイ”って何なんでしょうね。こういうのって、意外と考えないんですよね。あまりにも”チガイ”過ぎるんで、どこが”決定的なチガイ”なのかなんて、どうでもよくなってしまうのかも知れませんね。実際、「20世紀以前...

  • 0
  • 0

「物語り」はソコにある

人の「人生」には、それぞれの「物語り」があると思うわけです。でも、時々、そういう「人生の物語り」が、軽んじられているように感じてしまうことがあるわけですね。つまり、何か特別なことをやり遂げた人の「人生」にある「物語り」と、ごく平穏な「人生」を送った人の持っている「物語り」の価値が、随分と違うものとして考えられているように感じてしまうわけですね。でも、実際は、「物語り」と言うのは、「視点」の置き所で...

  • 0
  • 0

『わるい作品なんてない!』・・・・でしょ?

「芸術作品」と言うと、どうしても「スバラシイ作品」と「マアマアの作品」と「ダメな作品」があって、「スバラシイ作品」を作った人は”エラクて”、それ以外の人は”ドウデモイイ”って言うことに成っているところがあるわけですけど、私は、基本的に「芸術をやろうと思うこと」自体が、すでに「スバラシイこと」なんだと思うわけです。だから、その結果、出来てきた「作品」に「出来のイイモノ」と「出来のワルイモノ」があったとし...

  • 0
  • 0

「最大の罪」と「最多の罪」

「罪」っていうのは、「悪いことをすること」ではなく、「悪いと思っていることをすること」なんだと思うわけですが、その「罪」の中に、「最大の罪」と「最多の罪」があると思っているわけです。 ※本当の意味で「善悪」を追求していけば、そう簡単に答えが出せなくなりますが、  「自分が悪いと思っていること」を、その人自身がやってし待った場合は、それを  「悪くない」という理由がないように思いますので、それを「罪...

  • 0
  • 0

「考える芸術」

「芸術」が考えるものに成ったのは、いつの時代からなんでしょうね?少なくとも、ルネッサンスの時代の工房制作に置いては、「芸術」は「職人仕事」に近いものだったんだと思うわけです。(職人が考えないということではないですけどね)それが、徐々に専門性を高めていって、技術的な研究を通して、「考える」と言う要素が多く成って行ったんでしょうね。そして、その後、「芸術」の中で、「作家個人の表現」と言う意味合いが強く...

  • 0
  • 0