FC2ブログ

Archive2017年08月 1/2

「才能」とは「世間的な評価」のこと

このブログでも何度か書いているんですけど、私は、いま言われているところの「才能」とか「個性」という言葉が、非常に無意味なものに思えるわけなのです。だから、『この二つの言葉はもうやめてしまってもいいんじゃないか?』と思っているくらいなんですね。とにかく「才能」とか「個性」と言うときに、それが「ある人」と「ない人」に分けられてしまうんですねぇ。これは現在「才能」や「個性」という言葉に与えられている設定...

  • 0
  • 0

「20世紀のシッポ」

『芸術の世界は今も「20世紀のシッポ」を引きずってるなぁ』という風に感じることがよくあるわけです。 ※一応念のためにお断りしておきますけど、これは『自分だけは「20世紀のシッポ」  なんて、トックのトウに切り捨てて、引きずってなんて居ないよ』という話ではな  く、自分も含めた「いまの人」が全体として「20世紀のシッポ」をひきずってい  るなという話でございます。  私は、「芸術の20世紀を喪失する...

  • 0
  • 0

「言葉」は「論理」に向いていない

「言葉」=「論理」と言ってもいいぐらいに、「論理」とは「言葉」によって構成されるものであるということに成っているわけですけど、本当に「言葉」って、「論理」に向いているんでしょうか?私といたしましては『そうでもないんじゃないかなぁ?』と思っているわけです。確かに、「論理」という言葉の意味からしても、「論理」とは「言葉」によって思考することだと言っていいと思います。でも、だからと言って「言葉」が「論理...

  • 0
  • 0

「能力がホメられる世の中」と「努力がホメられる世の中」

「能力がホメられる世の中」と「努力がホメられる世の中」だったら、どっちがイイんでしょうね。私は「努力がホメられる世の中」であってほしいなと思っているんですね。いや、けっして、自分に能力が無いから言っているんじゃないですよ。『ゼッタイに違いますよ!』『誓ってもいいですよ!!』『1万円賭けてもいいですよ!!!』「・・・・アンタしつこく言う割に、金額が少ないよね」 ※私にとっては千円からが大金なので、1...

  • 0
  • 0

そもそも、どうして「素人にはまったくわからない芸術」と言うジャンルが存在しているんでしょう?

そもそもですよ、『どうして「素人にはまったくわからない芸術」と言うジャンルが存在しているんでしょう?』 ※ここで言う「素人」とは、「芸術」に特別な興味を持たない人のことです。  「プロ」と「アマチュア」ということではなく、「芸術を知識で捉えていない人」という  ような意味です。  「芸術を自分自身の感覚だけで判断する人」と言ってもいいと思います。  一般的な意味での興味ぐらいはあるが、敢えてそれに...

  • 0
  • 0