FC2ブログ

「コレクションの対象」にしてもらいたいモノ



芸術の「コレクション」は、「作品」を対象にして成り立っているわけですが、そのことによって、一部の芸術作品の値段があまりにも高騰してしまうために、芸術全体の中で限られている利益が、ほとんど有名作品に集中してしまって、無名の作家には、あまりにも利益が行きわたらないように成ってしまっているわけです。


そういう状態が続いて行くことは、底辺の崩壊につながるわけですから、出来ればそのような状態を打開した方がイイと思うわけですが、やはり、「コレクション」の対象が「作品」であり続ける限り、この状態からは抜け出せないような気がするわけですねぇ。


まぁ、当然のことなんですが、「作品を買うこと」で「コレクション」が成り立ちますから、「高価な作品」ほど「コレクションとしての価値」も高くなりますし、自分が所有している「作品」が高騰すれば「コレクタ―としての評価」も上がっていくわけですよね。

そうなれば、当然、市場全体がそういった方向性で動いていくことに成るわけですね。
つまり、市場に参入している人たち全体にとって、「作品の価格」が向上していくことが望ましいことに成るわけですから、当然、みんなが望んでいる方向、つまり「価格高騰」へと市場が動いていくことに成るわけです。

それで、どうしても『なんでこの価格??』ということが出てくるわけです。
(私としては「芸術作品」を売買すること自体にも疑問を持っているんですが)


こういう状態を打開するには、「コレクションの対象」が、「作品以外のもの」に成ればいいと思うわけです。
(難しいのはわかってますけどね)


もともと、「コレクション」の本当の価値は、所有している「作品の値段」などではなく、それどころか「作品の価値」ですらないはずです。

『じゃあ、ナニの価値だと言うんだい?』
それは、「そのコレクターの審美眼の価値」ではないかと思うわけです。


「作品の価値」は、あくまで「その作品とその作者」に帰属する「価値」であって、「コレクションとコレクター」に帰属する「価値」ではないということですね。

本来の「コレクションの価値」は「創作者側」ではなく、「コレクター側」にあるべきものだということです。

よく考えれば当たり前のことなんですが、現在の「芸術市場」においては、こういうことがまったく成り立っていませんよね。
(それだけ「創作者」と「鑑賞者」の間の力関係に落差があるということでもあります)
それでいて、意図的&操作的に作品の値を引き上げてしまうような市場の在り方は否定されません。

しかも、そういう市場の流れにうまく乗った「コレクター」が評価されていたりします。
(そういうのは、本当は「投資家」としての評価だと思うんですけどね)


本来は、そのコレクターがいかに素晴らしい芸術作品を見つけ出して来て、それをコレクションしているか?ということ、つまり「コレクターの審美眼」こそが、「コレクションの評価対象」に成るべきものだと思うわけです。


この二つは、一見、同じことのように見えるかもしれませんが、逆の部分があります。

たとえば、「作品」が「コレクションの対象」である場合は、もともと高額の「作品」を買っても、その「コレクションの価値」「が高くなりますが、「審美眼」が「コレクションの対象」に成った時には、既に高い評価を受けている高額の作品を買っても、その「コレクターの評価」は上がりません、。

まだ評価されていない作品をコレクションしていることで、はじめて、そこに「審美眼的コレクションの価値」が発生します。


もちろん、評価されていないだけでなく「評価されていないのに素晴らしい作品であること」が求められるわけですが、少なくとも、「既に評価の定まった作品」は、はじめから「コレクションの評価」の対象に成らなく成るわけです。
(それ以前に、「意図的&操作的~」は論外ですけどね)


そうなれば、「コレクター」としての信念や誇りがあるような人は、今よりはもう少し「無名な作品」を追いかけるようになるでしょうね。


今後、「作品」ではなく「その作品をそのコレクターがコレクトしていた状況」が鑑定書のような形で証明されるように成って、その「コレクション証明書」のようなものが、「芸術作品の代替物」として流通するように成って行けば、「芸術市場」もほんとうの意味で活性化するんじゃないかと思うわけです。

 ※たとえば、「コレクション証明書」を所有している者が、その「コレクション証明書」
  の評価レベルに応じた割合で、その後「その作品から発生した利益」の一部を著
  作権のような形で受け取る権利を与えられるというようなことです。
  つまり、「コレクション自体の評価」=「コレクターの審美眼の評価」が高くないと利
  益も得られないようなシステムということですね。

  これは、もしかすると、結果的には、最近増えている「クラウド・ファンド」というもの
  に近いのかも知れません。
  ただ、私は、そういうことに詳しくないのでよくわかりません。

こういうことが確立されて行けば、現在のような、芸術の市場が存在することによって芸術自体が蝕まれていくという自家中毒的な状況」から抜けられるんじゃないかと思うわけです。


『いやいや、そうウマクはいかんのだよ!キミィ』

「そうでしょうね」

でも、少しくらいは「芸術の市場」が変化するかもしれませんよ。


少なくとも、現在の「投資」や「投機」としか言いようのない「芸術市場」が、誰のために成っているのか?ということを考えれば(まぁ、「バブル経済」と同じですね)、「コレクター」の人たちにとっても、少しは「市場の変化」が必要なときなんじゃないのかなと。


そんな風に思ったわけなのです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR