FC2ブログ

「悪」とは「人間が人間であろうとしないこと」



私はいつも「本質を得たもの」は美しく、「本質を外したもの」は醜いと思っているんですが、「人間」の場合、その「本質を外したもの」とは、醜いだけではなく「悪いもの」でもあるんじゃないかと思うわけです。

つまり、「人間にとっての悪」とは「人間らしからぬことをすること」なんじゃないかということですね。

 ※ここで言う「悪」は、「究極的な意味での悪」ではなく、「単なる悪いモノ」です。
  それ以上の意味で「悪」を規定することはできないと思いますし、それ以上の
  意味で規定できるものなど何も無いと思います。

まぁ、ここまではいいとして、でも、私は「人間はまだ人間未満なんじゃないか?」とも思っているわけなんですねぇ。

 ※ここ言う「人間未満」とは、人間以下のダメな人も居るというような意味ではなく、
  「人間」と言うモノ自体が、まだ自分で設定した「人間というレベル」に追いつけて
  いないんじゃないか?というような意味です。
  つまり、まだ今のところ、すべての人が「人間未満」で、「人間と言えるほど立派な
  人間」には成っていないと私は思うわけですね。
  さらに言えば、おそらく今後も成れないだろうということでもあります。

そうなると、「人間らしいこと」が「人間の本質」とも言えなく成って来ます。

「人間に達している人間」にとって、「人間らしいこと」は「本質」でしょうが、「人間未満の人間」にとっては、「人間らしいこと未満」こそが「本質」に成るわけで、「人間らしいことをすること」は、むしろ「本質から少しズレたこと」になってしまうというわけです。


まぁ、要するに「背伸びしてる」ということに成ってしまうわけですね。

そういうのは、一種の「見栄」でしょうから、「やや醜いこと」に入ってしまうだろうということです。


と言っても、そういうことを言っているとキリが無いので、どこかで折り合いをつけていこうと思うわけです。

そこで、「人間であろうとすること」が、現在の「人間未満の人間」にとって、最も「人間らしいこと」に当たるんじゃないか?と考えてみたわけです。


つまり、「人間であろうとすること」が「現在の人間にとっての自己ベスト」であり、「最も美しい在り方」でもあるということですね。

当然、「人間であろうとしないこと」の方は「現在の人間にとっての醜いこと」でもあり、「悪」でもあるということに成るわけです。


まぁ、そういうわけで『早く人間に成りたーい』
(『妖怪人間ベム』より)

そんな風に思いました。


 ※『妖怪人間ベム』は昔のアニメです。
  妖怪なんですが、いつも人間に成ろうとしてけなげに頑張っている妖怪人間の物語
  です。(イメージ違うの?)
  でも、現実の世の中には「人間未満」なだけじゃなくて、「妖怪人間未満」の人もよく
  いますよね。
  要するに、そう言う人が、「人間であろうとしない人」なんじゃないかと思います。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.