FC2ブログ

「マルセル・デュシャン」がいったいナニをしたって言うんだい?(つづき)



前の記事の続きです。


「芸術の20世紀」における「脱・芸術」や「芸術の断片化」という方向性が、現在までも強く影響していて、その「悪影響」の部分がだんだん大きくなってきているんじゃないか?ということです。


これは、必ずしも「デュシャンがやったこと」と言うわけでもなくて、「芸術の20世紀」全体の傾向であると言った方がいいと思いますが、まぁ、それを象徴している人物としてうってつけなのが「マルセル・デュシャン」ということですね。

これは、おそらく、「デュシャン」がやらなくても誰かが同じようなことをやっていたことなんだと思います。
そうなんですねぇ、こんなに、突飛なことなのに、なぜか、『「マルセル・デュシャン」がやらなくても誰かがやったに違いない』と思えてしまうんですねぇ。

ここにこそ「芸術の20世紀」を象徴する「落とし穴」があると思うわけです。


「デュシャン」がやったことを『彼がやらなければ、他の人がやったに違いない』と思うか思わないかは、人それぞれの自由だと思います。
むしろ、重要なのは『そう思えてしまう』ということです。


つまり「デュシャン」がやったことと言うのは「誰でもできてしまうようなこと」だったということですよね。


『いやいや、そういうことがなかなかできないんだよ!キミィ』

そうかもしれませんね。
いや、確かにそうだと思います。


でも、思いつきさえすれば「誰でもできてしまうこと」ではあったというのは事実なわけですね。

少なくとも、「努力」も「技術」も「能力」も、「アイデア(コンセプト)」以外は何も必要なくできてしまう、そういうことではあったわけです。

 ※そして、さらに言えば、『「マルセル・デュシャン」がやらなくても誰かが同じようなこ
  とをやったに違いない』ということは、『たぶんそうだろう』と言うよりは、むしろ『事
  実である』といった方がイイほど確かなことでもあるわけです。


まぁ、これは当然と言えば当然のことで、「脱・アカデミズム」を目指していたわけですから、「アカデミズム」が主に提供していた「技術」や「能力」などを否定するようになるのは、成り行き上当然だったんだと思います。


ただ、その代わりが「アイデア(コンセプト)」でよかったのか?ということが全く問われずに、フリー・パスで通ってしまったことに問題があるわけです。


「保守派」対「革新派」の間では、それについての「問答」があったんでしょうが、問題なのは「革新派」同士の中での「問答」がなかったと思われることです。


「保守派」対「革新派」という対立の構図だと(「やや保守派」や「やや革新派」も含めてですね)、「技術」や「能力」に戻るのか?
それとも、それらを捨てて「アイデア(コンセプト)」で行くのか?という二者択一になってしまいます。


その結果、「現代美術」は「アイデア(コンセプト)重視」を選択し、今日に至っているわけですが、本当は、「技術」や「能力」を捨てていこうとするうえで、『その代わりにナニを選択すべきなのか?』と言う「問答」が必要だったんだと思うわけです。


「マルセル・デュシャン」と言う人物が「アイデア(コンセプト)」と言う代替物を提示してきているけど、『本当に、これでいいのか?』それとも、『他に、「ベターなナニカ」があるのか?』さらには、『今後も常に、「ベストなナニカ」を模索し続けていかなけてばならないんじゃないのか?』というような「問答」の部分が全部抜け落ちてしまって、「アイデア(コンセプト)重視」が「問答無用」で選択されてしまったわけなのです。

そして、それが百年以上もたった現在に至ってもまだ続いているというわけです。


これを言うと、必ずと言っていいほど『いや、キミもう「コンセプチュアル・アート」なんて影響力ないよ!何を今さら言ってるんだい?!』というようなことを言う人が現れますが、それこそが完全に「洗脳」されている証拠だと思うわけです。


要するに、一昔前ほどはっきりした「コンセプチュアル」ではなくなったというだけで、現在も、「コンセプチュアル」な方向性は根強く残っていると思います。

というよりも、そういう方向性をまったく示さないモノが現代美術として評価されることは、ほとんどないと思います。
むしろ、潜在化したために、より深く浸透しているともいえるでしょう。
だからこそ、影響を受けているのに『影響なんてもうないよ!』と言う人がたくさんいるんだと思います。


まぁ、それはともかくとして、「アイデア(コンセプト)」の何が問題なのか?ということです。

ここで、「断片化」が出てくるわけですね。


「印象派」は「絵画」を「光」という切り口で切って、その切り口をパックリと開いて見せることで、「より強い印象」を生み出すことに成功しました。

これは大方の人が認めるところでしょう。


これを、「断片化」と呼ぶことに賛同する人がどれほどいるのかわかりませんが、こういった、「一面を強調して見せるというやり方」が、あるモノを全体像として見せるのではなく、一つの部分だけを取り出して見せるという手法であることは確かなことですから、それを「断片化」と呼ぶことが出来ると、私は思っているわけです。


そして、この「断片化」と言う方向が「芸術の20世紀」全般に影響を及ぼし続けたんだと思うわけです。


「トイレの便器」と「印象派の絵」ということだと、一見、繋がりがあるように見えないわけですが、この「断片化」と言うキーワードで手繰っていくと、そのつながりが見えてきます。


つまり、どちらも「芸術の全体像を見せる」のではなく、「芸術のある一面を強調して見せる」という部分が共通しているわけです。
そして、これこそが「芸術の20世紀」の特徴でもあり、「アヴァンギャルド」の特徴でもあり、「マルセル・デュシャン」の特徴でもあるわけです。

要するに、「現代美術」と言われるもの全般の特徴であるということだと思います。

 ※「印象派の絵」が『絵として調和していない』と言っているわけではありません。
  しかし、それは「印象派」が「調和」を完全に捨てられなかったからであって、調 
  和を犠牲にしてでもある一面を強調することを選択したことは確かなことですし、
  そのことによって、「より強い印象」を生み出すことに成功したのも確かなことな
  のでしょう。
  だからこそ「印象派」は登場してきたときに「アカデミー側」から強く批判されたん
  だと思います。


そして、この「断片化」が、「芸術の20世紀」で起きた出来事の中でも、最もその影響が顕著なものであると思うわけです。


そして、さらに言うと、この「断片化」こそが、現在に至って悪影響を及ぼすことに成って来ている元凶でもあると思ってしまうわけなのです。


ここで一つ断っておくと、「強調すること」がワルイと言っているわけではありません。

「一つの面を強調すること」は作者がどのような方向で物事を捉えているのかを明示することに成りますし、作者の「ソノヒト性」を表現する手段にも成るものだと思います。

しかし、「全体と完全に切り離された断片」だけで見せるということは、「強調」ではなく「極化」であると思うわけです。
「カルト化」と言ってもいいでしょう。


この「極化」=「カルト化」の発端に成ったのが、「マルセル・デュシャンのトイレの便器」だったというわけです。


ここで、また長くなってしまったので、次の記事に続けます。

まぁ、読んだ人はトンダ災難ということで。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR