FC2ブログ

Archive2017年03月 1/2

「多数決」と言う「催眠術」

このブログでも何度か書いたんですけど、現在「多数決」というシステムはまったく機能していないと思うわけです。とにかく、国会議員の選挙から家族会議に至るまで、「多数決」というシステムがうまく機能していることがほとんどないと言ってもいいくらいに、全く役に立っていないというのが実体じゃないでしょうか?そして、更に言うと「多数決」が最もおかしな方向に迷走した場合、「多数決」は人間に対して「催眠術」のような作...

  • 0
  • 0

「芸術の20世紀」と言う「洗脳」

このブログは「芸術の20世紀喪失宣言」というタイトルなんですが(この前まで、もっと長かったんですけど、最近になって短くしました)、なんで「20世紀喪失」なんて言うことをやっているかと言えば、『受け入れられなくなったから』ということなわけです。つまり、私は20世紀」という「時代」を受け入れられなく成ってしまったわけです。(「芸術」に限った話でもなくてですね)そして、その「20世紀」の発端にあるのが「...

  • 0
  • 0

「芸術」は「捨て石」によって創られる?

「芸術」と言うのは「捨て石」の数で創られていくところがあると思うのです。たとえば、一人の作家の中で言えば、駄作とまでは言わなくても「いま一歩」な作品や「ナニカが足りない」作品をたくさん描いているうちに、いつしか「その人の中の傑作」と言えるような作品が出来るということはあると思うわけです。まぁ、私の場合だと『これ、もしかして自分にとっての傑作?』ぐらいですが、それでも、時々は『もしかしてイイんじゃな...

  • 0
  • 0

「長い題」:詩のような題

絵に「長い題」をつけようと思うように成ったのは、このブログをやっていたからだと思います。今後も、自分の絵に、「詩のような題」をつけていきたいと思っています。以下の文章は追記を重ねているために、ややわかりにくいかもしれません。※こちらの記事と合わせてお読みに成ると、少しはわかりやすく成るかと思います。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~※この記事を書いた時点で、既に「長い題」(その...

  • 2
  • 0

「長い題」=詩のような題(その1)

先日このブログの記事で、「無題と言う題」はなるべくなら使いたくないので、「秘題」という考え方をしていきたいというようなことを書いたので、それとは、やや反対方向の話に成ってしまうんですが、ここでは「長い題」について考えてみました。 ※「秘題」と言うのは、「テーマ」や「タイトル」がないわけではなく、でも、それを  言葉にするのは難しいので、『題はあるけど隠されている』というような意味です。  そちらも...

  • 0
  • 0