FC2ブログ

「背景学」



いま「絵を描くこと」において、「背景」についての考え方がとても重要だと思っているわけです。
だから、この「背景」の部分を考える分野として、「背景学」というようなものがあってもいいんじゃないかと思うわけですね。
(もしかしたらあるのかも知れませんが、検索しても出てこなかった)


たとえば、「抽象画」においては「背景」という概念が否定的に捉えられる場合が多いと思いますが、そのことによって、「抽象画」が解りにくいものに成っているような気もします。


現在の「抽象画」は「モノを描いてはいけない」という考えに縛られていると思います。


「背景」は「モノを描くこと」によって発生する概念だと思いますから、『モノを描かない』ということに成れば、当然「背景」という概念も失われてしまいます。

逆に言えば、どんなに抽象的な絵でも、そこに「背景」を設定するだけで、「モノ」の存在が浮かび上がって来てしまいます。
つまり、「背景」との対比によって、どうしても「モノ」の存在が浮かび上がってしまうわけですね。
だから、、「モノを描いてはいけない」という縛りによって、「背景」も使えなくなってしまうわけです。


そして、そのことによって、「抽象画」は非常にわかりにくくなっていると思うわけです。

要するに、「背景」と「モノ」の対比が無いことによって、どうしても”漠然として”しまうわけですね。
つまり、『画面全体が純粋に絵である』ということだと思うんですが、これ、言葉の上ではとっても理想的なんですが、実際には、やはり”漠然とした”感じに成ると思います。

それを、『抽象画はワカル人とワカラナイ人が居るんだよ!』と言ってきたわけですが、でも、本当に『画面全体が純粋に絵である』というように成っていれば、みんなワカルはずです。

つまり、『画面全体が純粋に絵である』は、実現出来ていないということですね。
それで、「抽象画」が、「漠然とした絵」に成ってしまっているわけですね。


実際は、「抽象画」が、「ワカリニクイ」だけではなくて、「漠然とした絵」であることで一層わかりにくくなっているんだと思います。


こういう状況を打開するためにも「背景」を専門的に研究することが役にたつんじゃないかと思います。

また、具象的な「絵」においても、「背景」を問い直すことは役立つんじゃないかと思います。


現在、具象的な表現の絵においては、「描くモノ」にばかりに注目が集まる傾向があると思うわけです。
つまり、「描くモノ」で、「何かしらのオモシロサ」を提示することが求められているわけですね。

しかし、そのことによって、「気をてらったモノ」が主流を占めるようになってきているわけです。


「オモシロイこと」がワルイとは思いませんが、それは、「主流」に立たされると、オモシロク無くなってしまうような気もします。

そこで、「背景」によって「オモシロサ」や「アタラシサ」が出せれば、「気をてらったモノ」を描く必要が薄くなるんじゃないかと思うわけです。


つまり、「背景との関係性」で「オモシロサ」や「アタラシサ」が出せれば、「描くモノ」については『”マットウ”でもOK』と言うこと成るだろうということですね。

 ※実際に、「背景処理」によって、「絵」に独自性を出している作家は多いと思います。
  というか、「背景」に何等かの工夫がないと、ほとんどの場合、独自性を持ったスタ
  イルにはならないと言ってもいいような気もします。

  だから、「背景」を独立した分野として考えていくのは、けっこう有効なことだと思いま
  すね。

以上のようなことから、「背景学」というのを考えていきたいなと。

そんな風に思っているわけです。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.