FC2ブログ

Archive2018年10月 1/2

「長い題」=詩のような題(その10)

「長い題」=詩のような題(その10)です。いやぁ、マズイですねぇ。ドンドン長く成ってます。こんな「題」に見合う「絵」ってあるんだろうか?っていう疑問はあるんですが、いちおう、この「長い題」も作品の一部ということに成っております。そんな感じで、「長い題」=詩のような題(その10)です。『  』の中は「題の題」のようなモノです。その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。「ニックネーム」のようなもの...

  • 0
  • 0

人類の「守銭奴化」

「守銭奴」って言うと、すっごく醜いようなイメージがありますけど、実は今の時代においては、ほとんどの人が「その守銭奴」なんじゃないかと思うわけです。つまり、言い換えれば、人類全体が「守銭奴化」しているということです。恐ろしいですね。でも、これ、そんなにオーバーなことじゃないと思いますよ。現実に、今の時代に生きている限り、誰もが皆「自分の金」を守ることに必死ですし、そう言う考えが全くない人なんてほとん...

  • 0
  • 0

「外見」によって表現することができる範囲

抽象画を描いていると、よく人から『これは何を表現しようとしているんですか?』と聞かれるわけですが、『それを言葉で説明出来ないから絵を描いてるんですけどねぇ』と答えるしかないので、とてももどかしく思うわけです。そういう時には「抽象画」なんてやめて、誰もが難しく考えないでも見ることが出来る絵を描いた方が、少しはマシなんじゃないのか?と思うわけですが、『そういう絵では自分自身が納得できないんだから仕方が...

  • 0
  • 0

「外見」によって表現することができる範囲(つづき)

前の記事の続きです。「外見」によって表現することが出来ないのは「普遍的なもの」だろうというところからです。 ※ここで言う「普遍的」とは、いろいろなモノに遍在している性質というような意味です。  「個別のモノ」の中にあるような「特定の性質」ではなく、あらゆるものの中にある「世  の中の本質」に近い意味で言っております。  そういう性質が「普遍性」で、それを持っていれば「普遍的」です。  実際には、そ...

  • 0
  • 0

いま『芸術がわかる』とはどういうことなのか?

 いわゆる「芸術好き」の人が、「ごく一般的な人」に対して『あなた、まったく芸術がワカッテないよね!』と言っているのはよくあることだと思いますが、それじゃあ、いったい『いま、芸術がわかっている』とはどういうことなんでしょうか?たとえば、「美術史的な知識」が豊富であることなんでしょうか?それとも、『現在形の芸術に通じている』ということなんでしょうか?または、『非常に鋭敏な感性を持っていて、常に芸術の良...

  • 0
  • 0