FC2ブログ

Archive2016年02月 1/2

「エコロジー」と「人間の意識改革」の競争

「地球的資源の枯渇に対する危機」が叫ばれてから、既に相当な時間が経っていると思うわけですが、なかなか「資源の安定した確保」への道筋は見えて来ないという状況ですよね。そこで、「エコロジー」と言う、なかなか気の利いた言葉が出てきたわけですが、「エコロジー」と言う概念が現れてきてからも、また更に、かなりの時が経ってしまい、もはや「エコロジー」も、やや「新鮮さ」を失いつつあるというところじゃないかと思うわ...

  • 0
  • 0

「イイ偶然」を固める

私は、絵を描くうえで、いつも『偶然をあてにしよう!』と思っているわけです。それは、必ずしも、「テキトーにやって成るように成った状態」と言うのではなく、作品を、「自分の作為」から外れたところに持っていく、という作業なんだと思っています。そして、いつも次から次へと現れては消えていく「偶然」のなかで、「イイ偶然」を見つけ出して、それを固定していこうという気持ちでやっています。これは、20世紀の中ごろに行...

  • 0
  • 0

「流行の素」

前に、このブログで【「ポピュラー性」について】と言う記事を書いたことがあるんですけど(2014年12月17日に書いています)、「流行するモノ」とはどういうものなんだろうか?とよく考えるわけです。つまり、「流行の素」ですね。正直言うと、私自身は、「流行するようなモノ」はあまり好きではない場合が多いみたいです。「流行自体にあまり興味がない」と言うのもありますけど、「流行するようなモノに共通の”ナニカ”が...

  • 0
  • 0

「変わり者」と「変わり者じゃない者」

「変わり者」っていうと、あまり「いいイメージ」ないですよね。でも、私といたしましては、「変わり者じゃない者」の方が、よっぽど「いいイメージ」ないわけです。そもそも、「変わり者」っていってますけど、本来、「人間」って、全員「変わり者」であるハズなわけです。その人が、その人自身の本来の姿であればあるほど、他の人から見たら「変わり者」に見えるハズなわけで、そんな中で、「変わり者じゃない者」が居るとすれば...

  • 0
  • 0

「ソントク」より「カチマケ」

現代社会と言うのは、いろいろなことが、なんでも「勝負」になってしまうわけなのです。「競争社会」ですね。それで、とにかく、何でもかんでも「カチマケ」になってしまうわけですね。こういう状態で、一番困るのは、何でもかんでも「カチマケ」ですから、そこにルールが設定されていませんし、それ以前に、そこで「勝負」が行われているのかどうかということ自体が、ハッキリしないということです。片方の人が「勝負」なんてミジ...

  • 0
  • 0