FC2ブログ

Archive2018年04月 1/2

「20世紀美術」が受け入れられつつあるのは「世代」が交代したから、それは、「新しい世代」に「権威」として刷り込まれたということに過ぎない

このブログでは『「芸術の20世紀」はナニカが間違っていた!』と言っているんですが(だれひとり『そうだ、そうだ』と言う人は居ませんが)、現在、その「芸術の20世紀」が受け入れられつつあるという状況に成って来ているわけです。この状況を『ようやく理解されて受け入れられた』と受け取るのか、それとも、『なんとなく時代に押し流された』と受け取るのか、それ以外にも、いろいろな解釈があると思いますけど、その中の一...

  • 0
  • 0

「幻想の日常化計画」

「幻想」と言うと、どうしても「非日常」というイメージが強くなってしまうわけですが、わたくしといたしましては、「幻想」を、「日常化」できたら少しイイんじゃないかな?と思っているわけです。要するに、「芸術」を生活空間の中に取り込むことが出来れば、「幻想」を「日常化」することが出来るんじゃないか?ということなんですね。  ※「絵」を壁に掛けるということは、「日常生活」の中に「幻想スポット」を   出現さ...

  • 0
  • 0

「AI」は「AI」を生み出すことが出来るか?「AI」は「突然変異」を起こすことが出来るか?また、「人間」はそれらを先回りすることが出来るか?

最近では、「AI」と呼ばれている「人工知能」が、人間の「トップクラスの棋士」や「チェスの名人」などに勝てるように成って来たらしいですね。それは「人間様」のプライドを打ち砕く事実なのかも知れませんが、実を言えば、「将棋」でも「囲碁」でも「チェス」でも、「AI」が勝利することは、ある意味では当たり前だと思うわけです。そういう複雑で、智的なゲームにおいては、曖昧な判断や一種の機転なども要求されるわけです...

  • 0
  • 0

「抽象・具象」と「自象・他象」

「芸術」の「表現形態」で、「具象」と「抽象」を両極に置いた考え方をすることが多いわけですが、実際には、作者が「自分の中にあるナニカ」を表現しようとするのか、それとも、「自分の外にあるナニカ」を表現しようとするのか?ということも、「具象・抽象」と同じぐらいに重要なチガイなんじゃないかと思うわけです。まぁ、「自象」と「他象」ということに成りますね。(勝手に作った言葉です。アシカラズ)これが、「具象・抽...

  • 0
  • 0

「本当に正しいこと」ってあるんだろうか?

はたして「本当に正しいこと」と言えるようなことってあるんでしょうか?これは、まじめにモノを考えて行くと、誰もが突き当たる疑問だと思うわけです。(まぁ、『哲学的な思考において』というようなことです)ショッパナのところでこの疑問に突き当たってしまう人も、けっこう多いんじゃないでしょうか?でも、私の勝手な考え方においては、『あるに決まってるでしょ!』という感じなんですねぇ。 しかも、「正しいこと」に限っ...

  • 0
  • 0