FC2ブログ

「AI」は「AI」を生み出すことが出来るか?「AI」は「突然変異」を起こすことが出来るか?また、「人間」はそれらを先回りすることが出来るか?



最近では、「AI」と呼ばれている「人工知能」が、人間の「トップクラスの棋士」や「チェスの名人」などに勝てるように成って来たらしいですね。


それは「人間様」のプライドを打ち砕く事実なのかも知れませんが、実を言えば、「将棋」でも「囲碁」でも「チェス」でも、「AI」が勝利することは、ある意味では当たり前だと思うわけです。


そういう複雑で、智的なゲームにおいては、曖昧な判断や一種の機転なども要求されるわけですから、その手のゲームは「人間」が最も得意とする分野なわけで、だからこそ、そこで負けるとショックなんでしょうが、実を言えば、「AI」がそういうゲームで「人間」に勝つことは、「計算」や「情報解析」などで「AI」が「人間」を上回る能力を発揮するのと同じことで、単純に言って、『正確で速い』というだけのことだと思います。


現在の時点では、「AI」の能力は、すべて人間が「AI」に与えた情報をもとにしているわけで、要するに同じ情報をもとにして戦っているわけですから、『正確で速い』方が勝つに決まっています。


一見すると、「AI」が「曖昧な情報」を処理出来るように成ったことや、それどころか「AI」が「曖昧な思考」をするように成ったことで勝っているようにすら見えますが、その「曖昧な情報」のもとである「曖昧な思考」は、すべて「人間の思考」なわけで、実際に差がついているのは『正確で速い』の部分だと思いますよ。

前までは、「AI」はあまりにも「曖昧」が苦手だったために「曖昧」が出て来るたびに思考停止していたので、『正確で速い』が生かされなかったということでしょう。

それが、ある程度「曖昧さ」を処理できるようになったので、『正確で速い』の部分の差が出てきたんだと思います。


確かに、「AI」は長足的に進歩しているとは思いますが、必ずしも、「人間」はそこでショックを受けたり、『人間を超えられて、「AI」に支配されてしまうんじゃないか?』という危惧感を持つ必要はないんじゃないでしょうか?
(だから、現状でいいということではありませんけど)


『それじゃあ、どこまでいったら危惧感を持つべきなのか?』ということです。


まず、第一の関門は、『「AI」が「AI」を生み出すことが出来るようになること』じゃないかと思います。


現時点で、『人間」が一切手を貸さない』という前提で、「AI」を生み出せる「AI」が存在するのかどうかは知りませんが、おそらく、完全に不可能とまでは言えないと思います。

きっと、「そういうAI」だって作ろうと思えば作れるんじゃないでしょうか?

 ※現時点で、一番難しいのは「手先の器用さ」みたいな超アナログな部分なんじゃ
  ないでしょうか?
  部品作りとか、組み立て作業とかを人間が一切関与しないで行えるロボットはま
  だないような気がします。
  つまり、「将棋」や「チェス」の「名人」は越えられても、「町工場職人」はまだ超え
  ていないということでしょうね。
  この部分って、「越えられそうで越えられない壁」だと思いますよ。
  何しろ、最新型の「人型ロボット」の歩き方が”あんな状態”ですからね。
  あれを見てると『こいつら、なんだかんだ言っても、マダマダだな!』って思えます
  よね。

そして、その次の関門が、『「AI」が自分で生み出した「AI」を進化させることが出来るように成ること』じゃないかと思います。
つまり、「子孫繁栄」ですね。

これには「遺伝」に当たるシステムが必要に成ると思いますから、けっこう難しいようにも思いますが、「ありえない」ではないのかも知れませんね。

でも、現時点では「AI」が生みだされてからの歴史が浅いですから、情報の集積があまりにも少なくて、「遺伝」と言えるほどの「壮大なプログラム」を創り出すことは出来ないでしょうね。たぶん。

 ※この部分でも「人間の情報」を使ってしまうと、「AIの進化」ではなくて
  「人間の進化」の後追いになってしまいますから。

おそらく、人間や動物は「遺伝」というプログラムを維持するために、「数億年」とかもっと長い年月の情報の集積を使っていると思いますからね。


そして、最後の関門が、『「AI」が「突然変異」を起こすことが出来るように成ること』なんじゃないかと思うわけです。

ここまでくると、もう想像すらできなくなりますが、取り敢えず、「当分無理」かな?っていう気だけはしますよね。


そんなわけで、今のところ「人間様の天下」は当分は安泰かなと。


とは言え、いつ「AIの突然変異」が起こるのかはわかりませんから、それを「人間」が先回りしておくことも、少しくらいは考えておいた方がイイのかなと。

つまり、『油断するな!そいつらナニしだすかわかんないぞ!』といつも思っていた方がいいのかなと。

そんな風に思いました。


 ※自分で言うのもなんですが、この世の中に、これほど役に立たない話があるなんて
  ビックリした!!




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR