FC2ブログ

Archive2018年07月 1/2

「コンセプチュアル・アート」に飽きてしまった人はどうすればいいんでしょうか?

前の記事からのつながりで、「コンセプチュアル・アート」についての記事です。私といたしましては、「コンセプチュアル・アート」を「芸術の中心」からやや離れた位置にピン止めしますということなわけですが、さて、私のように「コンセプチュアル・アートに飽きてしまった人」は、どうすればいいんでしょうか? ※よく考えたら、はじめからそんなに好きじゃなかったんですが、とにかく、そう言う  「飽きちゃった人」もそれな...

  • 0
  • 0

「未来の常識」は「現在のナニ」なのか?

現在の世の中では「絶対にやってはいけないこと」とされているようなことでも、過去には「常識」だったということはたくさんあるわけですが、それでは、「現在の常識」は、次の時代に成ったら「ナニ」に成っていくんでしょうか?そして、「未来の常識」と成るようなことは、現在の世の中では、いったい「ナニ」ということに成っているモノなんでしょうか?たとえば、「奴隷貿易」なんて現代人からすれば、『どう考えても人間として...

  • 0
  • 0

「創作者のマナー」・「鑑賞者のマナー」・「批評者のマナー」

「芸術」は「創作」においても「鑑賞」においても、完全に自由であるというのが現在の「芸術」についての「常識」に成っているわけですが、私といたしましては、そこのところに小さい疑問を持っているわけです。『どんなものを創作するかは、創作者の自由なんです』とか、『どんな見方をしたって、全然かまわないんですよ、見る人が自由に見たらいいんです』とか、そういう言い方って、一見自由でイイように見えますが、『そうなん...

  • 0
  • 0

「長い題」=詩のような題(その7)

「長い題」=詩のような題(その7)です。この「長い題」の記事も『どうせ誰も読まないんだろうなぁ』ということがだいたいわかってきたので、『やめちまおうか』と思うんですが、よく考えたらほかの記事も同じようなもんなんで、取り敢えず続けようと思います。そういうわけで、「長い題」=詩のような題(その7)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネ...

  • 0
  • 0

「スピリチュアル」と「ポジティブ信仰」

「ポジティブ」という言葉が急にたくさん使われるようになったのは、10年~20年ぐらい前からのような気がしますが、その時点では、大した違和感を感じたことはありませんでした。でも、ここ数年の「ポジティブ」の使われ方にはどう考えても「行き過ぎ」としか言いようのない、異常さを感じてしまうわけなのです。まるで、狂信的な新興宗教のような感じすらしますね。そして、この「行き過ぎたポジティブ」の原因になっているの...

  • 0
  • 0