FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その10)



「長い題」=詩のような題(その10)です。

いやぁ、マズイですねぇ。
ドンドン長く成ってます。
こんな「題」に見合う「絵」ってあるんだろうか?っていう疑問はあるんですが、いちおう、この「長い題」も作品の一部ということに成っております。

そんな感じで、「長い題」=詩のような題(その10)です。

『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アスファルトで おおわれた 

ちきゅうという はいいろの ほしが あるという


かつては あおと みどりの ひかりに つつまれていた その ほしには 

けんりょくは うばいあい

せきにんは おしつけあい

それでいて じょうひんぶった ちしきや

みえと じふしんだけで つくりあげた かんせいを

みせあって あそぶという とぼけた しゅうせいがある 

にんげんという いきものが いたという


その にんげんという いきものは

みずからが たんなる りゅうつうしゅだんとして うみだした

かねという もうそうに 

とらわれ しはいされ ほんろうされ

さいごには はかいされてしまった


しかし あらたな しゅうせいを みにつけたものだけが いきのこり

あたらしい いきものとして うまれかわった


その あたらしい いきものは 

いまも はいいろの ちきゅうに すんでいるが

いまでも ちきゅうが あおいひかりに つつまれていると

しゅちょうしている


かれらは いまだに かねを すうはいし

それに ぜつだいな ちからが あると しんじているが

それを ぶんめいと よぶことによって

そこに むじゅんは なくなるものと かんがえている


かれらは ありとあらゆることの なまえを よびかえることによって

じぶんたちが うみだした むじゅんを
 
すべて わすれさることに せいこうした


かれらは かんせいされた せいかつを てにいれ

もはや なにひとつ こまることは なくなった


つまり かれらが みにつけた あらたな しゅうせいとは

すりかえに ほかならない


あらゆることにおいて ほんしつを ついきゅうせずに

ぶなんで ここちよいものに すりかえて 

つじつまだけを あわせる


しんじがたいことだが 

かれらは このしゅうせいを みにつけたことによって いきのこり
 
いまや かつてないほど はんえいしているという


さて ところで

この あたらしい いきものたち こそが

いま ここにいる われわれであるとする ぞくせつが ある


もちろん おおやけに みとめられた せつでは なく

まったく こんきょの ない うわさで あって

すくいようもないほど こっけいな めいしんでは あるのだが


『その めいしんの なかに ねむっている 

しんじつのとびらを いま ぼくのなかで ひらこう』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しんぴんの ふくを きて

しんぴんの くつを はき

しんぴんの いえを でる


しんぴんの くるまに のって

しんぴんの みちを はしり

しんぴんの ビルの なかで

しんぴんの しごとを する


しんぴんの きゅうりょうを もらい

しんぴんの みせで

しんぴんの しょうひんを

しんぴんの ふうとうから だした

しんぴんの かねで かう


そんな まあたらしくて ピカピカの

しんぴんの まちの くらしには

ちり ひとつ おちていない

どろの ついた ところは どこにもない


だから じつに かいてきだ


そんな まばゆい しんぴんの せいかつの なかで 

だれかが といただした


きみは どろの においが なつかしくないのか

その ちのけのない ビニールのような しょくひんは うまいのか

きずだらけの はしらがある いえに また すみたいとは おもわないのか

あの きふるして しなしなになった ふくの はだざわりを

いったい きみは わすれてしまえると いうのか


そこで また べつの だれかが つづけた


ところで その しんぴんの みなりをした きみの なかみは どうなんだ

にんげんは いつまで しんぴんで いられるのか

そもそも しんぴんの にんげんなど いるのか

また いたとして それに いみが あるのか


この といかけによって

ひとの こころの なかの しんぴんの せかいが ほうかいした

ゆめの くらしは うしなわれ 

ふるびた げんじつが あらわれた


でも それなのに 

この しんぴんの まちは いまも ここにある

いちど うごきだしたものが やすやすと とまることは ない

だれかの といかけぐらいでは とまらない

つまりは だせいで つづいていく


『にんげんは もう げんじつを うけいれる じゅんびが できているというのに』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よのなかは きかいじかけで うごいている

はぐるまは せいかくに ときをきざみ

すべての ぶひんは かんぺきに せいぎょされている


こわれた ぶひんは はずされて

すぐに あたらしい ぶひんに とりかえられる

しんぴんの ぶひんは いくらでも ある

だから だれも こまりはしない

だったら それは それで いいんだろう


さて そこで こわれた ぶひんは どうしよう

つぎから つぎへと はずされて 

ずいぶん たくさん たまってる

まがった ぶひんが たまってる


だったら なにか つくってみよう

まがった ぶひんを つかってみよう


もしかして おかしなものが できるかも

もしかして へんなものが できるかも


いや きっと たのしいものが できるだろう

そう きっと やわらかいものが できるだろう

だって まがった ぶひんで つくるのだから

やわらかいものが できるはず


その やわらかい ぶひんに つつまれて

きかいじかけの よのなかが すこしづつ うごきだす 

『やわらかく うごきだす』


そうしたら いつのまにか 

せいかくさは わすれられ

かんぺきさなど かげもない


でも それなのに

やっぱり だれも こまりはしない

だったら これも これで いいんだろう


これも これで たのしいならば

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

きっと きみは さみしいんだね

だから こんなに かがやいている せかいのなかで 

ひとり ぽつんと かなしそうに しているんだね


それとも もしかして 

ほんとは とっても うれしいのかい

だから こんな とじこめられた ばしょで

ひとり かがやきを ふりまき つづけているのかい


それとも・・・


いいえ

わたしが ここに いるのは さみしいとか うれしいとか

そういうことでは ありません


ただ わたしは

どうしようもなく なやましくて

たえられないほど もどかしくて 

それで わたしの からだじゅうを

ぜつぼうてきな よろこびが くるおしく めぐっていて

だから わたしは 

ただ こころを しずめるために 

『ここに ひとりで さいているのです』


でも わたしのことを きにかけてくれて うれしい


ここに かくれて さいている わたしに

きづいてくれる ひとが いるなんて


わたしは そのことが ほんとに とっても うれしい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ほんせいに めざめよ』


いま ばんぶつに よびかけよう

おのれの おくに うめこまれた 

ほんしつを ほりだし みきわめよ


みずからの しんじつの すがたを みつめて 

それを はんだんせずに うけいれよ


みにくいとは はんだんせずに

なぜなら うつくしいのだから

はずかしいとは はんだんせずに

つまりは ほこるべきものなのだから


いっさいの はんだんを しりぞけて それが うけいれられたとき  

ほんせいは ねむりから めざめる


このよに ひときわの かがやきを はなって

しんじつの すがたを あらわし

それは せかいに あらためて しゅつげんする


その あまりにも まばゆい すがたを みつめることは

だれにも できない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『長すぎ!!』



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※上の画像は習作として描いた絵に洋金箔を貼ったものです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ現在ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR