FC2ブログ

「世界先進国化」による「世界総精神疾患化」



だいぶ前に、このブログで「一億総精神疾患時代」と言う記事を書いたことがあるんですが、もう少し広げて「世界総精神疾患の時代」に成っているといってもいいと思う今日この頃なわけです。

「約70億総精神疾患」ということに成ります。スゴイですねぇ。

 ※前の記事は、日本の社会全体が「精神疾患」に陥っているように感じるという
  記事です。

現在、「世界一大きな国」には「世界一人間的なウツワが小さい大統領」と言われる方が居らっしゃいますし、その方以外にも、「アリエナイ国家元首」は世界各国に点在していらっしゃいますよね。

 ※こういう「アリエナイ国家元首」が存在していることは、「多数決」と言うシステム
  が崩壊していることを実証していると思いますが、その反面、社会全体が「精神
  疾患」に陥っているために、「オカシナモノ」だけは確実に選ばれるという現在の
  「多数決」の有り様を示しているとも言えると思います。

 ※「人間的なウツワが小さい」と言っていますが、「もともと持っているウツワが小
  さいと」と言うよりは、「社会の病理」を反映して、精神疾患に陥った人の「自己」
  があまりにも肥大化してしまっている場合に、彼らの精神の中における「人間性」
  の部分の比率が極端に小さくなってしまっているというようなことです。
  もともと、生まれ持った人間的なウツワに関しては、みんな同じくらいの大きさだ
  と思います。
   

当然のことながら、彼らは批判されることがとても多いわけですが、ほとんどの場合、「彼らが特殊な人物であること」を前提として批判されているんじゃないでしょうか?

でも、私は彼らが特殊だとは思わないですね。
どちらかと言うと、むしろ、『まさに彼らこそ、現在の世界70億を代表する社会の中心的な人物なんじゃないのかな?』と思ってしまいます。

なぜなら、『世界中が総精神疾患に成っているから』ということです。


特殊なのは「人間的に小さい人」ではなく、「現在という時代」なんだと思うわけです。


実際、「人間的に小さい人々」の批判においては、「精神疾患」や「人格障害」と言う切り口で語られることが多いようですし、確かに、そういう人は極端な例だとは思いますが、でも、「特殊」なのか?と聞かれたら、『そうでもないか?』と思います。


そういう人が「世界一大きな国の大統領」に成ったことは「普通じゃナイこと」ですが、実を言うと、自分の身近にも至る所に「人間的に小さい人々」はたくさんいて、彼らはどちらかと言えば社会の中で高い地位についていたりします。
(実際、自分の上司や地域の有力者の中に居ませんか?「人間的に小さい人」)


ですから、その「人間的に小さい人々の代表者」が「世界一大きな国の大統領」に成るということは、むしろ、必然的なことであって、特殊なことではないということです。

 ※現在の「多数決」は「強烈にオカシナモノだけが確実に選ばれるシステム」に成って
  います。
  これは、まさに「芸術の影響」だと、私は思います。


これは、世界中が「先進国化」したことと関係があると思いますね。

もともと、「文明」が行き付く所まで行くと(社会が「物質文明」に覆いつくされて、「文化」が置いて行かれた状態ですね)、その社会には「精神疾患的な性質が出来て来るんだと思うわけです。

つまり、一人一人の「人間の精神疾患「」ではなく、「社会全体の精神疾患」ということですね。

かつては一部の豊かな国を「先進国」と言っていたのに、現在は、むしろ「先進国」の方が多いと言ってもいいような状態に成って来ていて、一部の国を除いては、「文明度」の差は少なく成って来ているんじゃないでしょうか?
つまり、「先進国」と「先進国じゃない国」の比率が逆転したわけですね。

つまり、世界中が先進国化しつつあるということです。


しかも、「物質文明における先進国化」に輪をかけて、情報流通の高速化が進んでいますから、まだ先進国化していない国までも、精神面では先進国化の影響を受けるように成っているんだと思います。


そういう世界的な状況の中で、「文明が行き着く所まで行き着いた国」が急激に増えて、世界中の人が、その「行き着いた文明」の影響を受けるように成って来ているんだと思うわけです。

一方、「文化」はそれに付いて行かれなくなって取り残されてしまっています。
それでいて、「物質文明の悪影響」だけは受け続けているわけです。

そして、とうとう「世界70億総精神疾患の時代」に成ったというわけですねぇ。スゴイです。


実際、「世界一人間的ウツワが小さい人」が世界一大きな国の大統領に成ることは、めったにありませんが、一般的な「人間的なウツワが小さい人」でしたら、そこらへんにたくさん居らっしゃいますし、むしろ、多数派と言ってもいいくらいです。

とくに、社会的地位が高い人に限定した場合は完全にそちらが主流と言ってもいいでしょうね。

 ※「人間的に小さい大統領」と、一般的な「人間的に小さい人」の違いが大きいと思って
  いる人が多いのかも知れませんが、両方とも本質的な異常さには、それほどの違いはあ
  りませんし、むしろ、一般的な「人間的に小さい人」の方が、身近な害が大きいとも言え
  るのかもしれません。


これを「総精神疾患」と言わずして何というのか?と思うわけです。


現在「精神疾患」を免れることが出来ているのは、社会の主流からかなり逸脱した人だけで、一見まともに見える人こそ「精神疾患ど真ん中」に居ることがとても多いですね。


つまり、「社会的逸脱者」だけがマトモで、「社会適応者」の方が「精神疾患」に成っているという、まさに逆転現象が起きているわけです。

ところが、その、「逸脱者」も「社会的逸脱状態」を続けて居ると精神が歪んで来るわけですから、けっきょく、すべての人が「精神疾患」ということに成ってしまうわけですね。


違いがあるとすれば、自分が「精神疾患」であることを認めている側の人と、それを絶対に認めない人と言う違いですね。

「絶対認めない人」こそが「真の精神疾患患者」なんだと思います。
そして、それは「社会的に適応している側の人」である場合が多いわけですね。


この「世界的精神疾患」の状態を打開できるのは「芸術」だけだと思うわけです。


もともと、「芸術の20世紀」の示した方向性が、この状態を作ってしまったという傾向があると思いますから(私はそう思っております)、そこのところを改めさえすれば、自然にこの状態を抜けられるんじゃないかと思います。
(私はそう思っております)
 

先ほど、文明が行き付く所まで行き着くと「社会全体」が「精神疾患的な傾向」を持つようになると書きましたが、そのこと自体が「芸術の20世紀」の持っている方向性によるところが大きいんだと思うわけです。


もともと、極端な性質のあった「芸術の20世紀」の方向性がさらに先鋭化していくと、それが「精神疾患的な性質」と成って「社会」を毒するモノになってしまうんじゃなかと思います。
(私はそう思っております)


本来は、「文明」があまりにも先行してしまって、「文化」が付いて行かれなくなると「精神疾患傾向」が出て来るんだと思うわけですが(19世紀末の「退廃文化的傾向」などはこれに当たると思います)、、「芸術の20世紀」は「脱芸術」・「非芸術」・「芸術の破壊」と言う性質を多分に持っていますから、その「芸術の20世紀」を前提にして成り立っているすべての「文化」が、「逆文化」と言う方向性を持っているわけです。

だから、「文化的であること」が「文化を置き去りにすること」に成ってしまうわけですね。


つまり、「文明」が発展するとともに「文化」が推進されて行けば行くほど、『本当の文化が置き去りにされていく』と言う逆行現象が起きてしまうわけです。

まぁ、言ってみれば「負の掛け算」ですね。


だから、「芸術」が「芸術の20世紀」を前提にしている限り、この傾向は消えないと思いますし、逆に、「芸術」が「芸術の20世紀」を離れて、本来の姿を取り戻すことが出来れば、この傾向から、難なく脱出することが出来ると思うわけです。


まっ、なにはともあれ、もう少し「人間性」を見直していった方が、誰のためにもいいんじゃないのかなと。

そんな風に思います。





関連記事
102:
※101

Takeoさん、こんにちわ。

人のことを『どう見ているのか?』というのは、なかなか答えにくいんですが、この記事にある状況が現在の社会の状況であるとすれば、Takeoさんの今の状況は、『「社会の異常性」を受け入れられない』という状況だと思うわけです。
(これは、多くのヒキコモリの方々にも言えることだと思います)

これは、Takeoさんご自身も言っておられることだと思いますが、本当の意味で『病んでいる』のは、Takeoさんではなく「社会」だと思います。

ただ、「社会」から隔絶した生活を続けているために、Takeoさん自身の方も少しづつ安定した精神状態を維持し続けるのが難しくなってきているんじゃないでしょうか?

それが、「スマホ嫌悪」となって表れているように思います。
これについては、Okiさんや青梗菜さんがおっしゃっていることも、ほぼ同じかもしれません。

私の考えが、Okiさんや青梗菜さんと違うところは、それが「Takeoさんの社会への依存」だとは思わないというところです。

Takeoさんご自身がどう思っておられるのかはわかりませんが、私から見て、Takeoさんは「社会の異常性」に抗議しているように見えますし、戦っているように見えるわけです。
「依存」しているようには見えません。

確かに、「経済的な面」において、ご家族や社会に依存しているということはできるのかもしれませんが、例えば、「金持ちの息子」が家の財産を散在しているというのとは違いますし、専業主婦の人が夫の給料を当てにして完全なグータラ主婦をやっているのとも違います。
(そういうのが悪いのか?というのとは、また別の話としてですね)

つまり、「依存」とは「社会の中心的な安定した位置」に、自分の力を使わずに身を置いている状態のことを言うのであって、「社会の中心」から外れている人には当てはまらない言葉だと思うわけですね。
(これについては「薬物依存」などの「社会的逸脱を含む依存」があるために分かりにくくなりますが、そういう依存のほうが、むしろ特殊だと考えた方がいいような気がしますし、それはここで言うような「社会への依存」とは、また別の話だと思います)

つまり、「労せずして頼り切っていること」を「依存」というのだと思わけです。
(少なくとも、「社会への依存」という意味では)

仕事をしている人から見れば、仕事をしていない人は楽に見えますが、「仕事をしていない人」が楽をしているとは限りません。

専業主婦でも、すごくよく働いている人もいますし、サラリーマンなどで、『この人、ほとんど働いてないんじゃないか?』と思えるような人も居ると思います。
そういう場合、どちらかと言えば、後者の方が「依存性」が強いということですね。

要するに、私は、Takeoさんのことを「抗議する人」として考えているわけです。
「依存する人」とは考えていません。

そして、そこのところがヒキコモリの人の中でも、Takeoさんが稀有な存在だと思っているわけです。
(ただ、私は、そういう人も、それなりに居ると思っています。しかし、いかんせん「社会の中心」から外れているわけですから、見つけづらいわけですね。「ヒキコモリ」は「ある種の社会的地位」になりつつありますから引きこもっているだけでは「社会の中心」から外れているとも言い切れなくなってきていると思いますが、「社会の異常性に抗議し続ける人」は、やはり外れているというべきでしょうね)

「抗議する人」はたくさんいるんですが、「抗議し続ける人」は少ないですし、そこに力を使う人となるとほとんどいません。
まぁ、人間ですから、そんなもんです。

私はTakeoさんのブログを拝見して、そのボリューム感に「そこで使われた力」を感じたわけです。
(いまだに読み切れません)
だから、それを「依存」だとは思わないですね。
楽をしているようには見えないので。

別に、『だから、エライ!』というわけではありませんが、そこにはそのボリュームに見合うだけの敬意を表したいと思ったわけです。

そういう気持ちが、わたしがTakeoさんに接してきた気持ちです。

では、また。


追伸:メールは送ってみましたが、どうでしょうか?


















101:
ふたつさんはわたしのブログを読まれて、この記事に書かれていることと関連して、わたしをどういう存在だと思っておられるのでしょうか?

いや、別にこの記事と関係なく、わたしをどう見ているか、でも構いません。


管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR