FC2ブログ

Archive2018年03月 1/3

「コレクションの対象」にしてもらいたいモノ

芸術の「コレクション」は、「作品」を対象にして成り立っているわけですが、そのことによって、一部の芸術作品の値段があまりにも高騰してしまうために、芸術全体の中で限られている利益が、ほとんど有名作品に集中してしまって、無名の作家には、あまりにも利益が行きわたらないように成ってしまっているわけです。そういう状態が続いて行くことは、底辺の崩壊につながるわけですから、出来ればそのような状態を打開した方がイイ...

  • 0
  • 0

「芸術」における「ホンモノ」とは?

「芸術作品」を見たときに、「ホンモノ」だなと感じるモノと、『いいんだけど、そこまでじゃないな』と感じるモノがあるわけですが、その判断の規準ってどこなんでしょうね?そういうことの規準は、あくまで「人それぞれ」と言うことなんでしょうが、そう言ってしまうと話が終わってしまうので、自分が規準としていることを考えてみるわけです。(こういうの、意外と自分でもわかってないんですよねぇ。ブログを書くようになって気...

  • 0
  • 0

「虚栄心」と言う「罠」

「虚栄心」と言うのが、どうも好きじゃないですね。だから、逃れたいなと思うわけですが、好きじゃないくせになかなか逃れられないわけなのです。まぁ、自分のことで言えば、絵を描いていますから、、そこのところで少しは自慢できることでもあればいいんですが、なにせ「実績ゼロ」なんで、何一つ自慢できることが無いんですねぇ。すると、そういうところに「虚栄心」が入り込んでくるわけです。それなりに真剣にやっていますから...

  • 0
  • 0

「絵の中」における「モノの役割」

私は「抽象画」でも「モノ」を描いていこうと思っているわけですが、それは、「絵の中」における「モノの役割」があると思っているからなんですねぇ。「絵の中」における「モノの役割」を一言で言うとすれば、それは「チカラ」だと思いますね。「物質的なチカラ」と言ってもいいでしょう。「抽象画」は、もともと「精神性」を求めて生み出されたものだと思いますから、それで「物質的な性質」が、ずっと排除されてきたわけです。そ...

  • 0
  • 0

「審美眼」とは?

先日このブログで書いた記事で、今後、「コレクターの審美眼」自体が、「コレクションの対象」に成っていくといいんじゃないかと書いたんですけど、その「審美眼」っていったいナニなんだ?という話です。「審美眼」を文字通りに解釈すれば、それは「美しいものを見抜く眼力」ということなんでしょうが、その「美しいもの」の規準が曖昧になってしまった現在の時点では、その定義が成り立たたないわけです。そこで、改めて「審美眼...

  • 0
  • 0