FC2ブログ

Archive2018年06月 1/2

「戻ること」は人間に与えられた特権

このブログは「芸術の20世紀喪失」ということをメインテーマにしているんですが、それは時代を「戻ること」であり、また、「やり直すこと」でもあるわけです。まぁ、それはともかくとしてです。「戻ること」と言うと、「後戻り」とか「後退」というマイナスのイメージが強くなってしまうと思いますけど、実を言うと、この「戻ること」と言うのは、地球上の生き物の中で「人間だけに与えられた特権」であり、また「人間の切り札」...

  • 0
  • 0

「戻ること」は人間に与えられた特権(つづき)

前の記事の続きです。さて、「戻ること」は「人間だけに与えられた特権」であり、「人間の切り札」でもあるんじゃないのか?そして、「戻ること」によって「進化の加速」を止めることが出来れば、「人間」は「過剰な進化による絶滅」を免れることが出来るのかも知れないという話です。『そんなに大袈裟な話なのか?!』いや、成り行きで、話が大きくなっってしまって・・・・・まぁ、ただ単に『歴史に学びましょう』と言うだけのこ...

  • 0
  • 0

「芸術」は「特別な人に与えられた権利」じゃない

「芸術」を「特別な人がやるモノ」だと考えている人が、けっこうたくさん居るみたいなんですけど、でも、それ、相当矛盾していると思うんですねぇ。要するに、「特別な才能」とか「特別な感性」とか「特別な技巧」とか、そういう「卓越したモノ」を、もともと生まれながらにして持っている人がいて、そう言う人が「芸術をやる人」だということなんでしょうね。でも、そういう「特別な人」が創作したモノを、誰が見るんでしょうか?...

  • 0
  • 0

「美人画」は今でもアリなのか?

昔から今に至るまで、「美しい人」を描くというスタイルは、ずっと続いてきたわけですが、そういう「美人画」に代表されるようなスタイルと言うのは、今でもアリなんでしょうか?まぁ、「芸術として」ということなんですけど、このことにチョクチョク疑問を感じてしまうわけです。これは、必ずしも「美しい人」に限ったことでも無くて、「美しいもの」全般に言えることなんですが、まず、「美しいもの」をそのまま描くことに、今で...

  • 0
  • 0

「神」はすでに自分の中にいた。「天才」とはみんなのことだった。居ないのは「普通の人」だった。

私は「天才の時代」は百年も前に終わっていて、「神の時代」はもっと前に終わっていると思っているんですが、『それじゃあ、今は何の時代なんだ?』と言われるならば、「普通の人の時代」なんじゃないかと思うわけです。確かに、今でも「神」を信仰している人は沢山いますし、まして、「天才」については、出現し続けていると考える人が大多数なわけですが(というより『天才なんてもういないんだ』と言ってる人なんて居ません。不...

  • 0
  • 0