FC2ブログ

Archive2018年12月 1/1

「人間の認識」はかなり幅が狭い

人間の「認識の幅」って、『実に狭いよなぁ』と思うことがチョクチョクあるわけです。(もちろん、自分も含めて『実に狭い!』と思います)たとえば「抽象画」を見た人は10人中9人までが『これは、いったいナニ??』っていう反応をしますし(私も他人の抽象画を見てそういう反応をすることがあります)、「抽象画」であることをわかった上で、敢えて『ここは顔ですね?』とか『ここに動物が描かれてますよね?』とか言う感じで...

  • 0
  • 0

「依存性の時代」

現在の時代は「依存性の時代」でもあると思うわけです。おそらく、かなりの数の人がナニカに依存していると思うわけですねぇ。というか、「依存」から完全に逃れられている人なんているんだろうか?と思ってしまいますね。もちろん、「薬物依存」や「アルコール依存」のようなキケンな物質に対する病気としての「依存症」に陥ってしまっている人は、少数派だと思いますが、一見すると安全そうなものや行為に対して「依存」している...

  • 1
  • 0

「芸術を好みで判断すること」について

「芸術の判断基準」については、いろいろな意見の方がいるでしょうが、一番ポピュラ―なのは「好み」で判断するということだと思います。たとえば、「好み」以外の基準を持っている人でも「好み」も重要な基準の一つには入っていると言う人がほとんどだと思うわけです。まぁ、『好きなモノを見る』というのは当然のことですし、『嫌いなモノは見ない』というのも当然のことではあります。でも、そこで敢えて言いたいわけです。『芸...

  • 0
  • 0

「芸術を好みで判断すること」について(つづき)

前の記事の続きです。前の記事では、芸術を、「好み」だけで判断することは、「一種の差別的なこと」なんじゃないか?ということを書いたわけですね。(あくまで一番極端な言い方をすれば、ということです)でも、それ以前に「その好み」って、いったいどの程度のもんなんだ?ということがあるわけです。「好み」って言うと「その人の中で純粋に嗜好されたモノ」ということに成るわけですね。つまり、「好み」という言葉を使っただ...

  • 0
  • 0

『宇宙人は広い宇宙のどこかには必ず居る』というのは「確率」という思い込みに過ぎない?

宇宙にはものすごくたくさんの天体があって、その中には必ず地球と同じような環境の星もあるはずで、そういう星の数だってものすごく多いはずだから「確率的」に言って、宇宙のどこかに「知的生命体」が居るのはほぼ間違いない!!という話をよく聞くわけですね。それで、前は『ふむふむ、なるほど、それじゃあ何時かきっと「宇宙人」に会えるんだろうね(30万年くらい待てば)』と思っていたわけです。でも、最近に成って、なん...

  • 4
  • 0

「芸術年金制度」:「孤独(ヒキコモリ)社会」への提案

前にこのブログで【「芸術売買」と「芸術福祉」】という記事を書いたことがあるんですけど、その話はかなり極端な内容だったので、おそらく読んだ人は誰一人共感しなかったと思います。(まぁ、読んだ人自体がほとんどいなかった可能性もありますけど) ※前に書いた【「芸術売買」と「芸術福祉」】という記事は、  『「芸術」を売り買いするのは止めて、「芸術者」は「福  祉」の対象にすればいいんだ』というようなムチャな...

  • 0
  • 0

「芸術作品」は人が乗り越えていくための「布石」に成る

「芸術作品の存在意義」はいろいろあるでしょうが、その中の一つとして「布石」ということがあると思うわけです。つまり、「人が乗り越えていくためのモノ」ですね。昔の一里塚のような「目安」と言ってもいいのかも知れません。有名な人の作品であれば、それは「教養」としても「知識」としても機能するのかも知れませんし、また、有名無名に関わらず「スバラシイ絵」であれば、それは人の心を喜ばせることが出来るんでしょう。で...

  • 0
  • 0

「ウンチク」はどうして悲しいのか?

「ウンチク」って言うと、あまりいいイメージがないですよね。どちらかと言うと「知識のひけらかし」という感じで、スゴク・博識なのにスゴク・アホみたいな、そんなイメージなんじゃないかと思います。でも、「ウンチク」が「豆知識」的な意味でけっこう面白いモノとして捉えられている時もあるわけで、その差は何なんだろうかと思うわけです。そもそも、「ウンチク」って言うモノは、そんなに悲しいモノなのか?と考えると、必ず...

  • 0
  • 0

いま「芸術」が、最もステキな「権威に迎合しない方法」を示す時

「権威」に対して、媚びへつらったり、追従しようとしたり、そこから利益を得ようとしたりすることは、なかなかミットモナイことなんじゃないかと思うわけですが、最近の世の中では、そういう「権威に迎合すること」を、必ずしも「恥」だと感じていない人がけっこう居るような気がするわけです。30~40年前であれば、「権威に迎合する人」は、たとえば、ドラマの中では、常に悪役にも成れないような「一番ミットモナイ役どころ...

  • 0
  • 0

「NNナムロン」という筆がいい!

前に、筆のことを書いた記事で、「合成繊維の筆」なんて、所詮「天然毛の筆」の代用品に過ぎない!というようなことを書いたことがあるんですが、実は、最近に成って使い始めた、「ナムラ」の「NNナムロン」という合成繊維の筆が、やたらと使いやすくて、やたらと長持ちして、けっこう値段が高い、ということがわかったので前言を訂正いたします。(別に、「ナムラの回し者」じゃないです)最後の『値段が高い』はともかくとして...

  • 0
  • 0