FC2ブログ

「似た形」よりも「似た性質」



「抽象画」を描く時や見る時に、『ナニに似ているか?』ということを考えてしまうことがありますよね。

このことについて、『抽象画がわかっていない人はそういう捉え方をしてしまうモノなんだよ』と言うことがよくありますが、本当は「抽象画がワカッテイル人」なんて居ないと思います(本当を言えば作者にもわかっていないと思いますよ)し、そういう見方をするのはむしろ自然なことだと思うわけです。

 ※「抽象」は「人間にはわからないモノ」を表現するための手段だと思います。
  もしも、それがハッキリわかっているのであれば、それは「具象」ということに
  成るんじゃないでしょうか?

『しかし!』です。
あえて、そこで言わしていただきますと、「抽象画」を見る時に、『ナニに似ているか?』という見方をするということは、『抽象の中に具象を見つけようとする』ということに成ってしまうわけで、それだと、「抽象である意味」がほとんどなくなってしまいます。
創作者が苦心して「抽象画」にした意味もなくなってしまいますし、鑑賞者がせっかく「抽象画」に触れた意味もなくなってしまいます。

「見たことがないモノ」を見たときに、『これはナニなのか?』と思うのは当然だと思います。
そして、『ナニカに似ていないだろうか?』と探してしまうのも自然なことでしょう。

そこまではいいとして、その次に、もしも「そのナニカ」を特定できなかった場合に、つまり『これはいったいナニ?』という疑問が自分の中に残った場合ですね(この疑問は残る場合が多いと思います)、そういう場合には、「似た形」ではなく「似た性質」を見つけてみてはいかがでしょうか?と思うわけなのです。

「モノ」には必ず「性質」があります。
それはどちらかと言うと「外見的な形」よりも「本質」に近いと思います。
それで、「抽象表現」においては「形」よりも「性質」(もっと言えば「普遍的な性質」ですね)を重視する傾向があるわけです。

ということは「性質を鑑賞すること」が「抽象画を鑑賞すること」であると言ってもいいわけですね。
つまり、「その絵の中に表現されている性質」が伝われば創作者としては満足できるわけだし、そういうものが受け取れれば鑑賞者にとっても「その絵に触れた意味」があると思うわけです。

 ※鑑賞者が「性質」を意識して鑑賞した場合でも、創作者の意図と違うモノが伝
  わってしまうことはあるわけですが、そういう時も残念ではありますが、そういう
  場合は諦めがつけやすいということですね。


『性質を鑑賞する』と言うと難しく聞こえてしまうでしょうが、元をたどれば単純で「硬い・柔らかい」とか「強い・弱い」とか「嬉しい・悲しい」とかと言った「性質」を鑑賞すればいいだけです。
というよりも、ほとんどの人が、絵を見る時には、そういう「性質」を鑑賞しているはずです。

それが「抽象画」を見るときに限って出来なくなってしまうということですね。

要するに「抽象画」には、「ルール」が無いんですね。
だから、「ルールに従って見る」ということが出来ません。
それで、どうしても戸惑いが出て来るというわけですね。

そんな中で『性質を鑑賞する』ということを意識することで「芸術の見方」にトッカカリが出来れば、見た人にとってトクなことはあってもソンなことはないんじゃないかと思うわけです。
まぁ、「ルール」が無いなら、せめて「ヒント」ぐらいあってもいいんじゃないかということですね。

と言ったことから、「似た形」よりも「似た性質」を探してみてはいかがでしょうか?ということを言ってみたわけです。


もちろん、「形」を鑑賞するという見方もあっていいと思いますし、むしろ「形」を鑑賞の対象から外すのは無理があるような気がします。
当然、「色」を鑑賞するという見方もあっていいでしょう。

でも、それと同じように「形ではないナニカ」を鑑賞するという見方もあってもいいと思いますし、また、「ナニでもないナニカ」を鑑賞するという、そんな見方もあっていいんじゃないのかなと。

絵の見方が、たくさんあっても、困ることなんてないんじゃないのかなと。


そんな風に思ったわけなのです。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR