FC2ブログ

Archive2017年11月 1/2

「逆転」と「反転」

「芸術の20世紀」におけるもっとも重要なテーマは「既成」に対する「逆転」であったのだと思うわけです。だから、一度「既成の概念」をすべて破壊する必要があったんだと思います。しかし、「破壊」自体は真の目的ではなく、ひとつの考えから抜け出せなくなってしまった状況をひっくり返しして、新しい展開を生み出すことができさえすれば、それでよかったんじゃないかと思うわけです。ところが、その「逆転」を「正統」に祭り上...

  • 0
  • 0

「芸術」と「技術」

「芸術」と「技術」は、とても近いもののように見える時もありますが、実は、かなり相反した性質を持っているものだと思うわけです。まず、「芸術」には、人を解放する性質がありますが、「技術」には、人を拘束する性質があります。少なくとも、現在のように、機械化が進んだ社会においては、「技術」と言うモノは「工業化」を意味するところが大きいわけです。つまり、人を「ある限定された目的に沿って効率的に行動させるもの」...

  • 0
  • 0

「社会」と「個人」

「人間社会」のことを、よく「高度に発達した社会」などと言ったりしますけど、実は、「社会」という仕組み自体は、必ずしも「高度なモノ」でもないんじゃないかな?と思うわけです。確かに、「人間の社会」は複雑だし高度化した形態の「社会」であるとは思いますが、それを言ったら、「アリ」や「ハチ」の「社会」だって十分に高度で複雑なんじゃないでしょうか?でも、だからと言って、「アリ」や「ハチ」が「人間」と同じような...

  • 0
  • 0

「自作の筆」の価値:(画像追加しました)

この記事は、2年ほど前に書いた記事なんですが、その時は画像が無かったので、追加しました。「続きを読む」をクリックすると画像があります。(上の画像も今回挿入したものです)私の場合、「絵」に使う道具類で、いろいろと「自作」しているものがあるわけですね。 ※このブログでも「自作大型アトリエ・イーゼルの作り方と  「自作キャンバス木枠の作り方]と言う二つの記事を書き  かけたんですけど、これらを画像なしで説...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その3)

「長い題」(その3)です。『こんなの読む人居るんだろうか?』っていう疑問はあるんですが、『いや、そんなことは無い!・・・たぶん・・・』と言うことで。『 』の中は、その絵を呼ぶ「ニックネーム」のようなものです。(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。あくまで「タイトル」として作っています。その辺はこのカテゴリの最...

  • 0
  • 0