FC2ブログ

Archive2016年08月 1/2

抽象だけど「形」重視

「抽象画」と言うと、「立体表現」を使わないことが多いと思うわけですけど、実は、「抽象画であること」と、「立体表現を使わないこと」とは、必ずしも、関係ないことだという考え方もあっていいんじゃないかと思うわけです。 ※ここで言う「立体表現」とは、大雑把な言い方をすれば、光と影を使って  形を現すというようなことです私は、「抽象」とは「物事の本質を抽出して現すこと」だと思っているんですが、「本質」と「立...

  • 0
  • 0

「長期間制作」:「スロー・アート」の時代

どうも、私は絵を描くのが遅いみたいなんですね。それで、そのイイワケとして、「長期間制作」と言う方向性を考えてみたわけです。と言っても、必ずしもイイワケだけでもなくて、現在「芸術」が求められているのも「長期間制作」と言う方向性なんじゃないかと思っているわけですね。つまり、何事においても、「短時間」で「手際よく」、そして「スマート」に達成されることの方がより優れていて、「長期間かかること」や、その間の...

  • 0
  • 0

「流行を追うこと」は「今を演じること」

「流行を追う」という言い方がありますけど、現代において「流行を追いかけること」と言うのは、「今を演じること」なんだと思うわけです。要するに、「演技」の一種なんじゃないかと思うわけですね。もし、「流行を追うこと」が「演技」なのだとしたら、それは一種の「虚像」でもあると思うんですが、どうなんでしょうね?つまり、演じている当人の意識とは関係なく、「今」と言う台本に沿って、「演技」しているということに成る...

  • 0
  • 0

「人生の突き当り」

「人生」には、いろんなところに、「突き当り」や「行き止まり」や「袋小路」なんかがあって、だからこそ、『人生はオモシロイ』とも言えますし、だからこそ、『人生はヤッカイなものだ』とも言えるわけだと思いますけど、そういう「人生の突き当り」的なモノが、人間が生きていることを、なんとなく意味のあることのように感じさせてくれているんじゃないのかな?と言う風に思っているわけです。そして、そういう時に、人の心の中...

  • 0
  • 0

「教育主義」の政治を希望します

「民主主義」とか「自由・平等・平和」とかじゃなくて、ましてや、「経済」や「外交」なんかでもなくて、「教育」にもっと力を入れていったほうがいいんじゃないかなと思っているわけです。例えばの話、今よりも10倍じゃなくて100倍くらいですね。(概算です。別に85倍でもいいと思います)と言うよりも、実際は、「政治」が管理するのは「教育」だけでいいような気もしますね。「教育」さえしっかりしていれば、「行政」も...

  • 0
  • 0