FC2ブログ

Archive2018年05月 1/2

『もしも、絵の値段に上限があったら』

現在は「絵の値段」と言うと「天井知らず」という感じがしますが(「売れていない人の絵」はタダでも迷惑がられたりしますけど)、その「絵の値段」に「上限」を設定したらどうなるんでしょうね?しかも、かなり安い値段で。つまり、ごく一般的な品物と同じように、「原材料費+手間賃」というようなことを基準にして割り出した値段を「絵の値段」にしてみたらどうなるのか?という、毎度バカバカしくて、とりとめもなくて、つまら...

  • 0
  • 0

「AI」は「人間」を教育することが出来るか?

この前、「AI」が「人間」に近づいてきていることについての記事を書いたんですが、それと同じ「AI」についての話です。「AI」と呼ばれる「人工知能」は、確かに昔に比べれば、かなり「人間」に近づいてきていると思います。でも、その「人間に近づいた部分」とは、要するに「人間をコピーした部分」であって、本当の意味で「進化」したのは「AI」ではなく「人間の自己複製技術」なんじゃないか?と思うわけです。まぁ、「...

  • 0
  • 0

「創作者」→「鑑賞者」→「批評者」

私が考えるところの「芸術者」についての話です。 ※「芸術者」と言うのは、「芸術家」という呼び名の代わりに私が使っている名称です。  「芸術者」は「創作者」・「鑑賞者」・「批評者」という三者を指します。  この「芸術三者」を完全に対等な関係と考えたいと思って、私はこの名称を使ってい  ます。  「鑑賞者」と「批評者」は同じ「見る側」なんですが、「鑑賞者」は「芸術」を肯定的に見  る人で、「批評者」は...

  • 0
  • 0

「具象画」はパソコン画面に強いのか?

最近は、「パソコンの画面」で絵を見る機会が急激に多くなっているわけですが、その「パソコンの画面」で見たときに比較的良く見える絵ってどういう絵なんだろう?ということを考えてみました。 ※ここでは、絵具で描いた絵を想定して話をしていきます。まず、人によっては、『「パソコンの画面」や「写真」なんかで「絵」を見たって、ナンニモわかりゃしないよ!』という方が結構いらっしゃいますが、『ナンニモ』は言い過ぎだと...

  • 0
  • 0

「悪」とは「人間が人間であろうとしないこと」

私はいつも「本質を得たもの」は美しく、「本質を外したもの」は醜いと思っているんですが、「人間」の場合、その「本質を外したもの」とは、醜いだけではなく「悪いもの」でもあるんじゃないかと思うわけです。つまり、「人間にとっての悪」とは「人間らしからぬことをすること」なんじゃないかということですね。 ※ここで言う「悪」は、「究極的な意味での悪」ではなく、「単なる悪いモノ」です。  それ以上の意味で「悪」を...

  • 0
  • 0