FC2ブログ

「芸術の役割」が終わりかけて・・・・



これは、正直言って言葉にしたくないことなんですけれど、「芸術」というジャンルは、徐々にその「本来の役割」を終わろうとしているのではないのでしょうか?

もちろん、今すぐに無くなってしまうとか、完全に消えてしまうとかということではないのでしょうが、緩慢にではあっても、本質的な意味での「芸術の役割」が消えて行こうとしているという考えが・・・・・そんな考えが、私の中にはあるのです。

このブログで言っていることと矛盾している部分もあるんですが、現在の「芸術」の曖昧さや希薄さを見るにつけ、『「芸術」はもう必要とされていないのではないのか?』と言う考えが頭から離れないわけです。


20世紀において「芸術」の持つ意味が、大きく変容したことは当然であったのだと思うのです。

社会や、その時代の人の意識を反映することは、本質的な「芸術の役割」なわけですから、それに合わせた変容というのは、当然のことだと思うわけです。

でも、現在の「芸術」の「この状態」というのは、それに当てはまっているのだろうか?
本質を追究しての変容と、本質を見失っての変容は、まったく違うものだと言わざるを得ません。
もし仮に、「芸術の現状」が後者に当たるものだとするのならば、常に「芸術」の本流に「本質を見失った芸術」が居座った状態を、延々と続けてきたということが、もう、すでに歴史上の事実にまでなってしまっているのだとするのならば、これはもう、「芸術」というものが「本質無きもの」となってしまったということなのではないのか?

言い換えれば、「物の本質を問いただし、その根源的な意味を追求する」という「芸術」本来の役割や意味は、もはや失われてしまっているのではないのか?

もちろん、例外はあるでしょう、「本質を問い続けている者」は居るに違いないのです。
にもかかわらず、「本質無きもの」が常に本流にあり続けることができてしまったとするのならば、それは、もうすでに「芸術」が本来の「芸術」である意味を失って、その他大勢の中の「芸術」、たまたまその名で呼ばれているというような「芸術」に成ってしまっているとは言えないのだろうか?

そして何よりも、その状態を「現在」が受け入れてしまっているということに成るのではないのだろうか?

つまり、「現在」によって公認されている「芸術」とは、「本質無き芸術」の方で、「本質を追究する芸術」の方は、むしろ「非公認芸術」であって、それは、とてもゆっくりではあるけれど、消えてゆこうとしているようにも思えるわけなのです。


それでもなお、私がこのブログで何かをしようとしているのは、何かが終わるには、それなりの「終わり」がなければいけないと考えるからでもあるわけなのです。

そして、その「終わり」は何かしらの「始まり」をもたらすとも考えるわけです。

ただ、これは、あくまで希望的な観測ではありますが、やはり「芸術」に生き延びてほしいという気持ちは捨てることができないというのも、そのもう一方の理由ではあります。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR