FC2ブログ

「芸術三者(創作者・鑑賞者・批評者)」が一体に成れたらいいんじゃないかなぁと思います



私は、このブログを始めてしばらくしたころから、「芸術」に関わる人たちのことを「芸術家」とか「批評家」とかと呼ぶのはやめて、「芸術者」と呼ぶことにしているわけなのです。


「芸術者」と言うのは「創作者」・「鑑賞者」・「批評者」の三者を指しています。
要するに、この「芸術三者」が対等で平等であった方がイイと思うわけですね。

 ※「鑑賞者」と「批評者」の違いは、「鑑賞者」が「芸術作品を肯定的に見る人」
  「批評者」が「芸術作品を批判的に見る人」です。


現在は、とくに「鑑賞者」の位置が低すぎると思うんですね。

「有名な作家」の作品はありがたく鑑賞しなければいけないという暗黙のルールに成っていますから、「鑑賞者」が迂闊に意見を言うと『理解できないからあんなことを言っているんだ』ということにされてしまうわけです。

そして、結果的には「その鑑賞者の見識不足」という空気になってしまうわけですね。


でも、本当なら、「理解できるような作品」を作るべきなんだと思うわけです。

「理解し易い作品」を目指す必要はないと思いますが、「鑑賞者」に「理解されなかったということ」には「それなりの意味」があるわけで、それを無視したり、バカにしたりしていいということは無いはずです。


要するに、今は、そういう「有名作家の作品」を理解できる者こそが、「よい鑑賞者」であるということに成ってしまっているわけですねぇ。


『そんなことは無い!』と言う人も居るでしょうが、誰も知らないような作家を「一番好きな作家」として挙げる人なんて見たことありません。
(ただ単に「無名」と言うんじゃなくて「誰も知らない」と言うレベルです)
もし、そう言う人が居るとしたら、あまり「芸術鑑賞」に興味が無いような人じゃないでしょうか?


要するに、それだけ「有名作家の作品を理解できるということ」が「鑑賞者としての価値」に成っているということだと思います。


まぁ、それは置いといて、この「芸術三者」が「対等」で「平等」なだけじゃなくて、「一体」に成れたら、もっといいんじゃないかなぁと思うわけですねぇ。


つまり、「創作者」・「鑑賞者」・「批評者」の三者が自由に意見を言い合えて、しかも、誰の意見も同じように尊重されているだけじゃなく、「芸術三者」がそれぞれの立ち位置から「ある作品」に対峙して、「その芸術的見解」を共有することで一体になって、その「一体化した意識」も、その作品の一部分であると捉えることが出来るように成ったら、きっと、イイんじゃないかなぁと思うわけですねぇ。


そうなれば、当然「有名」も「無名」も関係なく(「鑑賞者」はたいてい「無名」ですから、「有名」と「無名」も対等ということに成るわけです)、専門的な知識があっても無くても関係ありません。

純粋に「その作品」を見て感じるところを率直に言うしかなくなってしまうわけですね。
(そんなとき「専門知識」なんて役に立ちませんよね)


これは「創作者」の方も同じで、その「率直な意見」を率直に受け取るしかないわけです。

「批評者」も、また、上からものを言うことは許されなく成るわけですから、「純粋に理性的な批評」をするしかなくなってしまうというわけです。


まぁ、『理想論だ!』と言われれば、その通りなんですけど、「芸術の世界」くらい、こんなことくらい、こんな「チッチャイ理想」くらい、あってもいいのかなと。

そういう風に思います。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR