FC2ブログ

Archive2017年12月 1/3

「破壊まで」で「天才」なのか?

前の記事に関連したことです。 ※以下、ここでの「創造」とは「天地創造」のようなものを指しますので、  芸術的な創作などとは違って「神の業」とお考えください。「芸術の20世紀」におけるもっとも中心的な課題は「既成概念の破壊」であったんだと思うわけです。だからこそ、その「破壊」をやってのけた人間が、まさに「天才」と呼ばれたわけです。しかし、『破壊まで』で「天才」と言ってしまっていいんでしょうか?「天才...

  • 0
  • 0

「地球」=「宇宙」という「世界のリサイズ」

「情報」が瞬時に世界的な規模でやり取りされるようになったことで、地球という世界が、一昔前よりも格段に狭く感じられるように成り、交通手段の発達などもあって、「地球の裏側」なんて言う言葉が、昔ほど「地の果て」と言う感じに聞こえなくなってきたわけです。それが「イイこと」なのか「ワルイこと」なのか、私にはよくわかりませんが、世界が狭くなったことで、私が『嫌だな!』と思っているのは、人間「一人の存在」が小さ...

  • 0
  • 0

「克明に描くこと」と「ナマナマしく描くこと」

「克明に描くこと」と「ナマナマしく描くこと」は似ているようで、少しチガウことだと思うわけです。「克明に描くこと」と言うのは「客観的に描くこと」であって、より「正しく描くこと」なんだと思います。それに対して、「ナマナマしく描くこと」の方は「主観的に描くこと」であって、「正しさをハミダシテ描くこと」なんじゃないかと思うわけです。そして、「克明に描くこと」のためには、モノを見ながら描くのが適しているわけ...

  • 0
  • 0

「スバラシクナイ絵」とは?

私といたしましては、「絵」と言うモノは、『ほとんどすべてがスバラシイ!!』と言う風に思っているわけですが、そんな中でも、「スバラシクナイ絵」があるとしたら、それはどういう絵なのか?というネガティブな話です。私はどちらかと言うと素直じゃない人間なので、『有名な人の絵だからって、いいとは思いませんねぇ、ぜんぜん』という方なんですけど、まぁ、そうは言っても、「有名な絵」と言うのは、だいたい「スバラシイ絵...

  • 0
  • 0

「社会」は「人間を阻害するモノ」だということ

「社会」はもともと「人間」が作ったわけですが、その「社会」が、チョクチョク「人間」を阻害することがあるわけです。どうしてなんでしょうね?という話です。そもそも、「社会」ってどうやって出来てきたのか?と考えると、「サル社会」なんかを見れば一目瞭然ですけど、「群れ」を統率したり、効率化するために「社会」が必要に成ったんでしょうね。たぶん。どこまでが「群れ」で、どこからが「社会」なのかはわかりませんけど...

  • 0
  • 0