FC2ブログ

「いい絵」の延長上に「名画」があるわけではない



創作をしている人っていうのは、プロでも素人でも、みんなどこかでは「名画」や「名作」を」を残したいと思っているんじゃないでしょうか?


そう思っていない人なんていないと思いますし、すべての創作者がそう思う権利があると思います。
(いや、どっちかって言うと「義務」かも?)


だから、素人や初心者が「名作」を残したいと思っても「思い上がり」だとは思いませんし、逆に『有名なゲージツカだから高い目標を持っていてエライ』とはチットモ思いませんね。

そういうことは、「みんな同じ」だと思います。


さて、そこで、『どうすれば「名画」が描けるのか?』って言うことに成るわけです。


『そんなことがわかれば、苦労しないんだよ!お前はアホか?』

まぁまぁ。

『だいたい、お前なんかに言われたって、何の説得力もないだろ!!』

いやいや、まぁまぁまぁ。


『三ヶ月で名画が描けるようになる方法』みたいな話ではありません。
そういう「方法論」ではなくて、「方向性のお話」なわけです。


『「いい絵」を描き続けていれば、「名画」が描けるモノなのか?』ということなんです。
その辺のところが違うんじゃないか?と思うわけです。


つまり、「いい絵」と「名画」は根本的に方向性が違うんじゃないかと思うんですよね。


「いい絵」とは、要するに「心地よい絵」のことだと思います。

でも、「名画」は、決して「心地よい絵」ではないような気がするわけですねぇ。


「名画」っていうのは「ナニカが強すぎるくらいに強い絵」なんだと思います。
(強いだけじゃないと思いますけど)


そういう「トンガッタ絵」=「名画」を「いい絵」と呼んでいる人も居るとは思いますが、でも、「自分で描くこと」を考えた場合どうでしょうか?

他人の絵を見るときは『「いい絵」っていうのは「トンガッタ絵」なんだよ』と思っていても、いざ、自分で描くという時は、「いい絵」=「ブナン」に成っていることってないでしょうか?


つまり、最初の話に戻るんですけど、自分が「名画を目指す」なんて「思い上がり」なんじゃないか?と思ってしまうことがあるわけです。

『そんなこと、まったく思いもしない』と言う人が「芸術」に向いているということは、ぜんぜんないはずなんですけどね。
そういう人は「やや謙虚じゃない」と言うだけですから。


でも、そうなっている所もあるんじゃないでしょうか?
それで、「やや謙虚な人たち」はどうしても「ブナン」になってしまうわけですねぇ。

実際に描けるかどうかは別として、「名画」にチョットでも近づきたいと思うなら、どこかで「いい絵」を切り捨てていかないとならなくなるように思います。


つまり、『「いい絵」の延長上に「名画」はないんだ!』といつも意識していないと、「名画」に近づくことすらできないということですね。

はじめから向いている方向が違うわけですから、どんどん離れていってしまう可能性だってあるわけです。


かなり昔までは、「いい絵」と「名画」の方向はほぼ同じ方向だったんだと思います。

でも、現在は「いい絵であること」が「名画であること」とは、かなり違って来てしまっているわけです。
つまり、「芸術の意味」が)変わってしまったわけですね。
(「20世紀以前の芸術」と「20世紀以降の芸術」は違うジャンルだと思います)


絵を見て、『この絵「いい絵」ですよね』と言っている時、かなり多くの人の頭の中で、その絵が「名画ではない絵」に分類されてしまっていると思います。

「名画」を見た人は『この絵「いい絵」ですよね』とは言わないことが多いんじゃないでしょうか?


つまり、「鑑賞者」も「いい絵」と「名画」が別物だとどこかでは気づいているんだと思いますよ。


そういうわけで、

『「いい絵」は捨てて、どうせやるなら「名画」を目指そう!』

『人にバカにされたって、どうってことないじゃないか!!』

『その出来上がった線、ハミ出そうよ!そのヘンな形、残そうよ!!』

まぁ、自分に言ってるんですけどね。


そんな風に思っているわけです。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR