FC2ブログ

Archive2018年11月 1/2

芸術における「非物量主義」と「非物質主義」

芸術の創作においては、出来るだけ「物質」に頼らずに「精神的な世界感」を現すことが理想だと思うわけですが、人間は「物質」を使って「精神」を伝えるしか方法が無いので、何かを表現するためにはどうしても最低限の「物質性」を必要とするわけです。だから、あんまりにも極端に「非物質的」であろうとすると表現力を失って、最終的にはナニも創作することが出来なくなってしまうと思います。要するに、「精神性を高めること」と...

  • 0
  • 0

「似た形」よりも「似た性質」

「抽象画」を描く時や見る時に、『ナニに似ているか?』ということを考えてしまうことがありますよね。このことについて、『抽象画がわかっていない人はそういう捉え方をしてしまうモノなんだよ』と言うことがよくありますが、本当は「抽象画がワカッテイル人」なんて居ないと思います(本当を言えば作者にもわかっていないと思いますよ)し、そういう見方をするのはむしろ自然なことだと思うわけです。 ※「抽象」は「人間にはわ...

  • 0
  • 0

「すべての偶然」は「必然」でもあり、「すべての必然」は「偶然」でもある

「偶然」と「必然」については、『すべてのことが偶然である』と考える人と、その反対に『すべてのことが必然である』と考える人に分かれる傾向があるような気がします。でも、実際には「完全な必然」も「完全な偶然」も存在しないと思うわけです。つまり、「偶然」の中にも「必然性」が含まれていて、「必然」の中にも「偶然性」が含まれているということです。だとすれば、『すべてのことが偶然である』と考えるのも『すべてのこ...

  • 0
  • 0

「芸術」=「美術」に成ってしまうのはナゼなんだろう?

「音楽」や「文学」や「演劇」や「その他いろいろ」や、「芸術」と言われるジャンルに属しているモノはたくさんあるというのに、なぜか、ただ単に「芸術」と言った場合は、自動的に「美術」のことに成ってしまうわけです。これについて、私はよく『ナゼなんだろうか?』と思ってしまうわけなんですねぇ。他の「芸術系ジャンル」に比べて「美術」が特にエライってことでも無いと思うんですが、なんでそうなってしまうのか?『こんな...

  • 0
  • 0

「芸術の反転」と「社会の反転」

私には「現在の芸術」が、「芸術の本質的な姿」を見失って「反転」してしまっているように見えるわけです。そして、その「芸術の反転」が「社会の反転」を生み出しているようにも思うわけなんですねぇ。まぁ、「芸術の20世紀」において「芸術」が「反芸術的な方向性」を持っていた時期があったことは、多くの人が認めるところでしょうし、その「反芸術的な方向性」が、形を変えてはいても、今も続いていると言う考え方の人も居る...

  • 0
  • 0