FC2ブログ

Archive2016年11月 1/2

現在考えられる「神と芸術」の関係」(つづき)

前の記事からの続きに成ります。さて、「芸術」も「宗教」も、19世紀~20世紀にかけての「人間の意識の変化」によって、「すべて」というモノを目指すようになってきたんじゃないか?ということです。こういう傾向はけっこう前から続いているんだと思いますけど、「すべて」は、そう簡単に到達したり現したりできないので、なかなかそこから卒業できないというところなんでしょう。ただ、ここで一つ問題があって、「宗教」において...

  • 0
  • 0

「絵の大きさ」について

「絵の大きさ」っていうのは、どうやって決めるもんなんでしょうね?何が言いたいかと言うと、ちょっと「絵の大きさ」が大きくなりすぎているんじゃないかと思うわけです。昔から、大きな絵はあったでしょうが、昔から、今ほど「大きな絵が主流」と言うことでは無かったんじゃないかと思うわけですね。私の場合は、キャンバスを張る木枠を自分で作っているので、「大きさ」も、「縦・横の比率」も、自分勝手に決められるわけなんで...

  • 0
  • 0

「スピリチュアル」が「一人カルト宗教」に成ってしまうという危険性

この10年~20年ほどの間に、「スピリチュアル」とか「スピリチュアリズム」という言葉を耳にする機会が、ずいぶん増えたように思うわけですが、まぁ、「ブーム」っていうことなんでしょうね。たぶん。「ブーム」なんて言うと、怒る方も居らっしゃるでしょうが、「スピリチュアル」をやっている人が、みんな「極める」っていうような方向でやってるわけでもないんでしょうから、現在の、「スピリチュアル信者急増」は、やっぱり...

  • 0
  • 0

「心の省資源化」:「精神的エコロジー」こそ大事なのでは?

「省資源化」とか「エコロジー」と言うと、「物質的な資源」の「無駄」を減らそうということだと思うんですけど、実際に、今一番「無駄」にされているのは「人間の精神」ではないかと思うわけです。そして、「精神」こそ、最も「無駄にしてはいけないモノ」なんじゃないかと思いますし、「精神を無駄遣いすること」は「物質的な資源」を「無駄にすること」以上に、人間にとってもマイナスなんじゃないかなとも思うわけなのです。「...

  • 0
  • 0

美術館はもっと「簡素な空間」でいいんじゃないだろうか?

美術館と言うと、かなり大きな施設であることも多いですし、それなりに、ゴージャスな造りになっている場合も多いと思うわけですが、このところ『美術館って、もっと「簡素な空間」でいいんじゃないか?』と思うことがあるわけです。つまり、美術館と言うのは、「単なる箱」でいいんじゃないかと思うわけですね。高額の「美術品」を扱うことがあるので、セキュリティーの問題はあるんでしょうが、その点は置いといてと言う話であれ...

  • 0
  • 0