FC2ブログ

Archive2016年03月 1/2

絵画空間における「ユガミ」

「ユガミ」のある絵が好きなんですねぇ、私は。ナゼなんでしょうかね?わかりませんねぇ。取り敢えず、完璧に描かれた絵もイイとは思いますけど、その「完璧」の中に「ユガミ」はないかと探してしまいますねぇ。そして、それを見つけられたときには、その絵がより一層好きになるという感じですね。「ユガミ」って、描いた人の「一番の特徴」なんじゃないかと思うんですよね。だから、「ユガミ」のある絵を見ると、その人が、そこに...

  • 0
  • 0

「芸術における不満」

「不満」と言うと、いいイメージがないかも知れませんけど、じつは「不満」は、何かを追究するうえで、絶対に必要なモノと言っても過言ではないと思うのです。 ※ここで言う「不満」は、「自分に対する不満」ということですね。  社会や人など「自分以外に対する不満」は、これとは違うと思います。「芸術」などにおいて、何かを追究することを考えた場合、「満足」と「不満」だったら、絶対的に「不満」の方が有効なんじゃない...

  • 0
  • 0

「芸術」に必要な「環境」

「芸術」を専門的にやってみようと思ったら、「環境」を整える必要があると思うわけです。 ※ここで言う「専門的に」というのは、別に、「職業的に」ということではありません。  「専門性」と「収入を得るための職業」は、一致しないと思っています。  収入がなくても「専門性」が高い人は、それなりに居ると思いますし、収入を得て  やっている人でも、「専門性レベル・中」ぐらいの人は、たくさんいらっしゃいます。私の...

  • 0
  • 0

「抽象の幅」

「抽象表現」について、ナントナクその「抽象度」で種類を分けているような気がするんですがどうなんでしょう?要するに、「すごくワケノワカラナイヤツ」と「すこしワケノワカラナイヤツ」みたいな感じで、あまり意味のない分け方をされていることが多いような気がするわけですね。でも、実際には、「芸術表現」は、本来すべて「抽象と具象の間」にあるわけで、全てが、どこかしら「ワケノワカラナイヤツ」なわけですから、それを...

  • 0
  • 0

「言語の領域」が「本能の領域」を超えようとしている?

人間には「本能」と「理性」と言う拮抗する二つの領域があるということに成っていますが、実際には、その二つは分けることが出来ないもので、どこからが「本能」で、どこからが「理性」なのかは、誰にも線を引くことは出来ないんだと思うわけです。そんな中で、もし仮に、この二つの領域に「境界線」があるとしての話ですが、人間にとっての「理性」に当たる「言語の領域」が、人間にとっての「本能の領域」を圧倒して、その「境界...

  • 0
  • 0