FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その22)








「長い題」=詩のような題(その22)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ピエロのように いきれば』
きっと たのしいに ちがいない


ピエロのように たまのり
ピエロのように つなわたり
ピエロのように さんりんしゃ


きっと たのしいに ちがいない


ブカブカの くつを はき
ダブダブの ズボンを ひきずって
ひょこひょこ あるく


きっと たのしいに ちがいない


はげちゃびんの かつらを かぶり
なきがおの けしょうを ぬって
つんのめって ころんで みせれば だいかっさい

サーカスは われんばかりの だいかっさい
ピエロは サーカスいちの にんきもの


だから きっと たのしいに ちがいない


ないているのに わらってる
つんのめっても よろこんで
ひっくりかえって おおわらい

そんな ピエロのように いきれば


きっと たのしいに ちがいない


みんな よろこんで いるなら

きっと たのしいに ちがいないから


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『アンビバレントな アンバランス』

ゆらゆら ゆられて ながされそう
でも
くっついて はなれない

ふらふら とばされて しまいそう
でも 
やすやすとは はなさない


そんな アンビバレントな アンバランスが からまりあって
いきもののように うごきだす

しょくぶつのように ねを はり
どうぶつのように せいちょうし
そして 
にんげんのように かんがえ はじめる

すると 
アンビバレンスが ふくらんで
くらくら めまいで たおれこむ

また ひとつ アンビバレントな アンバランスが できあがる


でも いつのまにか 
ぼくは バランスを とりもどし ただよっている

ゆったりと なみに ゆられて ただよっている


でも きっと 
また アンビバレンスに つかまって
また アンバランスに たおれこむ


そんな ふうに いきていても
こまることは ないのだ けれど

そんな ふうに しんでいくのも
こまることでは ないのだ けれど 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『かこを すて 
みらいも すてて 
げんざいを いきる』

それとも

かこを とりこみ 
みらいも とりこんで
げんざいを いきる


かこを すてることは できるのか

できる わけが ない
それじゃ げんざいが きえてしまうから


みらいを すてることは できるのか

できる わけが ない
それを いいおわらない うちに 
すかさず おしよせる みらいを すてることなど ふかのうだ


かこを とりこむことは できるのか

それが できない わけは ない
かこは すでに ここに あるのだから


みらいを とりこむことは できるのか

それが できない わけは ない
みらいも すでに ここに あるのだから


じかんとは 
かこと みらいと げんざいが
ひとつの いまに ふくまれた せかい

そんざいとは
すべての ものが ひとつの もの
ひとつの ものが すべての もの
そんな
ひとつの てんに すべてが ふくまれる せかい


じつを いえば
そこに じかんは ない
ほんとうのことを いってしまえば
そこに そんざいなど なにも ない

そこに ながれは なく
そこに うごきも ない

たいせきも なく
しつりょうも ない


そんな むの なかに
すべての ゆうが ふくまれる

そういう てんの なかに
なんと すべてが ふくまれる

すなわち ゼロの なかに
むげんの かずが ふくまれる


さからっても しかたない
じかんに さからったって しかたがない

こんな よのなかに いきている われわれに
できることなど なに ひとつ ないのだから







「長い題」=詩のような題(その23)







「長い題」=詩のような題(その23)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『このよに いっさつしか ない ししゅう』


にくひつで かかれた その ししゅうは
ひらけば ひとの こえが するという

その こえを きいたものは 
けっして その ことばを わすれることは なく
それを かたりつぎ ひろめて ゆくという

その ことばは ひとの こころの なかに 
ねを はり
えだを ひろげ
やがては たいぼくのように おいしげる

もはや ししゅうが そんざいする いみは うしなわれ
はじめの ことばとは まったく ちがう ことばが 
つぎつぎ つむぎだされて ゆく


ほんらい ししゅうとは

そんなもの なのかもしれない


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ほんとうの おくりもの

いま きみに おくりものを おくろう
そう きみに ほんとうの おくりものを おくろう


あまっている ものを あげて 
それを おくりものと いえるのか

ぼくは それを おくりものとは よばない

いらない ものを わたして 
それを おくりものと いえるのか

ぼくは それを おくりものとは よばない

それならば
ひとが よろこぶ ものを おくれば
それを おくりものと いえるのか

いや それでも ぼくは それを おくりものとは よばない


たしかに よのなかは うまくいく
いらない ものを あげて
もらった ひとは よろこぶ
すべて まるく おさまるに ちがいない

でも それは ほんとうの おくりものでは ない

なぜなら 
よろこびだけが おくられて
かなしみが おくられて いないから

だから その おくりものが ひとの こころを うごかすことは ない
だから それは ほんとうの おくりものでは ない


いま きみに
ほんとうの おくりものを おくろう

いま きみに

それを うしなえば ぼくが いきて いかれなく なるような 
そういうものを いま きみに あげよう

いま きみに

それを おくれば ぼくが きみに きらわれ ときには にくまれて しまうような
そういうものを いま きみに おくろう


そう きみに 

ぼくの なかみを そっくり きみに てわたそう



おそらく きみを よろこばせることの ない
この 『かなしみの ギフト』を

はたして きみは うけとって くれるだろうか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「長い題」=詩のような題(その24)





「長い題」=詩のような題(その24)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『なにかが でていった わたしの なかから』

それは けっして うつくしくは なく
かといって それほど みにくいと いうほどの ことも ない
ごく ありふれた なにかで ありました

それは わたしに とっては かけがえのない たいせつなもので
てばなしたくは なかったのですが
とうとう でていって しまいました


なんとも ばかげた はなしでは あるのですが

いま それが なくなって 
とても よかったと おもっています


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『みらいとは そこに むかって いく ばしょでは なく
かことは むかし そこに いた ばしょでは ない』

げんざいの なかに ある あこがれ 
それが みらい

げんざいの なかに ある あいちゃく
それが かこ

えいえんの みらいから 
えいえんの かこまで
その すべてが つまった げんざい 
それが じかん

だから わけることは できない
かこも みらいも わけられない
げんざいの なかに つまって いるの だから

かこ げんざい みらいと 
じかんを じゅんばんに ならべることは できない

それは くうかんの はなしだから
それは じかんの はなしでは ないから

だから わけることは できない


それでも ひとが それを わけて しまうのは
それでも ひとが それを わけたく なるのは

あこがれが ひつよう だから 
あいちゃくが ひつよう だから

どうして ひつようなのかは わからない

でも きっと 
それで じかんが つづいて いるに ちがいない


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ともを さがして たびに でる』
このよに ともは いないことが わかった

おやを さがして たびに でる
このよに おやは いないことが わかった

じぶんを さがして たびに でる
このよに じぶんの のぞむ じぶんは いないことが わかった

もう さがすのは やめて
いないものを さがしても はじまらないので

じぶんで つくるのも あきらめて
つくっても また うしなうと かなしく なるので


それでも なんとか もういちど
あきらめ きれずに もういちど

そう もう いちどだけ さがしてみた
そう じぶんの なかを 
もう いちどだけ さがしてみた

それで ようやく みつけ だしたのが
みじめに ちぢこまった ちいさな じぶんなのでした


じぶんとは きっと そういう ものでしょう


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、他の仕事もしながら、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR