FC2ブログ

Archive2018年08月 1/2

「金のチカラ」は今が頂点で、今後失われていく(とうれしいな)

なにかにつけて言えることですけど、「カネ」がモノを言う世の中ですよねぇ。実際、「カネ」さえあれば何でもできると思っている人なんかもけっこう居ると思いますし、表向きは『「カネ」では買えないものもある』と言っている人も、いざとなると『で、取り敢えずいくら出せばいいんだい?』と、ごく普通に「人の心」を「カネ」で買おうとしたりします。まぁ、そんな人ばかりでもないでしょうが、とにかく「いま」は「金のチカラ」...

  • 0
  • 0

「芸術」を「生涯の糧」にするには

美術に限らず、音楽にしても小説や詩などの文学にしても、それから映画なんかでもそうですけど、そういう「芸術系のもの」を自分の「生涯の糧」にしている人ってけっこう居るんだろうと思うんですね。でも、その反面、「芸術系」が『「糧」に成ってないよなぁ』と思うこともけっこうよくあるわけです。しかも、「音楽ファン」なのに「音楽が糧に成ってない人」や「文学好き」なのに「文学が糧に成ってない人」もそれなりに居たりす...

  • 0
  • 0

「現在の芸術」と「現在のタブー」の関係

「芸術の世界」では、「タブー」と言われているようなものを敢えて題材にしたり、社会を縛り付けている「暗黙の掟」を破ることに挑戦したりすることを高く評価する傾向があると思いますが、実は「タブー」は「破ること」では無くならないことが多いと思うんですね。それどころか、むしろ「芸術」が「タブー」を「破ること」によって、かえって「タブー」の存在感が増してしまう場合もあるような気がするわけです。「芸術」は人の心...

  • 0
  • 0

「権利」は使われると必ず「権力」に成る

いま、社会にとって一番大事なことは、「人権」を確立することだと思いますけど、実を言うと、その「人権」は使われないのが理想的だと思うわけです。どんな「権利」についても言えると思いますが、「権利」を使えば、そこに必ず「権力」が発生するわけで、それは徐々に横暴になっていくに違いないわけです。 ※現在の民主主義社会では「人権」が確立されているという建前に  なっていますが、実際には本当に「人権」が確立され...

  • 0
  • 0

「芸術」は「日常空間」に持ち込まれたときに本当の意味がわかる

『芸術は美術館で見るもの』というのが、今は一般的な考え方なんじゃないかと思いますけど、今後は『芸術は生活空間で見るもの』、もう少し詳しく言うと『芸術は日常の中に非日常空間を創り出すもの』という考え方が重要になっていくんじゃないかと思っているわけです。今は「見る人」が美術館などの「非日常空間」に移動して「芸術」を鑑賞しているわけですが、その移動の方向を反転させて「芸術」を「見る人の日常」に持ち込むこ...

  • 0
  • 0