FC2ブログ

「感動する側の人が創り出した感動」を「感動」と言えるのか?



現在、「芸術の場」において、『感動っていうのは必ずしも創作者が創り出すものでもないのか?』と思うことがあるわけです。
つまり、「鑑賞者」側の人が、「やや無理して」感動しているんじゃないか?と思うことがあるわけですね。


言い換えるなら、「作品」の中に見つけられなかった「感動」を、「鑑賞者」が自ら創り出してしまっているケースがあるような気がするわけです。


『なにが悪いんだい?』と言われてしまえばそれまでなんですが、「イイ、ワルイ」はともかくとして、それ以前に、「感動する側の人が自分で創り出した感動」を「感動」と呼べるんだろうか?と言う問題があるわけです。


確かに、それも「一種の感動」と言えなくはないんでしょうが、少なくとも、それは「その作品による感動」ではないわけです。


そして、そういう「感動する側の人が創り出した感動」が「ホンモノの感動」であることは、かなり稀なケースなんだと思うわけです。

そう言うモノでも、「小さい感動」であることはあるんでしょうが、その人の人生に影響を与えるような「大きな感動」であることは少ないんじゃないでしょうか?

と言うか、それを自分で作ってしまえる人が居るならサイコーですけどね。

『無理でしょ!』っていう気がします。


やっぱり意外性に欠けるんでしょうね、自分で作ってますから。
当然、『思った通り』と言うんですか?まぁ、そうなるんだと思います。


こういうのも「芸術の20世紀」が生み出した現象じゃないかと思うわけですが、どうして「鑑賞者」が自ら「感動」を創り出」すように成ったんでしょうか?


それは「芸術の20世紀」において「芸術」と言う概念が破壊されて、細切れにされたことからきていると思うわけです。


固着した既成概念を破壊することを目的にするところから始まった、この「芸術の破壊」は、結果的に「芸術の本質」もろとも「芸術という概念」そのものを破壊するに至って、最終的には、「素人には理解できない芸術」と言う「有り得ないジャンル」を生み出してしまいました。


そして、「理解を拒まれた素人」が、それでもなんとかして「芸術」に近づきたければ、「無理してでも感動する」や「理解できなくても感動する」それでもダメなら「自分で感動を創り出してでも感動する」ということしかなかったわけで、

そうしなければ、いつも「芸術もわからない無粋なヤツ」と言うレッテルを張られ続けるわけですから、苦肉の策であったのだと思います。
(そんなことを意識してやっていたわけではないでしょうが)


とにかく、この「素人には理解できない芸術」というジャンルがイケナイと思うわけです。


現在では、この「素人には理解できない」ということが、ややもすると当たり前のように成ってしまっていますが、これは本来は「有り得ないこと」だと思います。


「芸術の本来の目的」が「言葉や理屈」では説明できないようなことを「理屈抜きに伝えること」であるとするならば、たとえ「素人」がどんなに理解できないようなことでも「理解できるようにする」のが「芸術」であるはずです。
つまり、「理解を超えて理解できる」のが「芸術」なんだと思うわけですね。

これは、「好みの問題」とは違いますし、固定観念に支配されている人たちには、理解されにくい芸術があるという問題とも違います。
どんな作品でも、好きな人も、居れば嫌いな人も居ます。
当然、既成概念から外れたモノは独自性が高ければ高いほど、拒否される確率も高くなります。

それは仕方ないことだと思いますが、まったく理解できない人がたくさんいるものを「芸術」と言ってしまったら、「芸術」という分野の存在する意味がなくなってしまいます。

「音楽」などのジャンルでは、よく『音楽に国境はない』などと言われていますし、それに対して違和感を感じることはほとんどありません。
つまり、「音楽」は「言葉よりも伝わりやすいモノ」だということが、一般的にも認められているわけです。

でも、「美術」は、必ずしも、そう成っていないんじゃないでしょうか?
本来は、美術」だって「音楽」と同じように、言葉などよりもストレートに伝わるものであるはずなんだと思います。
と言うか、それこそが「芸術全般」の目的であると言ってもいいような気がしますね。

だから、「理解できない芸術」と言うのは有り得ないわけです。

そんな「芸術」だとしたら「言葉や理屈」で説明した方がまだマシですからね。

  ※これは「視覚的な芸術」に限ったことではなく、「文学」などの「言葉のジャンル」でも
   ほぼ同じだと思います。「文学」は確かに「言葉を使った芸術」ですが、「言葉を超え
   た言葉」が「文学」なんだと思います。つまり「言葉であって論理でない」ということで
   すね。そういう意味では「文学」も「理屈抜きに伝える手段」であると思います。


それなのに現在は、「芸術は難しいもの」で「素人にはわからないのが当たり前」で、『だから、いろいろ勉強して知識を持っていないと理解できないんだ』と思われてしまっています。

でも、ハッキリ言って、そうまでして「芸術」である必要なんかありません。

 
「言葉」で説明するよりもストレートに伝わりやすいから「芸術」が必要なんじゃないんでしょうか?

そんなに難しいなら、もう「芸術」なんて要らないんじゃないですか?


そこで得られるのは「感動」でも「共感」でもなく「虚栄心の満足」です。

つまり、「無理して」でも、「自分で創り出して」でも「感動した者勝ち」で、専門家の提供している情報に相槌を打っていさえすれば、『自分は芸術が理解できる上等な人間なんだ』と言う気分に浸れて、その分の「虚栄心」だけが満たされるということです。

そんなことをするための「芸術」であれば、無い方がイイと思いますね。
それに、そういうものなら、社会の中に『いやっ!』と言うほどにたくさん有ります。

それは、もはや「芸術である必要」がないモノになってしまっているということですね。


そして、「現在の芸術」は、確かにそう言うモノに成りつつあると思うわけです。


この状態は、「鑑賞者」が「自分で自分の感動を創り出すこと」をやめないと、打開できないんじゃないかと思います。
「鑑賞者」がそれを続けて居る限り、「専門家」は「その居心地のいい寝床」を絶対に壊したりしませんから。


やっぱり、「感動」とは「受け取るモノ」なんじゃないのかなと。

そんな風に思うわけです。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR