FC2ブログ

「コンセプチュアル・アート」に飽きてしまった人はどうすればいいんでしょうか?



前の記事からのつながりで、「コンセプチュアル・アート」についての記事です。

私といたしましては、「コンセプチュアル・アート」を「芸術の中心」からやや離れた位置にピン止めしますということなわけですが、さて、私のように「コンセプチュアル・アートに飽きてしまった人」は、どうすればいいんでしょうか?

 ※よく考えたら、はじめからそんなに好きじゃなかったんですが、とにかく、そう言う
  「飽きちゃった人」もそれなりに居ると思うんですけど、なんで、誰も公にはそうい
  うことを言わないんでしょう?不思議ですねぇ。
  実は専門家の中にもけっこう居たりするんじゃないんですか?

「テレビ離れ」と同じように「芸術離れ」すればいいんでしょうか?
それとも、「現代美術」は諦めて、「チョット昔の美術」を見続けていればいいんでしょうか?
または、『えーい、もうオモシロければいいわ!』と言って、飽きていようがいまいがかまわず「コンセプチュアルの世界」に埋没していけばいいんでしょうか?
どうしても、どれもいいとは思えませんねぇ。

やっぱり、なんとしても「現在形」でありたいわけですし、「芸術」でもありたいわけです。
でも、「コンセプト」には飽きてしまったわけです。
そうなれば、「創り出す」か「見つけ出す」しかないと思うわけなのです。

「創作者」に位置する人は自分で「創り出す」ことに成るわけですし、「鑑賞者」の側に位置する人は自分で「見つけ出す」ことに成るわけです。

そこで、「ナニ」を創り出して、「ナニ」を見つけ出せばいいんだろうか?ということです。

いま、最も足りないものとは「ナニ」なのか?
今、最も「芸術」であり「現代」であり「コンセプチュアル」じゃないものとは、いったい「ナニ」なのか?

それは「普通のモノ」だと思います。

「芸術の20世紀」以来ずっと追い求めてきたもの、それが「普通じゃないモノ」ですから、そして、その結果として「コンセプト」に行き着き、さらに、その「コンセプト」に飽きてしまっているわけですから、やっぱり「普通のモノ」が、「今一番足りないモノ」なんじゃないかと思いますよ。

でも、「普通のモノ」と言ってしまうと、どこにでもあるという風に聞こえるかもしれませんが、実を言うと、今一番”ナイ”のが「普通のモノ」なんですねぇ。
そして、「普通」であり「現代」であり「芸術」でもあるとなると、かなり難しく成るわけです。

 ※「普通」というと、「一般的であること」のように聞こえてしまいますが、
  実は「普通」と「一般的」は、違う場合もあるということです。
  「普通」のモノ」は、「時代的に普遍的なモノ」ではありますが、必ずしも
  「数的な普遍性」を持っているとは限りません。
  逆に「一般的なモノ」は、「時代的な普遍性」を持っているとは限りませ
  んが、「数的な普遍性」は必ず持っています。
  現在に限って言えば、「一般的なモノ」が「時代的な普遍性」を備えて
  いることの方がまれなことだと言ってもいいと思いますし、「普通のモノ」
  が、「数的な普遍性」を持っていることは、ほとんどないと言っていいと
  思います。

  つまり、「普通のモノ」は、「少数派」であり、「一般的なモノ」は「今だけの
  流行」であるということですね。

でも、それが「今創り出したいモノ」なんだと思うわけですね。

ただ、残念ながら、どうすればできるのかがわかりません。
どこにあるのかもわかりません。
なにをすればいいのかもわかりません。

まぁ、その「何をすればいいのか?」を創り出さないとならなく成ってしまっているわけですから。

『ヤミクモ?』または、『テキトー?』
『いやいや、そんなんじゃないんだ!極めて堅実にアテズッポなだけだから』

ただ一つ、わかっていることと言えば、いま最も一般的で、いま最もたくさんあって、いま最も余っていて、いま最も飽きられているのが「普通”じゃない”モノ」だということですね。

というわけで、極めて堅実にコツコツと「アテズッポウ」をやって行けば、きっといつかは「普通のモノ」に出くわす時が来るに違いないと。


そんな風に思っているわけです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR