FC2ブログ

「背景学」



いま「絵を描くこと」において、「背景」についての考え方がとても重要だと思っているわけです。
だから、この「背景」の部分を考える分野として、「背景学」というようなものがあってもいいんじゃないかと思うわけですね。
(もしかしたらあるのかも知れませんが、検索しても出てこなかった)


たとえば、「抽象画」においては「背景」という概念が否定的に捉えられる場合が多いと思いますが、そのことによって、「抽象画」が解りにくいものに成っているような気もします。


現在の「抽象画」は「モノを描いてはいけない」という考えに縛られていると思います。


「背景」は「モノを描くこと」によって発生する概念だと思いますから、『モノを描かない』ということに成れば、当然「背景」という概念も失われてしまいます。

逆に言えば、どんなに抽象的な絵でも、そこに「背景」を設定するだけで、「モノ」の存在が浮かび上がって来てしまいます。
つまり、「背景」との対比によって、どうしても「モノ」の存在が浮かび上がってしまうわけですね。
だから、、「モノを描いてはいけない」という縛りによって、「背景」も使えなくなってしまうわけです。


そして、そのことによって、「抽象画」は非常にわかりにくくなっていると思うわけです。

要するに、「背景」と「モノ」の対比が無いことによって、どうしても”漠然として”しまうわけですね。
つまり、『画面全体が純粋に絵である』ということだと思うんですが、これ、言葉の上ではとっても理想的なんですが、実際には、やはり”漠然とした”感じに成ると思います。

それを、『抽象画はワカル人とワカラナイ人が居るんだよ!』と言ってきたわけですが、でも、本当に『画面全体が純粋に絵である』というように成っていれば、みんなワカルはずです。

つまり、『画面全体が純粋に絵である』は、実現出来ていないということですね。
それで、「抽象画」が、「漠然とした絵」に成ってしまっているわけですね。


実際は、「抽象画」が、「ワカリニクイ」だけではなくて、「漠然とした絵」であることで一層わかりにくくなっているんだと思います。


こういう状況を打開するためにも「背景」を専門的に研究することが役にたつんじゃないかと思います。

また、具象的な「絵」においても、「背景」を問い直すことは役立つんじゃないかと思います。


現在、具象的な表現の絵においては、「描くモノ」にばかりに注目が集まる傾向があると思うわけです。
つまり、「描くモノ」で、「何かしらのオモシロサ」を提示することが求められているわけですね。

しかし、そのことによって、「気をてらったモノ」が主流を占めるようになってきているわけです。


「オモシロイこと」がワルイとは思いませんが、それは、「主流」に立たされると、オモシロク無くなってしまうような気もします。

そこで、「背景」によって「オモシロサ」や「アタラシサ」が出せれば、「気をてらったモノ」を描く必要が薄くなるんじゃないかと思うわけです。


つまり、「背景との関係性」で「オモシロサ」や「アタラシサ」が出せれば、「描くモノ」については『”マットウ”でもOK』と言うこと成るだろうということですね。

 ※実際に、「背景処理」によって、「絵」に独自性を出している作家は多いと思います。
  というか、「背景」に何等かの工夫がないと、ほとんどの場合、独自性を持ったスタ
  イルにはならないと言ってもいいような気もします。

  だから、「背景」を独立した分野として考えていくのは、けっこう有効なことだと思いま
  すね。

以上のようなことから、「背景学」というのを考えていきたいなと。

そんな風に思っているわけです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR