FC2ブログ

「抽象」とは「モノ」に迫ること



「抽象」というのは、本来、「本質に迫ること」なんだと思うわけですが、現在はその辺のところが、ややズレていて、「具象でないこと」や「形を曖昧にすること」こそが「抽象」や「抽象化」であるという傾向があると思うわけです。


確かに「本質」は「外見的な形」とは違いますし、「具体的に現しにくいモノ」ではあると思いますが、必ずしも、「形」や「具体性」と対立するものでもないと思うわけです。

要するに、「絵」の中で創り出された「形」や「具体性」、つまり、「本質を追求した形」や「本質を追求した具体性」であればいいわけですね。


つまり、「抽象表現」において、ジャマに成るものに限って、「形」や「具体性」を排除すればいいわけで、それらをすべて排除してしまったら、何も表現できなく成ってしまうわけです。


というか、実際には「モノの輪郭」や「モノの中心」を明示することこそが、「本質に迫る」ということにもつながるわけですから、むしろ、「モノの輪郭」や「モノの中心」をボヤカスことは、「非抽象的」なことであるとも言えるわけなのです。

 ※実際は、「形や具体性のないモノ」が「抽象」なのではなく、「形のボヤケタモノ」が
  『抽象っぽい』だけなんだと思います。
  ただ単に、『具象っぽくない』から『抽象っぽい』ということなんじゃないでしょうか?
  そういう「抽象っぽさ」に、今まで頼り過ぎていたような気がするわけですね。

ただ、その「輪郭」や「中心」が「外見的な輪郭」や「物質的な中心」とは違うので、結果的には「非具象的」である側面もあるというだけのことです。


そうだとすれば、「形」や「具体性」を排除した「抽象」と言うのは、「非具象的」であり、かつ「非抽象的」でもあるものを「抽象」と呼んでしまっているということに成ります。


「非具象」でもあり「非抽象」でもあるということは、つまり、『何でもない』ということですから、当然、何も表せません。
ということは、見た人には何も伝わらないということです。

それで、現在の「抽象表現」は、「肉体」を失った「亡霊」と化していて、その結果、「芸術」全体が「虚構化」していると言ってもいい状態に成っているわけです。 

 ※現在は、「芸術の20世紀」という「神話」が出来上がってしまっているために、 
  鑑賞者は、それを「信奉する人」と、「信奉しない人」にクッキリと分かれてしまっ
  ていて、どちらにとっても「抽象」を正常に判断できないような圧力が加わった
  状態にあると思います。
  「宗教」や「信仰」に近い状態になってしまっているために、「信じる人」にとって
  は『信じなければいけない』になっていて、「信じない人」にとっては『信じてはい
  けない』に成ってしまているわけですね。 
  それが現在の芸術の姿だと思います。


まぁ、そう思わない人も居るんでしょうが、そう考えると、いろいろと辻褄が合うと、私は思うわけですね。


そこで、なんとか「モノ」に迫っていきたいと、私は思っているわけですけど、自分のことはともかくとして、一般的に考えた場合でも、「モノ」とか「形」を使わずに「ナニカ」を表現するということは、かなり難しいことだと思うわけです。

というか、理屈から行けば「無理」だと思います。

とは言え、「モノ」や「形」を使ったとしてもムズカシイことには変わりはないわけで、それだけ、「本質」や「真実」に迫るということは、ムズカシイことなんだと思います。


『どっちみち無理なら、「モノ」に迫る必要なんかないじゃないか?』と言われるのかも知れませんけど、それでも、やはりそこに少しでも近づこうという方向性が大事なんじゃないのかなと。


つまり、もう百年以上も前から続けている「形を壊すこと」や「具体性を排除すること」をこれからも続けていくということは、現在においては、「怠慢」や「惰性」という意味しか持たなくなってしまっているわけで、「ナニに迫るのか?」ということ以前に、「迫るという姿勢」自体を失ってしまっているように見えるわけです。


そういうことからも、「抽象」とは「モノに迫ること」であると。
そして、「モノに迫ること」とは「輪郭」と「中心」を「明示すること」であると。

そんな風に言いたいわけなのです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR